どうして・・・

= popoiさん =

米軍関係のニュースが目立つ沖縄地元紙ですが、県内の事件には疎い気がします。
こんな事件があったの知っていますか?

中3教え子に淫行容疑、沖縄の女性教諭を逮捕

自分が覚えているかぎり、琉球新報もタイムスも報じていなかったと思います。
米軍がらみの事件も重要だけど、地元で起こった事件も重要だと思います。
沖縄県内紙は、特に学校関係の事件には「蓋」をしているような・・・。

随分昔の事になりますが、女子中学生が岬で飛び降り亡くなった事がありました。

県内紙に出ていないから何も起きていないと思ってしまうのは良くないと思います。
身近な問題(今回なら学校関係ですが)から目を逸らせてしまう危険があるんじゃないかな、と思います。

10 Comments.

どんだけぇ?さんより

沖縄県内の事件・事故は毎日たくさんあります。
自殺も毎日のようにあります。
教師と生徒が関係をもった事件があったようですが逮捕された事実はあったとしてもその内情まではわかりませんし起訴されるのもわかりません。

自殺についてもひっそりと死んでいった人のことをマスコミが報道するのも別の意味で問題があるように思います。
(自殺報道については最近の硫化水素の問題などやり方については報道しないほうがいいと思います)
自殺がおこる社会的背景についてや事件性のあるものについては報道すべきですが・・・。

人の死に対して興味を持っている人は沢山いると思いますがマスコミは総合的に判断して記事にするかしないかを検討しているのではないでしょうか?
事件の裏まで取材しなければそれはただ単にうわさ話にすぎません。

えーあんべーさんより

沖縄の地元紙、ほんとに偏ってますね。おじー・おばーの情報源がこの地元2誌だけだから、沖縄の社会はどんどん偏ってしまうのです。地元紙社員は報道人として、事実を隠すことなく、公平に報道して欲しいものです。上の人は「マスコミは総合的に判断して記事にするかしないかを検討しているのではないでしょうか」と言ってますが、その判断基準が明らかに偏りすぎています。おそらく全国誌を目にする機会がないのでは。

身内の恥じを隠せば隠すほど、真実から遠のいて行くことにもっと危機感を持ちましょう。

tommyさんより

マスコミに対する考え方もいろいろあるようです。偏ってると捉える方もいらっしゃいますし、独自性があってジャーナリスト魂がある、と受け止める方もいらっしゃるようです。
これだけ情報が溢れている社会ですから、いろんな方面から情報を収集して世の中の出来事を自分なりに解釈できる力を養いたいですね。

kanaさんより

>中3教え子に淫行容疑、沖縄の女性教諭を逮捕

4月1日ごろの新聞に載ってましたよ。
逮捕された教師の名前は載っていませんでしたけど。
きちんと確認したうえで書いたほうがいいですよ。

cocoさんより

kanaさんの仰るとおり、
確かに、地元新聞には載っていたようです。
しかし、記事の扱いはとても小さかったようです。
(すみません、実際記事は確認していません。)

米軍の性的暴行事件は大きく取り上げ怒りの記事を掲載しますが、
同じ性的暴行事件でも、教員→生徒の、女→男の事件では
こんなにも記事として扱いが違うのもどうか…と思います。

身内以外(米軍や本土)からの身内に対する仕打ちは
基本的に大きな見出しで、県民の怒りを代弁していますね。
沖縄のマスコミは総合的に事件を見て判断している、というよりも
県民の目線で、事件を見ている気がします。
だから、身内擁護の内容に偏ってしまうのではないでしょうか。
公正が求められるメディアだからこそ、客観的な広い視野を持って沖縄の事件と向き合ってほしいと思います。

そういった意味で、popoiさんとえーあんべーさんに同意見です。

えーあんべーさんより

cocoさん、いわゆる県民の目線で事件を伝える新聞は、沖縄には絶対に必要だと思います。ただ、私が問題だと思うのは、たった二つしかない地元紙が、両方とも同じ目線で物事を伝えているということです。

共産主義国でない限り、新聞というのは、一方が右側から、もう一方が左側からみたことを伝えてます。それで読者は自分の意見を客観視できたり、他人と議論できるのですが、沖縄の場合、新報もタイムスも同じ方向からしか見てないですよね。新報とタイムスの主義主張の根本的な違いってありますか? 

この地元ニ誌が常に同じ目線で記事を掲載していると、県民は、いつまでたっても自分たちの内面の問題について議論できないし、成長できないと思います。

ベルジャネーゾさんより

たしかに内地のマスコミでは基地関係の事はあまり報道されませんね(県内マスコミと比較すると)。

ただ、これは県内マスコミの視点が偏っているうんぬんという問題ではなく、単に基地という「問題」が地域に根ざしているかどうかの問題です。

内地のマスコミにとっては辺境の地での犯罪のニュースなんて特別に取り上げるメリットはないし、大多数の読者からのニーズも大きくないので、県内紙では大きく取り上げるようなニュースでも取り上げないことがあります。

そのため相対的に、それ以外のニュース(今回の例でいうと学校の事など)が多くなります。

それだけの問題です。

内地から来た方の中には「県内マスコミの事を偏っている」と言う方もいますが、それは問題が生活に根ざしているかどうかの違いです(内地で目にしていたマスコミに比べ、米軍関係のニュースの比率が高いのでそう思ってしまうんでしょうね)。

それから県内紙の主義主張の違い、という事を「右」「左」という観点から知りたいようですが、内地の新聞(朝日、読売などの一般的な新聞)であっても今は右、左とはっきり言える程の明確な主義主張の違いはないはずです(もし「ある」と思われるなら具体的な事例を挙げてください)。

まぁ、個人的には基地関係の問題では感情的になる方が多いとは思いますが、それは別にマスコミの問題ではないと思います。

Taroさんより

マスコミが「報道」を語るなら、まず真実だけを正確に伝えて欲しい。メディアは感情を入れて個人の目線で語るべきではないと思います。
昔のニュース番組は、キャスターが個人の感情を含ませ情報を歪ませないようにニュースを伝えていたけど、最近は新聞もニュースも感情が入りすぎて情報を正確に伝えるより、いかに自分の意見を含めて人に伝えるかに変わってしまっていると思います。

えーあんべーさんより

ベルジャネーゾさんに、全国紙についてお答えします。
私の目線からは、「朝日」は左寄り、「読売」はどちらかと言うと右寄り、「産経」はとても右寄り、「毎日」は少し左寄りかなと思います。日経は経済誌なのでどっち着かずでしょう。

社説を読めば、各誌それぞれ主義主張が違うのは明らかです。
今では各社説を比べるサイトまであります。
http://allatanys.jp/index.html

さーまりおんさんより

私は、本土の某有名メーカーで7年ほど勤めていました。
周りの同僚(全国各地から来てました)と普段の会話で感じたことですが、新聞を見るとき、どういった視線でかかれているかを意識して読んでいる方が多いなと感じました。
そうした中、一度、沖縄の新聞は偏りすぎていると指摘されました。
これまで、どういった思想の人が書いた文章を読んでいるのかということまで意識してない(意識が低い)ということに気がつき、目が覚めた気がしました。

ここからこじつけですが、レストラン、ラーメンなどの食に関した情報については、食材の産地やシェフの経緯、それを評価する人(読者の感想…いって良かったなどの感想)がどんなひとなのかを意識して接しているかと思います。(だからラーメンでも出す店で千差万別ですよね?)
同じように、ニュースもニュースの情報源(産地)や記者、出版社(シェフの経緯)の性格、それをどう受け止めている人がいるか(読者からの投稿や例えばこのコーナー)をもっと意識したほうがよいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。