荒らし対策でコメントは承認後に掲載されます

教員採用試験!

= う?さあ?さん =

大分の教員採用試験の問題で各県の採用方法を見て疑問に思ってしまった事があります。
金銭の授受や圧力で合否が判断されるのは勿論論外ですが、試験の点数や短時間の面接だけで合否が決めるのはかなり危ういぜ!!と思います。

娘の学校の先生をみても、教員としての資質というか性格的に向いてないのでは?と思う人が何人かいます。愛情をもって頑張っている先生にあたると超ラッキー!子供たちも楽しそうですが、何の想いも感じなくてただ自分本位に教えている人(本人的には忙しくて大変でしょうが・・・)にあたると一年間ひたすら我慢です。一クラス40人近くの子供に影響を与える先生は、その資質や人柄を重視して選んでほしい・・・心から思います。

どんな世界にも変な人は必ずいます。でもせめて沖縄の教員採用試験は、子供たちに関わる実績や経験、いい先生よ?という推薦などプラスアルファをもっと重視して欲しいなぁと真剣に思ってしまった今日この頃でした(^^)/

0

9 Comments.

わらしべ長者さんより

 「試験の点数や短時間の面接だけで合否が決めるのはかなり危ういぜ!!と思います」。その通りなんですが、何千名を超える受験者がいて、時間も限られている中で選ばなくてはいけないことなので、仕方ないことでもあるようです。外に方法があれば教えてあげたいのですが、私も思い付きません。
 「先生は、その資質や人柄を重視して選んでほしい」。これもその通り。でも人って豹変するんです。バイトの時は、親や子どもたち、同僚の先生方からもとても評判が良かったのに、正式採用されると、権利義務を主張して、働かない。そういう人たちは知っているんです。「採用されるまでは何年でも猫を被っていれば良いんだ。正式採用後は公務員は辞めさせられないから好き勝手できる」と。そんな人を見抜くって難しいと思いません。

0
ウォーターリリーさんより

試験採用期間があればいいのにね。臨時雇用とは別に、試験に合格したのちに採用されてから何年か経過を見る。その結果、本採用されるとか・・・さ。
もしくは、試験の更新ですよ。それしかないっ!

0
きらさんより

教員免許の更新が一番効果的じゃないかなぁと個人的に思います。どう見ても教師に向いていないのに公務員だから解雇できないって制度にも「???」ですよね。

0
自己責任さんより

 人が人を判断するという事は難しい事だと思います。
 見る立場を変えれば正義も悪になる。
 その事を踏まえて、絶えず良かれと思う方法や仕組みに変化させる事しかないように思います。
 教員採用試験などは、その試験内容や採点方法、採点者や試験問題の作成者など・・・・。すべて、その内容に応じて時間軸で公開すべきと考えます。  だって、それらの事はみな税金で行われている事だからです。

0
たろうさんより

私も免許の更新が効果的だと思います。

でも人は常にいい状態が続くわけでもないし。悪い状態のときは本人自身もよくわかってるんじゃないかなあ、と思ったりもします。
辞めるのは簡単で、けれど社会の中ではやむを得ない状況というのも少なからずあるもの。100%を全ての人にわからせるのも難しいこと。非難するのはもっと簡単。教員だけじゃなく、叩かれる職業は多いですね。心を強くもって初心を忘れないでほしいです。頑張ってる教員たちにエールをおくります。

0
ゆんたく先生さんより

私は、現役の教員です。
まじめで、熱い先生ほど仕事量が増え、心がつぶされていく
現状を見ています。土日もなく、平日だって、夜中まで
働く先生も多くいます。その中で、やる気のない先生を見ると
腹が立ちます。大切なお子さんを預かっているのに!
子供達の人生に大きく関わっているのに!って悔しくなります。免許更新の話ですが、熱血な先生ほど更新に向けての
勉強が出来ないのではないかと心配もあります。
なるべく、生徒と向き合うということを優先するあまり
自分の仕事は夜中か、持ち帰って家で行う状態です。
更に、更新に向けての講義を自腹で受けて、試験勉強をして
本来は、充実した授業をして、生徒一人ひとりに目を向けないといけないはずなのに。時間がもったいないような気にもなってしまうのです。理想を持って、がんばる先生ほど心が壊れてしまいそうです。

0
ハンコックさんより

そうですね。「免許」というからには更新が必要かも・・・。
優秀な先生にはゴールド教員免許とかあったりしてw

0
ツルさんより

学校によって違うと思うのですが、小学校の1クラスの人数ってどの位なんでしょうか?(他校がよくわかりません) 
25〜40名?
こんなたくさんの子供達を教育していただき、ありがとうございます。

もちろん、子供達って「あの先生は楽しかったのに〜」とか言いますね。 あまり好きじゃない先生の文句を言ったりもします。
そういう時は、我慢させるのではなく、その先生の長所探して子供に話してあげてください。授業参観の時にでも、長所探してもいいでしょうし、時間があるなら、先生とコミュニケーションとって話したり。
子供が先生の長所見つける時もあります。
今年度、私の子供は「げ〜、担任◯◯先生。つまらん」と言ってました。家庭訪問のとき、先生とコミュニケーション取る事ができたので「つまらない先生じゃないさ。先生面白いよ」って子供と先生の話しました。その後子供が、先生は太ってるのに走るのが速い!やっぱり先生面白い!いろいろ発見して今は楽しいようです。
これも、教育の一つなのでやってみてはどうでしょうか?
やる気のない先生の原因はわかりませんが(ストレスもありかな?)教員だろうが親だろうが大人がしっかりしないといけない時代ですから、協力してやっていきましょう。

0
KKさんより

 まだ、教員採用試験に受かってない者です。
 ゆんたく先生のコメントを見ましたが、同感です。
頑張ってる先生ほど、つぶれていくのが今の教育現場の現状ではないでしょうか。
 私が臨時で勤務した学校にも、とても頑張っている先生もいれば、休み時間は、パソコンでズーーっとゲームしている先生もいましたよ。

 教員の資質の向上については、国や県の教育委員会もいろいろ考えていて、コメントにもありました「教員免許更新制度」や「教員評価システム」というものがでてきました。
「教員免許更新制度」は、「教員の資質に欠ける先生を辞めさせましょう」という制度ではなく、講座を受けたら免許更新完了みたいですよ。なので、更新制度によって良い先生が増えるってわけにはいかないと思います。それどころか、日々子どもたちのために頑張っている先生にとっては、講座に時間をとられると子どもたちのための時間が減ってしまいます。なので、私は、これによって質の良い先生が増えるとは思いません。
つぎに、「教員評価システム」についてですが、先生が目標を設定して、その目標を達成できているかで評価されます。一般の先生は、普通その学校の校長先生が評価します。これも教員の資質の向上のために導入されたようですが、まあ特別に変な先生でないかぎり、校長先生は低い評価をくださないのが現状じゃないかと思います。のでこれも、時間をとられるだけで、教員の資質の向上にはつながっていないと思います。
 東京では、この評価によって、先生の給料が変わってくるときいたことがあります。これだと、頑張る先生も増えるかもしれませんね。
 あと、これも東京だったと思うのですが、評価でDだったかな?・・・まあとにかく最低ランクの評価を下された先生は、1年間研修を受けるようです。で、研修の最後に授業をして、授業がうまくいかなかったら、辞めてもらうみたいですよ。これなら、先生の質の向上につながるかもしれませんね。

 ついつい長く書いてしまいました。
 内容はだいたいで書いているので、正確ではないことも含まれているかもしれませんので、あしかず。
まあ、私がこんなこといえる立場ではないんですけどね・・・

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。