コメント承認システム試験中!

【震災】大型受け入れ、断念

= こっこ さん =

先日まで沖縄では「数千人規模で、飛行機代+居住+3食面倒を見ますのでぜひ沖縄に来てください」と公式に県の見解として被災者に救援の手を差し伸べていました。
「海なんかこの世からなくなってしまえばいい」と泣きながら訴えていた被災者のことを思うと、きれいな海が売りのわが県沖縄に果たして来てくれるのか?と思っていましたが予想を反しものすごい人数の希望者が名乗りを上げているようです。
しかし、ここへきて、送り出し側(被災地の自治体)の大きな問題が起こり、つまり誰を優先的に沖縄に送るかが決められず急きょ被災者受け入れは延期となったようです。

先日、県営住宅に仮住まいを与えられた被災地から来た若いカップルは那覇空港へ着いた時点で、安どの気持ちと今後の先の見えない不安で涙があふれたとTVで見ました。

是非、早く受け入れ態勢が整い、被災された方々が沖縄の暖かい地で、自然にあふれた地で癒されてほしいと思います。

行政の方々、どうかどうか1日でも早く実現できるように頑張ってください。

11 Comments.

島ナイチャーさんより

もっと早くもっと早く、と県の受け入れ体制にヤキモキしてましたが、
少しずつでも被災された方々が沖縄へ来られるのを見て、安堵しました。
きっと不安で仕方ないと思います。微弱ながら私もこれからお手伝いに行ってきます。

wさんより

断念ではなく、被災者の方々が地元を離れたくないと思っていて出来る限り近くの仮設住宅に入居したいという話ではないでしょうか?

これからは沖縄に避難してきた方の支援がもっと広がるといいですね。

リアルさんより

家も仕事も金も無いのに寒い、電気も来ない、避難所で集団生活がいつまで続くか分からないし余震も続いてると想像したら沖縄に来たら良いのにと簡単に思ってしまいます。でも沖縄に来てもらっても公営住宅が用意されただけで電気代やガス代、水道料金、通信費の支払いに衣類も食費も掛かります。沖縄県民さえ仕事が無いのに、避難して来ても地元に帰るまでの生活費や食費を約束出来ない。公共施設だけじゃなく非課税の恩恵受けてる宗教施設も開放したら良いのにと切に思います。

特命徳子さんより

知り合いが石巻市で被災し毎日メールでやりとりしてますが皆さんコミュニティを大切にしてまして誰も避難所をでたがらないそうです。&私だけがいい思いをしては申し訳ないとの事です。若い人達は移動してるようです。お年よりだけが被災地に残っています。
悲しい現実に直面して将来の不安を抱えてます。
私は1週間でも観光感覚で来てもらえないかと思ってます。子供達やお年寄りを癒してあげれたら。
これからもまだ避難所生活は続くと思います。避難所ごとに招待できたらいいのにと思いました。

名無しさんより

遠い所から「数千人規模で、飛行機代+居住+3食面倒を見ますのでぜひ沖縄に来てください」となっても、仕事が無ければ故郷の復興への道は遠のくばかり。
仕事があったとしても、沖縄の最低賃金での復興は出来るのか?と疑問。

akenaiyoruwanai♪さんより

被災者のそれぞれのコミュニティが大規模で沖縄では残念ながら受け入れる器がありません。経済的な体力も無いので物理的に無理でしょう…。

でもいつか人生を振り返る地として沖縄に足を運んでもらえるようにお待ちしたいものです。

がんばろう日本![●]

こっこさんより

今回の「断念した案」は、とりあえず飛行機代と空いているホテルなどにお願いして(住む場所)と3食を2か月間(だったと思いますが・・)県の負担で面倒を見てあげるので、お越しくださいということのようでした。

ただ3食の部分はどうするか(ケータリングが、ホテルに協力してもらうか、何らかの炊き出しになるか)は今後詰めるようでした。

たしかに、皆が同じように被災し同じように不自由な思いの中、自分だけ避難所を離れることに罪悪感を感じている人も多いらしく、実際沖縄に避難してきた方はTVの取材で「自分たちだけきてしまい、残してきた親類に申し訳ない」といっていました。

自分が出来る事(募金や節電)はやってはいますが、あまりにも救助のニーズの規模が大きすぎて、どこから手を付けていいのか素人にはわかりません。

匿名さんより

何でもできることはって思いますけど、ここでもよく問題になる、移住された方の様子を見てると来てもどうなんだろうって思ってしまいますね。沖縄へやってきて満足してる方がいるようには見えません。馴染めずに苦労するのではないでしょうか。私も器がないと思います。関東のほうが仕事もあるでしょう。

人の気持ちさんより

ご高齢の方が多く残られてると思うのですが、
ご両親を引き取りたいと思うご家族は本土では少ないのでしょうか。

被災地から携帯で、東京に単身のご主人や働く息子達に「こっちは大丈夫だから」と答える被災者達をみて、家族、親子関係の在り方を不思議に感じました。
他人の私たちでさえ、何かできないかと思ってしまうのですが、今回の震災だけでなくご高齢者には身内でも縁遠くなってしまうのでしょうか。

子供に迷惑かけたくないと思いますが、我が息子達も将来助け舟を出さない大人になるのか、どっちがいいのか、そのときの親心の深さを考えてしまいました。
トピズレごめんなさいね。

dangoさんより

9. 人の気持ちさんへ

高齢のになればなるほど…遠くにいる親戚より近くにいる他人を大事にする傾向が強いだけです。
特に東日本の冬は厳しく支えあって生活して来た分ご近所との関係は想像以上の「義理人情」の絆で結ばれています。

けっして親子関係が悪いからと言うわけではないんですよ。^^

dangoさんへさんより

今朝コメントした人の気持ちです。

そうなんですね。
近くの他人、確かにそうかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。