【葬祭】シーミーに参加できない?

= 新米ママさん =

はじめまして。
今日、主人の実家の清明祭でしたが、
今日の干支が「うま」ということで、
午年生まれの娘は、清明祭に参加しませんでした。
主人が、亡くなった祖母が生前、そのように話していたというのです。
清明祭の日の干支と同じ干支の人が参加できないということを私は初めて聞きました。
なぜ、参加できないのか
詳しく知っている方がいましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

15 Comments.

匿名さんより

那覇とか島尻方面では同じ干支生まれは参加させないとか聞いたことないですね。わたしが知らないだけですかね。

匿名さんより

うちの親戚ではそういう話は聞いたことないですね。
でも地域や家によって独特のしきたりってあったりするから、そういうものなんじゃないでしょうか。

ぱーすーさんより

ウチの祖母と言うか
ウチでもありますよ。
シーミーに参加出来ないのではなく、
『干支の日にお墓に行ってはいけない』と言う事ではないでしょうか?
祖母は、
『お墓には先祖以外にも色々な霊がいて
イタズラしようとしているらしく、
干支の人は存在がバレてしまい
ターゲットにされ良くない事がある』
みたいな事言ってましたよ。
それは、シーミーだけでなく、お葬式やその他の場合もでした。
本当の意味はわかりませんが…

匿名さんより

北部ですが、私も聞いたことがありません。
ただ告別式の後の納骨?の時には
そういう事があるのをなんとなく聞いたことがあります。

匿名さんより

私は祖父の葬儀の際、棺と担ぐのと、納骨には祖母の猛反対で
参加できませんでした。
祖母曰く、同じ干支だからとのこと・・・
それと同じ考えでしょうか?

匿名さんより

八重山出身ですが同じです、シーミの日にちは墓を管理してる長男の干支以外の日に合わせていきます。
なんかひっぱられるとか聞いたことがあります。

匿名さんより

その日の干支の人が墓に行ったらひっぱられるとか聞いたことがあります。
うちも墓を管理してる旦那の干支に合わせてシーミ日にち決めます。

匿名さんより

シーミーは分かりませんが
同じように亡くなった方と同じ干支は
火葬場はダメと言われそだっています
豊見城出身です

匿名さんより

喪主が同じ干支でも火葬場はNGなのかな? 
骨壺に入れる作業もありますよね。

匿名さんより

そういえばヤンバルと中部でも違いますからね。
骨壺に骨を入れたりするの中部は近い親族ならOKですが、ヤンバルは男じゃないとダメとか男優先だったり。
でも棺を担ぐのは中部の親戚でも力仕事とみなしたのか、男の仕事ということで親戚の男の人を集めてやってもらいました。
やっぱり地域差があるんじゃないですか?

匿名さんより

みなさんのコメントを読んで思い出したのですが、南部一帯でも納骨のときはお墓を開ける人とかの干支を選びますよ。だけど、シーミーのときは干支は気にしてないですね。

新米ママさんより

主です。
皆さん、コメントありがとうございました。
勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です