【不動産】木造住宅の新築について

= バカボンの弟さん =

現在、戸建ての新築を予定しています。様々検討した結果、木造住宅にしようと思っています。
そこで、あまたあるHMさんの中で、おすすめできるところを教えていただきたいです。すでに住んでいらっしゃる方の感想もお聞かせ下さるとありがたいです。よろしくお願いします。

20 Comments.

匿名さんより

こんにちは。
便乗して私も気になる木造住宅の話が聞きたいです!
ミオポルトの大晋建設さんが気になっているのですが、、、
コンパクトでシンブルな家にあこがれますな〜

higeoyaziさんより

タマホームで去年の12月に完成しました。
工期的な制約等により短期で完成する木造にしました。
住んでみての感想ですが、夏は建物が熱を持つことが無いので、外出から帰ってきても比較的涼しくエアコンの効きもいいです。
コンクリートの家と比べると防音性は落ちますが、部屋にいる家族の気配を感じながらの生活も悪くはないです。
床面積36坪で1900万程で出来たのでCP的には満足です。台風も特に問題なく、シロアリ保証も15年は付いているので安心です。耐久性についてはこれからなのでなんとも言えません。どこのメーカーが良いかというよりも、営業さんの力量と相性だと思います。

匿名さんより

沖縄市泡瀬にあるハンエイ(ダ・アール)で新築しました。
問題なく快適に過ごせてます。

匿名さんより

ダ・アールさんはデザイン的にもいいですね
たまにオープンハウスとかも開催されてるようですよ

匿名さんより

絶対に沖縄では木造はすすめません!
私は00ハウスで作りましたがそこの人はコンクリートハウスだと言っています。
台風歯とにかく怖いです。

匿名さんより

那覇市の大真木材さんで建てました。

大満足です。
我が家の建築の模様が、ブログにアップされています。

この夏は、NOエアコンで過ごしました

台風もびくともしませんよ。

首里城の建設にも、関わっていてウデは確かです。

匿名さんより

木造住宅はあまりおすすめしません

築造初期何年かはよいのですが、年数が経過して後悔してます。
台風、窓のひずみ、コーキング劣化、遮音の低さ。
涼しいとか、快適とか忘れてしまいました。
満足していたのが嘘のようです。

せめて補強コンクリートブロック造にしておけば良かった。

反対はしませんが、長期にみて充分検討を行って下さい。

匿名さんより

話題は違いますが…
お金がたくさんあれば別ですが、家を建てる以外にも余計なお金がたくさんかかりますよ。
登記費用、保証金、火災保険、等々、それを計算しないで家を建ててすぐ手放した人も居ます。
気をつけて下さいね。

バカボンの弟さんより

様々な貴重なご意見ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

アー○ティッ○那覇さんはいかがでしょうか?
住まれてる方、あるいは、ご存知の方がいらっしゃいましたら、お聞かせくださいませ。

バカボンの弟さんより

様々な貴重なご意見ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

匿名さんより

台風の影響は、木造は場所によると思います。

街中や周りに建物がある場所だと大丈夫だと思います。

海の目の前や、周囲に建物がなく風を直接受ける場所だと厳しいかも・・・。

匿名さんより

台風もですが、竜巻被害のニュートラルを見ると、やっぱり木造は弱いなーなんて思います。
まあ、災害なんてあるかどうかわかりませんが、コンクリートは頑丈だなーって思います。

バカボンの弟さんより

木造のメリット、デメリット、お聞かせ下さりありがとうございます、

匿名さんより

木造ですが満足してます。最初はよかったが何年か住んでの経年劣化で否定されている方もいるようですが、要はメンテの問題です。
木造はメンテさえきちんとやればコンクリート造よりキレイで長持ちします。

匿名さんより

私たちは現在アースティック那覇で建築中です!スタッフや社長さんはとても素敵です。また、木造に対する不安もありますが、↑の方がおっしゃるようにメンテだと思います。木造住宅はコンクリに比べ建て後のメンテが安くつきます。今は木造もコンクリと変わらないくらい坪単価もあがり、強度も増してると思います。

匿名さんより

ここで木造住宅を建てた方が、10〜20年後にも同じ事を言えるか?
その辺が問題ですよね。
私はリフォーム業で、沢山の木造住宅・コンクリート住宅を
メンテナンスしてきましたが、割り合いでは木造住宅の方が
メンテで大変なケースが多かったです。(あくまで私個人)
ちなみに、
私の周囲の建築業者に木造で立てた人は、1人もいませんねー。

匿名さんより

 新報住宅展示場の奥にあるイシカワさんに建ててもらいました。
 たいへん満足しています。

 台風や紫外線など沖縄特有の厳しい環境下における経年劣化の程度については、今後推移を見守っていく必要があります。
 ただ、戦前の沖縄県はほとんどが木造でした。適切な対策さえ講じれば、高温多湿な地域風土にも対応できるはずです。
 しっかり定期メンテナンスをすれば、長く住めるのではないかと考えています。

 人生で多数の住宅を新築する人はまれだと思います。
 人がどう言うかよりも、自らしっかり調べ納得して判断することが大切です。

匿名さんより

沖縄で木造住宅と聞いて最初はビックリしたのですが、結構増えてきているんですね。
確かに沖縄の土地柄、台風や塩害など木造は大丈夫なのかなと気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。