荒らし対策でコメントは承認後に掲載されます

【軍雇用】労務要求事務職

= 花さん =

今まで何度か応募してきましたが、今年初めてハガキが届きました。
今、昼間は仕事をしていて、仕事を休んで説明会へ行こうかどうか迷っているので質問させて下さい。

職種が労務要求事務職です。
限定期間従業員なのですが、これは臨時職員のことでしょうか?

仕事内容は調べてみると監督者の下で営繕業務における故障受付係として会計データの審査・確認・管理・報告書の準備、分析等に対する基本的な理解を要する会計補助業務を行う。
と記載があったのですが、英語でのコミュニケーションがとれることが必要そうな仕事に思えます。
私は、英検準2級しか持っておらず、まったくと言っていいほど話せません。

ネットで応募するときにも英語でのコミュニケーションは出来ないにチェックしたのですが、ハガキがきたということはそれでもいいといことなのでしょうか。

臨時の期間の、延長とかもあるのでしょうか?

0

4 Comments.

ZAさんより

限定期間は臨時職員です。どういった理由で限定なのかは分かりませんが、普通は産休の人の代わりか病欠の人の変わりに入ります。
ですから、その人達が戻れば、期間は短縮になります。

2ヶ月、4ヶ月、半年、1年というのがあります。逆に前任者が理由があって戻れない場合、4ヶ月の人が半年になったりする延長はよくありますよ。

ただ、限定は本採用につながる事がほぼないので、在職中に
できそうな仕事を探す方が良いです。

貴方の英語のレベルで米国サイドが採用したとするとそれくらいのレベルの英語力でできる仕事だと思います。それと臨時雇用っていうのもありますから、期間が終了すればそこで雇用が終わる訳ですから
本採用の時の様な厳選な審査はないと思います。

臨時雇用で解雇になる人もまずいないでしょうね。ただ、米軍は英語力が無いと仕事にならないので、期間限定の間に仕事で使用する英会話を覚えて向上したらよいかと思います。

0
Wakaさんより

限定期間従業員はその名の通り限定された期間のみの雇用です。多いのは産休の臨時で、産休を取る従業員の希望によりますが4ヶ月から1年間(育休をふくめ)休みを取るのでその間の臨時を雇います。また長期の病気や怪我や事故で数ヶ月の休みを取る人もいるので、そういった場合も臨時を雇います。これらの休みを取る99パーセントの人達は元の職場に復帰するので、そうなれば臨時の方は雇用契約終了になります。昔は年配の従業員が多かったので、臨時で働いている間にどこかに空きが出て、それに申し込んで合格さえすれば常用に移動できましたが、現在基地で働いている人達は比較的若い人が多く、定年間近という人は非常に少ないのが現状です。そのためここ数年は臨時で入っても期限が来るまでに常用に移動できる人はとても少なく、面接に来る人も以前どこかで限定で働いていて終了後無職になり、また労管に呼ばれて面接に来たっていう人達がとても多いです。私の周りにも私自身を含め限定を数回経験したという人がけっこういます。

限定従業員は常用に比べて応募者が少ないため、とりあえず希望者の中で条件に合いそうな人を上から順に呼んだって感じの時が多いです。私の経験上、常用の事務職なら面接に呼ばれるのは日本の大学を卒業後留学していたりアメリカの大学を卒業していてキャリアも資格もとても多い人ばかりで、英語はビジネスレベルで話せて当たり前で英検なども最低でも準1級、TOEICなら900以上という人しか呼ばれていませんでした。限定の時は、そういった人が2?3人で後は英語がほとんど話せない人達って事がよくありました。もちろん面接では会話にならずすぐ終了、面接が経験できて良かったねという感じで終わっていました。常用だと面接の前に筆記や実技試験を行う所が多いのですが、臨時の場合急を要しているのでとにかく早く人を集めて早く面接して早く決めて早く働きに来て欲しいって場合がほとんどなので、他の方が言っているように常用ほど厳しく審査しないし、ライバルも常用の時より少ないです。面接に呼ばれても期間の長さによっては断る人も少なくないからです。ただ、限定は短い期間誰かの代わりとして即戦力にならないといけません、入ってから英語や仕事を覚えて行こうと思うのは大間違いです、そういった面では常用より厳しく見られるかも。まあ、基地の仕事は日本のように新卒を雇って仕事を教えていくというやり方はしないので、どちらにしても一緒かもしれないけど。

0
ミリ妻さんより

どれくらいの英語力が必要かは職種や部署によります。

ちなみに私の5?才で勤めていた会社が倒産して失業した、英会話が全く出来ない叔母はその後すぐ面接に呼ばれ、すぐ採用されました。現在軍雇用員として働いていますよ。

叔母の場合は長い職歴と経験をかられたのでは?と思います。

あまり英語力が必要ない職種もありますし、そう言った場合は経験や人柄で判断するのではないでしょうか。

特に期間限定となると短い間にしっかり仕事をしてもらいたい、という採用する側の思いもあるので、やる気がある事、をしっかりアピールして下さい。

期間の延長もその逆で短縮もありますよ。他の方が説明していますが、あくまでも産休・育児休・病休の人代わりなので。

0
ABCさんより

このポジションの面接に私の知り合いも受けます。
10名の候補者がいるようで、Gradeは1-4で基本給は
約18万5千円の事務職です。

職務内容は苦情処理を主にした業務内容のようです。
なので英語力は必修かと思われます。
クレームなどの英語対応が必要な訳ですから、かなりの
英語力は必要でしょうね。

約半年間の契約のようなので、即戦力を必要としている
はずです。なので、面接は結構シビアな面接になるのでは?
と予想されます。
プレッシャーをかけるつもりはありませんが、こういった
ストレスがたまる様な職種は精神的にタフな人間でないと
務まらないので、その辺をついてくる面接内容になるかと
思われます。

現在、労官を通してくる面接はほとんどが期間限定だと
聞いています。期間限定で採用された後、働きながら
中でトランスファーをする。。。といった流れができている
ようです。

自分も軍雇用員として働いていますが、自分の職場にも
期間限定から本採用で移ってきた人が数名いますし、
自分自身、内部で面接を受ける際も、採用されるのは
期間限定の人。。。というのが最近多いです。

是非頑張ってください!!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。