【不思議】本当に夢だったのかな?

= カータンさん =

5年前に事故でお父さんが亡くなってしまい、夢の中にたまに出てきたりして私に色んな話をしていくことがありました。
まあ只の夢として、面白いな?と思うだけで、あまり重大に考えないようにしていますが。

例えば、夢の中で人間は死んだら魚に一度生まれ変わる、食物連鎖の下層部にいて、誰かの(他の魚を含めて)糧になり、死ぬ、誰かの役に立っている、だから生まれてくるのに無駄はないとか、お父さんが何かを食事をしていて、何を食べているのか?と聞くと、これを食べているから生きていた時の記憶がなくなっていくんだと言っている夢とか、その他色々なアドバイス的なことをいってきたりします。
まあなんとなく聞き流していたりしたのですが、最近宜野湾の本屋さんで、生まれ変わりの村というのがあり、その中に、伝説のスープという項目がありました、死んでから生まれ変わった人が言うにはこれを飲んだら、生きていた時の記憶がなくなるというものです、お父さんが夢の中で言っていた事とほぼ同じ事を言っていたので、大変興味深く読みました。

私はもしかして、本当にお父さんと夢の中で話しをしていたのでは?と思ってしまいました。生まれ変わる経過のような事が書いてあったので、中々面白い本でした。本当に、夢の中で死者と話しをしたりできたら面白いな?とは思いますが、(身内に限る)でもやはり、生きているのが一番良い事だとなんとなく思ってしまいます。

0

2 Comments.

匿名Aさんより

生まれ変わりならユタも先祖供養もお墓もいらないですよね。
だって生まれ変わるのを待っていればいいわけですからね。
とても楽でいいですね。

0
アトバーハイさんより

カータンさん こんにちわ♪

私は生まれ変わり信じますよ(^^♪
カータンさんのお話は初めて聞いたのですが
多分 本当にお父様が教えてくれたのだろうと思います。

人は33回忌を終えた後生まれ変わる為に
その両親になる人を探したり・・又は与えられたりして
生まれてくるのだと私は思っています

でも 生きてる間に犯した罪をもったままでは生まれ変わることは
できないので なんとか罪を償いたいのですが
死んでしまってからでは何もできない・・・
なので 生きてる人が神様に口利きをしてもらう つまり
供養のことですね・・・ どれだけ供養してもらえるかで 亡くなった人の
点数みたいなのがきまり 1段・・1段と天界をめざして上がっていき
天界まできたら 生まれ変わりができるのだとおもっています
その為に 生きてた時に関わってた人達が亡くなった人の為に
線香あげたり 供養したりとするのだと思います。
そして その口利きが少ないと ゆっくりしか上がれないし
たくさんの人の口利きがあれば早く上がれるのだと思います

なかなか上がれない祖先がいると自分の子孫にその助けを求めようといろんな方法で伝えてくる事もあったりするのでしょう

スープとかいてありましたが それは 供養物を受取るという意味ではないのでしょうか?とも思いました・・・

それから 人は死んだときに 神のみてる前で
己がやってきたことを全部みせられる 又は己が他人に向けた憎しみや意地悪がやられた側の人間の感情も経験させられるので
それがとても苦しくつらいのだと思います

その時に反省し 天界へと向っていきたいのだがいけない
なので 生きてる人の助けをもって あがっていく
あがっていき 生まれ変われる時に改めて 己の犯した罪を償うべく
為に宿命のプログラムを作り生まれてくるのではと・・・・

プログラムの中には自分の犯した罪を 自分が受けるようにし
それを克服する あるいは我慢することで初めて
償う事となり 次次と生まれ変るたびに浄化されていき
何回か生まれ変わった後・・・・その後はまだ考えてませんが(^_^;)
どうなるんでしょうね?
魂は初めて消滅するのでしょうか????わかりませんが・・・

生まれ変る事はひとつの修行だと思っています

でも これはあくまで私の考え方なんですが
私はこう考えて 祖先供養が大事なんだよ!!っと自分に言い聞かせてるのですが(^^ゞ

ほんとはどうなのか いろんな人に聞いてみたいですね♪

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。