コメント承認システム試験中!

名前の呼び方

= るんるんさん =

ゴーヤーの話で思い出したんですけど、「ちゅらさん」で国仲さん演じる「えり」のことをみんな「えりー」って呼び方してましたよね。「えーりー」じゃないの?と思ってたのは自分だけかな??

0

6 Comments.

たま子さんより

私も思ってましたよ!(家族や友人含む)
同じように「あれ?」と思ったウチナンチュ、多かったのでは。
沖縄出身の役者さんが多数出演していたのにも関わらず
誰も突っ込まなかったのか不思議なくらい、不自然な響きですよね。

0
やまちかさんより

私は中学までは「やま」又は「やまー」って呼ばれてて、高校から「やーまー」って呼ばれてました。那覇の子はあまり名前を伸ばしてよばないんじゃないかな〜伸ばして呼ぶより「〜ちゃん」を付けるほうが多いかも。あっちゃんとかえりちゃんとかね。

0
ユミコさんより

やんばるの友だちは86歳のおばーちゃんです。
泊めていただいたり、畑を手伝ったからとお小遣いをいただいたり。
沖縄へ行き始めたころは、普通のお家へお邪魔して、お茶なりと
よばれたいものだなあ、思っていましたが、お茶どころか、ご飯どころか、並んで眠るなんて夢みたいです。
ユミさん、と呼ばれるのでしたが、沖縄では親しい人ならユミコー、と尻上がりに呼ぶでしょう?憧れていました。

今年はお盆が、沖縄も、一ヶ月遅らせるだけのニーガタも一緒でしたね。お菓子を送ったら電話あり。
「あい、ユミコー、お菓子たくさんありがとうねー」やったぁ!ついにユミコーになれました。

0
びみょーさんより

アナタの周りではそういう呼び方が多かっただけかも?
私も小学校で例えば「ちかこ」は「ちーかー」って呼ぶ人が多かったけど
中学になった時、同じ町内の隣の小学校出身の「ちかこ」は「ちかー」って
呼ばれているのを聞いてマジ驚いた事ありました。
だから、コレが当たり前と思っていた事も実は同じ沖縄の中でも違うって事が
沢山あるのかもしれませんよ!

0
ユミコさんより

そっかー!
ましてワタシはニーガタ人だものね。
でも、おばーちゃんが、ご自分の娘さんはヤスコー!
マサコー!と呼んでいたので、ワタシもそう呼んでもらいたかったの。
ニーガタ県も細長く、北部と南部ではあれ!と思うほど方言もアクセントも言い回しも違います。もちろんその中間も。
だからどこが当たり前、なんて思っていません。

0
ユミコさんより

それからねー、わたし71歳ですが、まだ、沖縄に住みたい気持ち、
諦めていません。
空き家があって、いつ来て、いくつ泊まってもいいよーと言ってくれる友だちもあります。
トートーメーがあるから、拝みのあるときだけ空けてくれればいい、って。
泊まってる間はお水と線香上げてくれればいい、って。
私その家のアタイにチリビラの苗を植えて来ました。
行かない理由ですか、約一名不賛同。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。