【幽霊】病院での体験談

= ジップさん =

あれは手術後、ベッドで休んでいる時のことでした。
吐き気やだるさ、悪寒が交互にやってきて苦しんでる時、隣のベッドの仕切りカーテンがふわっと動いいたんです。
看護師さんが来たのかと思ったら誰もいない。
そして、何か黒い煙のようなものがカーテンの下からモワモワっと湧き出てきて、さっと引いていきました。
そいういうのが何回か続いてたのですが、怖さより気分の悪さが勝っていたので何とも思いませんでした。

あと、足音がしてベッドの前でピタっと止まるんですが誰も居ないんです。看護師さんも来てないと言うし。
不思議な体験でした。

2 Comments.

匿名さんより

私の場合、手術後の経過観察の部屋でオバアと2人
私は半身で下半身が動けないけど
オバアは目の手術とかで割りと元気。カーテンの向こうからずーっと方言で話かけられて意味もわからず相づちしてました。
一般の部屋に移動してから看護師に隣のオバアの話をしたけど
誰も知らないと、麻酔で夢でも見てたのかと思ったけど
全身麻酔じゃないけどそういうこともあるのかと
不思議に思いながら退院しました。

匿名さんより

私は、術後3日目個室でDr.の回診中に、麦藁の帽子を被った、知合いが部屋に来たので、合図しながらDr.と話を終えた、知り合いは居なくなっていて、アレ?って思って考え直したら、病室は、5階か6階の突き当たりの角部屋で、部屋は引き戸を開けて右手に鏡付きの洗面台と、ロッカーがあって、その洗面台から、麦藁帽子の人が出て来たことに気づいて、ビックリ、でも知り合い
(バリバリ元気に生きてます)だったので怖いっと言う感じは余りなく、退院後に知り合いの神人に聞いたら、今で言う死神なんだって、何故知人の顔して居たかと言うと、私を怖がらせないため、て言ってました。映画のようないでたちの死神は見たことないていってました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。