【ユタ】家の増築

= キャンディさん =

こんにちは。どうしてもご相談したいことがありひーでーさん、その他の皆様に読んで頂きたいと思い投稿させていただきます。
主人と子供達と主人の両親と同居をして十数年、5〜6年前から現住宅の2階部分に増築を考えておりました。数々の足止めをくらい未だかつてまだ計画すら立てられずにいます。

まず・・・
1. 一番初めにこれから計画して家を造りたいと思ったときにユタに相談に行くとその年は主人の干支の関係で作れない年と言われ断念。

2. 作れないと言われた年を過ぎて実際に設計事務所と相談も始め銀行に借り入れや住宅ローンの相談に行ったら土地自体が亡くなった祖父の名義のため名義変更をしなければローンは組めないといわれ家族親族を含めていっせいに祖父名義の土地の名義変更の手続きを行った。(すべて終わるのに1年あまりかかりました)

3.名義変更がすべて完了し改めて計画を練り直し始めたとき、あねは事件(構造計算書偽造)が発覚して後で法改正が行われ今の住宅には増築はできないと診断されました。
  (築年数も結構経っていましたがどこの設計事務所に相談に行っても断られる始末でした。)

3. それでもあきらめきれずやってみようといってくれる方を見つけて相談に行こうと思ったら祖父の土地の名義変更を行ったために跳ね上がった固定資産税の支払いができないと主人の父より話があり年間27万あまりの固定資産税を私の主人が支払わなければいけなくなりました。

これから造ろうかと思った矢先にのしかかってきた固定資産税プラスこれから造ろうとする住宅のローンのことを考えるととても行動に移せる力が湧きません。
それに数々の計画を立ててもことごとく阻止されている現状があるゆえにどうせまたできなくなるであろうという考えもよぎるばかりです。

この状況から推測して私達は今の土地には家を建てて住むことはいけないということなのでしょうか。。。

ひーでーさんにはこの状況がどうみえているのでしょうか。
またこれから私達は大きくなる子供達を抱え彼らに部屋も与えてあげることができず窮屈な生活をさせ続けなければいけないのでしょうか。
打開策等ありましたらご指導いただきたいと思います。よろしくお願いします。

3 Comments.

ホツマさんより

キャンディさん

ホツマと申します。

建物は建てても大丈夫だと思いますが?
お祖父ちゃんの想いか何かこの場所にあるように思えます。
何かを隠しているような感じもあります。
一度、仏壇のお祖父ちゃんに尋ねてみては?
何かお知らせが有ると思うのですが?

それから、建てると決めたら諦めずに要ることが非常に大事になってくるから。特にご主人が諦めかけているみたいに感じますから。
今一度ご家族できちんとした話し合いを持ったほうが良いと思います。

匿名さんより

すみません。
ユタさん情報ではないのですが・・・。

キャンディさんも書いてある通り、法改訂によって増築の範囲が10?までと決められています。
これを無視して増築する事は、違法ですよ?
我が家も、増築するつもりでしたがこの法律に引っかかりました。
建築家の方とも相談して、ギリギリの範囲まで広げてリフォームという形にするのですが・・・。
お金のためにやってくれる業者さんはいるでしょうけれど、何か問題になった場合、助けてくれないと思いますよ。
「頼まれてやっただけ」と逃げられてしまうかもしれませんし、建築確認なども下りないでしょう。
家を手に入れたい気持ちはよくわかります。
築年数もあるようですし、メンテナンスなどを考えると建て替えという事も選択肢に加えてみるのも良いかもしれません。
家を手に入れる、というのは一生にあるかないかです。
後悔しないよう、トラブルが起きないようにじっくり考えて行動してくださいね。

ひーでーさんより

干支の関係などでその年は家が作れないという事は、よくある事です。
あねは事件以来構造計算をする所が少なくなったり、許可も下りるのに時間がかかると聞いています。
その土地に家を建ててはいけないという事はないと思いますが、増築ではなく建て替えという方向に向けられているのではないかと感じています。
銀行のローンも増築だと返す期間が短くなるので、新築のほうが毎月の支払は楽だと聞いた事もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。