【教育】不登校児の過ごし方

= はなさん =

小学6年生の息子が不登校です。
うちは、悩むという一山は越えたので穏やかに息子のの不登校とつきあっている家族です。

そこで、同じ不登校のお子さんをお持ちの方、または、経験者の方がいらしたら、日中どんな風に過ごしているのかお聞きしたいです。

35 Comments.

匿名さんより

経験者ではありません。
ですが、今の時代ですから、他人事ではありません。
不登校や、成人の引きこもり、等
もっと不安なことも、どこの家庭にも起こりうる
ことかもしれません。
もしよろしければ、南部か中部か地域と性別を
教えてもらえませんか。
どなたかか良策のレスがつくかもしれません、
紹介したいできる事が見つかるかもしれません。

匿名さんより

私は、勘違いから嫌がらせを受けたのですが担任も周囲も認めず隠したので頭に来て、クラス全員を逆に出した経験があります。嫌な事は続かない。私のモットーです

ヒトさんより

みんなトピずれ過ぎ(笑)

落ち着いている状況という事で、もう不登校という言葉を使うのを止めて
「ホームスクール」と呼んではいかがでしょうか。

正式な事はわかりませんが、色々な理由からホームスクールを取り入れている家庭は思いのほかいらっしゃるとおもいます。
ネットで検索されたり、本を読んでみてはいかがでしょう。

はなさんより

主です。

中部在住です。
明るい投稿のつもりです。
不登校でもこんなに楽しくやってるよ~!みたいなお話あるといいな~。

不登校、たまたま学校にあわないタイプなだけです。
明るくいきましょう!
どんな子供でも未来は、可能性に満ちている~~✴

匿名さんより

大度の海でシュノーケルしてみて下さい!
気持ちが寛大になったように
落ち着きますょ☆

図書館とか博物館とかに通うのも
良いかなと!

匿名さんより

いいと思います!!不登校ならば学校へ行かないという選択だけですが、おうちで引きこもってしまうと社会からの隔絶ですから、お母さんがそう寄り添っているのはとてもよいことだと感じます。でもやっぱり身体がなまってしまうので、どこかで運動できるとよいですね スイミングとかジム、公園とか。何かマラソンにエントリーして目標を作る、普段は練習なんていうのといいかも。

匿名さんより

娘小3です。不登校(別室登校)になって1年になります。
皆より遅れて登校。早めに下校の毎日です。
午後は自宅で自由に過ごしています。

工作やモノづくりが好きなので、それを楽しんでいます。

沖縄にもフリースクールのような受け入れがもっとできればなと思います。

あわさんより

三十代前半 私も保育園の頃から、人見知りがすごく園に馴染むことなく、小学校、中学、高校、専門学校まで不登校でした。
中学で一端席次が下がりましたが、現在では憧れる職業に就き真面目に働いてます。
不登校でも親のありがたさ、親の優しさを感じてれば良い子になりますよ^_^

星砂さんより

不登校になりかけていた子供を持つ母ちゃんです。

今は元気よく学校へ通っていますが
学校へ行きたくないと言われた日の事が
忘れられません。
とても悲しく胸が張り裂けそうでした

なので親御さんのお気持ち
痛い位よく分かります。

話がそれましたが
文頭にある様にうちの子供は
不登校ではなかったので日中の過ごし方を
アドバイス出来なくて申し訳ないのですが
どうしてもコメントしたく、勝手ながら
投稿させて頂きました。

優しく気持ちの寄り添えるご家族が
いらっしゃるので、主さんのお子さんは
きっと大丈夫ですね。
お子さんが心のガソリン満タンになると
学校へ行く気力も湧いて来るかと思います。
サポート、引き続き頑張って下さいね。
陰ながら応援しています

匿名さんより

これからの年齢は
体を動かす必要がありますね。
泡瀬地区に有名な卓球教室がありますよ。
相手を必要とするスポーツがいいでしょう。
昼間に教えてもらえます。

匿名さんより

中学進級までにできるチャンスを作ってあげましょう、
級友たちより、得意になれる英語の先取り学習ができますね。
昼間の公文教室が無理なら、近くの学習塾の先生に相談なり、して
週2くらいでやるのはいかがでしょうか。
他には
進級予定の中学の部活などを情報を得ることでしょうか。
団体競技になる、バレー部、バスケ部、サッカー部などではなく
個人戦のある、テニス、バトミントン、卓球の部活はどうでしょう。
不登校や休みがちの生徒でも、もしかして部活があると
学校に行けるのでは。
どんなに運動音痴でも、熟練の指導を受けると上達しますよ。
また
沖縄市のコザ十字路近くに、手芸店があります。
その店は、オジーチャン、オジサン(小学生から見れば)の二人の男性が編み物など
手芸のプロがいます。
男の子には驚かれるかと思いますが、編み物も良いですよ。
日本には男性のスゴイ編み物作家が幾人かいます。
主さんも、ご一緒に習得されるといいでしょう。
毛糸やさんの店舗などは、高齢の女性しか見られませんが
ネット社会はここ10年くらい大きなブームです。
男の子でも覚えて損はないですよ。編み物は欧米では「心のヨガ」と
言う人もいるそうですし。

匿名さんより

続けます。
沖縄市近郊はたくさんの外国人がいます、
コザ高校の近くにはインド人の女性が
英語とインド料理を教えています。
日本人より、外国人のほうが気が楽な時間もいいでしょう。
おなじく
料理、英語、編み物を教えているインド人女性がいます。
中部の利点ですね。
母と子でチャレンジしてみて。
遊びで始めて、興味を持つようになったらいいのでは。

匿名さんより

中部で「平日に図書館」はオススメしません、
職員がわには「公務員の守秘義務」はあるのでしょうが
見られるほうは「いい気持ちしませんから」
家から出ると言うことでは
平日に父と子で映画はいかがでしょうか。
父親が「子供と向き合う」のは今ですよ。
これから反抗期もきますよ。敬遠されるか無視されるか、辛いこともあります。
母と子で博物館もいいでしょう。
新都心にある県立博物館はいいですよ。とても立派です。
誰に見られてもダイジョウブで平気です。
大事なことは
家にこもりきりにさせないことです。
他の方のレスにもあるように、海はいいですね。
開放的です。気分が晴れます。
スイミングプールとは全然ちがいます。
シュノーケリングは指導も受けられますし、継続もできるし
沖縄の長い夏、楽しんでできますね。
主さんの文面から、落ち着いた感が見えます。
ママが大きな気持ちで構えていると子も安心ですね。
休んでいることは「神様が与えた休息」と思って、
息子さんが大人になっても出来る事を、楽しめる事を、継続してできることを
一緒に見つけてあげてくださいね。

匿名さんより

うちのアパートに中学から不登校で
今は成人直前かな。
まだ引きこもりで親がたまに連れ出してなすね。

大変ださんより

不登校児童 大変です。

何名か見てきましたが、一番困ると言うか 残念なことは

友人ができないのは仕方が無いとして
学習面が かなり遅れること
それが引け目となって 益々不登校に拍車がかかる

他の同級生を気にすることはないけど
とても気になります
自信を持たしたいけど 難しい

ただ普通に学校に行っている生徒は 特に勉強ができなくても
不登校の子供より 学習できる

なにがいいたいかって
おかあさんが 学校の代わりになって
家庭内でたくさん教えてやってください

自宅にいても 昼間 学校時間は学習させる
夜は9時以降はゲームなどさせず 規則正しい生活リズムを
運動もさせなくっちゃ、

お母さん一人では 大変だから 色々利用して
義務教育の期間 3年ちょっとだけでも
頑張りましょう

匿名さんより

うちは共働きから母子家庭になったので、日中はひとり(愛犬と愛猫はいたけど)。

勉強は私が帰宅してから見ていたのですが、ひとりの時間にドリルや頑張りノート的なものをコツコツとこなしていました。

土日はとにかくアウトドアへ。
サイクリング・山歩き・釣り・カヌー・磯歩き等々、不登校じゃなかったらここまでやらなかっただろうなというくらい連れ出したと思います。

当時はPCが普及し始めた頃で、世界が広がると良いなと思って使い方を教えました。
私の守備範囲外のお菓子作りは独学でマスターしていました。
一時期は連日のように何かしらのケーキを焼いてくれたので、太る心配をしながらも楽しみでしたよ。

色々な方々のお世話になりつつ、高校入学を機に登校できるようになって大学を卒業、国家資格を生かした職業に就いて、今ではいっちょまえの社会人です。
むしろ物怖じしない性格に育ったような。

主さんもお子さんとの今を楽しんでくださいね。

匿名さんより

やっぱり体を動かすことかなあ。汗をだーってかくと気持ちいいもんです。
日中の野外は暑すぎるので早朝に親御さんとジョギングしたり。生活スタイルを朝方に変えるのです。夜は早めに寝ましょう。
レスにもあるように、もう男女問わず好きなものをさせることですかね。

日中外出しづらければ、Eテレ番組で毎日課題をクリアするとか目標をもつのもいいでしょう。
結構Eテレ、いいものやってます。テレビを講義代わりにして、お母さんも一緒にノートに書いたり、復讐したり、最初は1番組からでも始めてみるのも結構収穫です。

時々美術館や博物館、たまには人ごみにも足を運んで世間の空気も知りましょう。汚い空気は吸う必要もないけどね。Eテレの番組私結構好きです。

はなさんより

主です。

わぁ~、素敵なコメントに元気たくさんもらいます。よかったな~、投稿して

匿名さんより

不登校いますが

日中は
お茶碗洗い等させてます。

働かざるもの食うべからず。

学校に行けないなら
働く。

匿名さんより

男性に編み物を勧めた者です。
昨年、ロシアのソチでの冬季オリンピックでのこと
フィンランドの選手の競技直前の横で男性コーチらしき人が
立って編み物をしている姿がテレビに撮られていました。
高台のスタート地点で、せっせと編み物をしている人が映っていたのです。
ネットの編みらー(編み物愛好者)でスゴイ話題になりました。
フィンランドでは、男性の編み物は珍しくはないそうです。
沖縄でも、よろしいかと。
セーターなどは着る機会は少ないですが、小物や部屋のインテリアも
他にも母親を喜ばせるような作品に仕上がるはずですよ。
いったん手が覚えると、成人期、老人期になっても退屈しらずです。
また
キルト作家のキャシー中島さんの息子さんは、ヨーロッパに
刺繍の学校に留学していると雑誌で読んだことがあります。
現在のことは分かりません、過去のことです。
私の亡くなった父は、人見知りな性格とコミが下手な人でしたが
台所で使うようなザルなどは、作れるような人でしたから
老後、70代になってから
当時、ブームだったクラフト編みを教えたところ
ゆっくりでも必ず完成させていました。テレビの番をしながら、手を動かし
私たちのためにと作ってくれていました。
自分の内面にコモリ気味の性格は、成人後に仕事や人間関係にツマヅイタときには
手仕事などの趣味があると良いと思います。
「今、現在、子供であるとか、
老人と一緒にしてもらったら困る」とか考えはあるのでしょうが
小さなことでも、些細な事でも、
主さんの意識に残しておいて損はしないと思います。
食のことも、得意な料理をゲットするのもいいでしょう。
中部は外国人も多いです。
ウチナンチュが気に留めない、親戚からお節介に煩わしくない
ママ友などの日本語のウワサ、変な囁きではない。
外国人の異文化のなかにも、手を借りる方法があると思います。

匿名さんより

不登校じゃなくてもお手伝いは当たり前。
でも、任務があると居心地の悪さが少し軽くなるんじゃないかな。
「学校に行けないなら働く」なんて怖いトーチャン・カーチャンを連想するけど、愛にあふれる言葉だな~。

匿名さんより

ご本人が興味あるのなら動物を飼うのはいかがですか。
生き物を飼うには知識も必要、世話をする責任感も必要、自分を必要とされている安心感ももらえます(^^)

匿名さんより

もし本人に興味があれば日中は語学教育してはどうですか?
自宅で小学校の勉強もしつつ、英語や中国語の勉強をして週に2回くらいはマックや
A&Wで外国圏の人に教えてもらうのはどうでしょう。
もしくは頑張って私立受験を考える。
世の中は広く、色々な選択があっていいんだという事を感じて楽しみができればいい
ですね。
学校に行けないのではなく、学校に行かない事を選択したんだ。という生活を意識して
過ごすのがいいですよ。

匿名さんより

うちの子
小学校から中学と,学校の団体行動を苦手として、よく休んでいました。
発表会、運動会、遠足などはホントウに苦痛のようでした。
登校日でも、「お医者さん行った。の言い訳を準備して
ミハマに映画に行ったり、県立博物館に行ったり、遠出して
「首里から空港」まで、モノレールに乗りに行ったりしてました。
家から出るのが目的ではあるけど、「ただのドライブやカフェ巡りだけ」にはしなかったです。
不登校気味の理由は
親と似て「コミ障害」です。
私は自覚してましたから、子供の学校外の教育を熱心にやりました。
その一つがアメリカ人に教わる英語でした。
カメの歩みのような上達でしたが、中学では得意科目になりました。
うちの子の先生は、アメリカ人の老人でしたから、ゆっくりで
お菓子を一緒に作ったり、盛りつけを習ったりしてました。
土曜日に個人でやってもらいました。
うちの子の場合は、苦痛の学校だけではない、下校後や休日に充実させるのも良かったのかと
思います。
もう成人した大人です。隠れているし、内緒にしているけど、「コミ障害」です。
親は生きている限り、表のサポート、見えないサポートは必要だと考えています。
先日のテレビでアメトークは読書芸人でした。
そのなかで「本がある限り、自分の人生は退屈しない」と光浦靖子さんが言っていました。
男性、女性、関係なく
得意な事や、退屈しないなにかを見つけるといいですね。

匿名さんより

私(母)はピアノ、娘はギターを習いに行きました。
共通の趣味が音楽なので。

匿名さんより

コミュ力や人付き合いって、グローバルな今の時代そんなに重要でもないです。一つの手段にしかすぎませんし、気にすることないです。
芸能人だって学歴いろいろだし、大卒大卒言ったって通信だったり、結局大学行ってなかったり。要は仕事が本人を成長
させていくんです。
話すのが苦手なら書字で勝負して、たくさん配信すればいいんです。働き方は多様です。会社で働くだけが仕事じゃないです。国語や数学、学校の教科書だけが人生じゃないんです。微分積分、物理赤点だって専門職に就けます。中学の証明?そんなの中学だけです。大学卒業して働いたことのない人ほど頭の中は生徒時代の中身しかありません。人は社会に出て働いてその道に進みエキスパートになったりするから、過去の学業にとどまってなんかいられないんです。勤労経験のない人ほど子供への価値観が歪んできます。
世の中には数多の人が居て、数多の社会人がいて、数多の生き方があります。
答えなんて見つける必要ないんです。

匿名さんより

学校って楽しむ為だけに通うわけではないと思います。ケンカも仲間外れも陰口も噂もヒイキも不平等も不公平も多々ある。本当に嫌になる日時や時期もあると思います。仕事する年になったら、なくなるわけでもないです。私自身は今、思えば思春期で多感だったんでしょうが私の居場所として違和感を感じ、自分らしくいられないと沖縄から離れた地域に行きました。でも何だか気持ちがすっきりしなくて数年後に再び戻りました。亡くなった両親が、あなたのやりたいペースで良いから進みなさい、月明かりを探して泣かなくても私達がいるから大丈夫って、いつも言ってくれました。何だか分からない大丈夫って安心が欲しかったと思います。現在は、何処に行っても逞しいオカァになってます。

匿名さんより

本人は押し付けらるのがある意味嫌で不登校なのではないですか、何かきっとやりたい事見つけると信じてあげたらどうですか。待ってあげる事大変だけどね。

はなさんより

主です。

なんだか、じ~んときちゃいます。
いろんな感じ方、いろんな人生聞けて嬉しいです。

匿名さんより

 私も小中の頃は
不登校でした
 大人になった今では
学生の頃の友達はいませんが 知り合いなら自然と出来ています
 不登校の頃は午前中は楽しいが、午後になるにつれて偏頭痛がしてきました
 今、思えばボーリングか卓球しておけば良かったかな~あまり大人数は苦手なので…
 まずは、ご家族で出来るスポーツはいかがでしょうか
 

匿名さんより

独身ですが、私自身が中学高校の時に不登校だったので書き込みさせて下さい^ ^っと言ってももう昔の事過ぎてどう過ごしてたかほぼ忘れてますが。。。
覚えているのは、親が強制的に塾に通わせた事ですかね。小さな教室で、塾の先生や塾友達と気が合ったので楽しかったです。おかげで不登校なのに学校のテストの点は良かったです!笑
気が向いた時は絵を描いたりピアノを弾いたり読書をしたりもしてましたね。奥様向けのワイドショーが何気に楽しみだったりしました。笑
私の場合はこんな過ごし方でしたが、他の方のコメントのように、家にこもらずにもっと外に出て自然に触れる時間があればよかったなと今は思います。

匿名さんより

うちは、短期間でしたが 行き渋りした時に、パワーをもらいに行こうって、観光客が行くパワースポット巡りをしました。
色んな事が知れるし、パワーがもらえた気になったようで 本人なりに切り替えが出来て前向きになれたよたうです。
沖縄は散策してるだけでも素敵な場所が沢山ありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です