探しています

= くー☆さん =

20年4月22日、10年一緒にいたライオンウサギがお月様に帰っていきました。半年に及ぶ闘病の末でした。
この仔とは、宜野湾にある沖縄ペットワールドというところで逢いました。ダンボールに兄弟や他の仔ウサたちと入っており、触ろうとすると他の仔の下へ下へと潜ろうとするビビリな仔でした。真っ黒で、トトロに出てくる真っ黒くろすけのような手のひらに納まる小さく可愛い仔でした。

探しているのは、このペットショップに当時ライオンウサギを卸していたブリーダーの方です。この仔の兄弟、親がいれば逢いたいです。
22日にこの仔がいなくなり、3年間不妊だった私が25日に妊娠したと医者に告げられました。この仔が見届けてくれたんじゃないか、と思い涙が止まりません。情報を知っている方、ご当人の方、ぜひ連絡をください。お願いします・・・。

1 Comment.

海さんより

くー☆さんへ
くー☆さん、最愛のウサギが亡くなってしまってとても悲しい思いをしていると思います。私は犬や猫でしたがやはりペットと言うよりも家族だったので亡くなった時の気持ちはよ?くわかります。

獣医さんの話(犬の事)でしたが、飼い主が人間と同じようにしたいならそうしたほうが良い。と愛犬が亡くなったばかりの人に話していました。
そうすることで自分の気持ちの整理になるし、一番の供養だから。と。
それを聞いた私はなるほど?と思いました。
亡くなるまで精一杯世話をして、亡くなってからも出来るだけの供養をした。と思えればきっと可愛がっていた動物達も喜ぶんじゃないでしょうか?
骨壷の事は良くわかりませんが、動物は土に帰るのが一番良い。と聞いた事があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。