【育児】蝉に糸をつけること

= みんみんさん =

先日主人と幼稚園の息子が公園で主人が子供の頃よくやった蝉に糸をつけて飛ばせる遊びをやったらまわりのママさん達の
目線が気になったと言ってました。

遊んだ後は元気なうちにリリースしたそうなんですが今の風潮はやってはいけないこと?

ネットで検索すると伝承あそびとしてせみのお散歩と紹介されていましたし、他県の教育学部附属幼稚園のサイトには
蝉に一生懸命糸をつけている子供の様子を好意的に紹介していました。
今はせみも長いこと地中にいて出てきたら1週間しか生きられないからかわいそうだから、やめようねという意見もあります。
昨今の元少年Aの事件などを考えると世間のとらえ方がかわってきているのでしょうか。
児童教育専門家によっては成長過程の子供は多少なりとも残酷な面をもっているのであまり神経質になるのもかえってよくないとあり、息子にどう教えようか迷ってます。
学校では虫採り探検あります。
みなさんだったらどう子供に説明しますか?

26 Comments.

匿名さんより

蝉はしたこと無いけど、カナブンに糸を付けて飛ばして遊んだことがあります。
40年近くまえの、子どものときです。

遊んでる最中に、糸が食い込んで頭と胴体が切断され、かわいそうなことになり、とてもショックを受けたことを覚えています。
子どもって残酷だな、私も残酷なことをしていたんだな、と今でも記憶に残っています。

だから、自分の子供たちにはさせません。結果を話して、残酷だね、かわいそうだね、と教えています。

匿名さんより

私は、ダメとは思わないです。
しかし公園とかほかの子がたくさんいるとこでは、控えると思います。

家の近所で捕まえて、家に持ってきて少しの時間だけ糸をつけて遊ぶ、そして、逃がす。

生き物から学ぶことおおいですよ。

イルカを捕まえたらダメとか、今は何でもダメなんですよね。

食用の生き物と、自然の生き物との関わり方にも現代のルールを作るのはちょっとー。

みんみんさんより

コメントありがとうございました

やはり虫さんには残酷過ぎますね
知らなければやらないに越したことはないので
主人に朝から
もう!子供に余計な事教えないでよ!
と少しケンカしてしまいました

匿名さんより

セミは7年間地中で過ごし、
一週間しか飛び回れませんよね。
うちの息子たちもたくさん取ってきて
その日のうちに放しています。

糸はチョット心理的に付けにくいですよね。
でも絵本、だるまちゃんシリーズにも
トンボか何かに糸付けて飛ばして遊ぶ描写がありました。
なので、特に問題はないと思います。

ほほぉさんより

主さ~ん。

旦那さんがやったことは“余計なことではない”と私は思うよぉ~。ちゃんと糸を外してるし。
昔の遊びが今では受け入れにくいけどね。

なんでもかんでもダメダメってみんな止めるけど、
なぜダメなのかを説明しない親御さんも増えてるから。

ダメだけじゃわからないこともある。
やってみてわかることもある。

セミに糸をつけるとどうなるか、どうやって糸を外すか
セミはどんな気持ちだったか、〇〇が糸つけられたらどう感じるかな?とか。

その行動がその生き物にとって良かったのかって勉強のきっかけになると思う。
主さんの腕のみせどころ♪

匿名さんより

別にいいと思います。
少年犯罪がなかった時代には、よくやってた遊びです。蝉に糸をつける、ゴキブリや蟻に殺虫剤をかけるだけで少年犯罪に結びつかないと思います。
少年犯罪はもっと他に理由があるはず。

匿名さんより

私は、30代ですが
小学生の頃やってましたよ。

主人も息子と一緒に
やって遊んで
遊びが終わったら、
ちゃんと逃がしていましたよ。

親がきちんと生き物の尊さを
教えるのならOKだと思っております。

今では、息子は生き物が大好きで
大事に育ててますよ^^

匿名さんより

ちゃんと放しているなら、いいと思いますよ。
生き物の事を知るきっかけにもならと思うし。
もし蝉が死んでしまったら、そこから親が命の事を学ばせる事をすれば、子供にとって学びになるはず。
何も体験させないでダメと言われて育つより、蝉と遊んで蝉を死なせてしまって、そこから命の大切さを知る子供のほうが後々大きな違いが出てくるのではないかと思います。
蝉に糸を付けて遊ぶのが残酷というならぱ、ゴキブリやヤモリ、クモ等に殺虫剤をかける方がもっと残酷かと。

匿名さんより

セミは7日しか生きられないは間違い。んなことで一々周りの目を気にするのもおかしな話。

匿名さんより

私はいいと思います。

前出ですが、昔この遊びが一般的だった時代の方が、
残酷な少年犯罪少なかったような印象ですが・・・。

昆虫で遊ぶことによって、命も含め色々学ぶのではないでしょうか?
自然な事だと思います。

子猫も小さい虫等で遊んでますよね。
で、その虫は死んでしまう事が多いけど。

匿名さんより

蝉はダメでゴキブリは殺傷すべきと
どうやって教えるのかになっちゃうよねー

匿名さんより

ダメとは思いませんが、
はたしてそれが、今の子供たち、親に受け入れられるか?となると
難しいでしょうね。
きっとそういう目で見ていたのではないでしょうか。
私たちの時代は、悪いことしたら、先生にも叩かれることが普通でしたが
今は、先生が生徒を叩くなんて、ありえない時代でしょ。
それと一緒だと思います。
昔のような時代がよかった、昔のように子供たちも知恵と工夫をこらして
外で思いっきり遊ぶ時代がよかったのにって思いますけどね。

匿名さんより

なんでもかんでもダメという方が将来の子どものためにならないよ。
蝉やカナブンに糸つけて飛ばすのが悪影響ならば
今の私たちはは極悪人だらけだよ。

匿名さんより

犬に首輪つけて散歩させるのと、何が違う?
セミは寿命が短いからダメで、犬は寿命が長いからOK?
そもそも地上に出てからの期間が短いっていうけど、土の中にいる時間もセミの寿命期間に入ってるよ。

カブトムシだって同じだろうに、虫かごの中に入れて飼うのはいいのかな?
結局、どの命に対してもその人個人が、そこから何かしら受け取るものがあってどの命も大切にするべきものと思えるようになれば、そういった小さい頃の一過性の遊びもいいのではないのかと思います。

匿名さんより

子供の頃の体験は、貴重です。言葉だけでダメは 簡単で一見 倫理的に感じます。
しかし、小さな頃にしか できないことがあると思います。
子供は 虫に対して残酷な事をして学んでいく事が多いです。
強く握れば潰れてしまう、足だけ掴んでると取れてしまう。セミに糸をつける力加減もやらなければ わかりません。そうやって 少しずつ学んでいきます。
傷ついたり、死んでしまったり、相手の痛みを想像したりと。
なんでも 禁止では 今の子供が学べる機会を奪われてしまい 見ていて可哀想に思います。

匿名さんより

やってもぜんぜんかまいません。
でも昆虫の生態生理のことも教えてあげる機会になればもっとよいと思います。
土の中に何年もいて1週間の命だから残酷とはなりませんよ。

匿名さんより

ちょっと逸れますかね?
近所で死んだセミに石をぶつけて遊んでる子どもに「えー可哀想ー!」と言った私は…?

匿名さんより

昔、昆虫キット(注射器セット)が
売ってましたよね?

今じゃ、見掛けた事がありません。
残酷と言うなら、標本つくる人も
ダメなのかな~?

匿名さんより

主さんのご主人、良いパパだと思いますよ~。

今時の子は、どんどん昆虫を触れない男の子が増えてる中、

お子さんに昆虫と触れる機会を作れるパパなんて素敵だと思います。

匿名さんより

私がおかしいのかな〜?
私は反対です。。
蝉に糸を結び付け振り回すのと犬のリードを比較するのはおかしいです。
犬の場合は人間との共存、人に危害加えない為にリードは必要です。
どなたかが、体験させて蝉の気持ちを考えればと言っていましたが
極端な話、あえて、人を傷つけてその人の気持ちを知りなさいと言っているのと同じに
聞こえます。

私も小さい頃カエルを投げて遊び、途中から罪悪感から気分が悪くなりました。
それは、自身で体験し学んだ事です。今回の場合は手本となる大人がした事。
やはり、私には理解出来ません。

匿名さんより

20代ですが、小学生の時にカナブンに糸を付けるのが流行っていました。
教室には、カナブンの頭が転がっていることも。
今思えば残酷なことしてなぁって思います。
子どもが大きくなって友達に教えられてやるんだったらまだいいけど、私から教えることはないです。

匿名さんより

そういう所が男親の悪い所?でもあり、良いことろでもあるんだよなーと、自分ちに重ねて投稿を拝見していました。

なので、もう!余計なこと教えて!とけんかになるのも、両親のバランスがとれていて良いことじゃないかなーと感じましたよ~。

ご主人も周りのお母さんの目が気になったと言う点から、節度を持ってダイナミックな遊びを楽しめる人なんだろうな~と。

ほんとに周りから白い目で見られるような非常識な子としている人はそんなこと絶対気付かないから。

良いご夫婦だな~、うらやましい!

猫さんより

昔は少年犯罪が少なかった

完全な間違いですよ、近年若者の凶悪事件は

これ以上下がりようが無い程低くなっていて、世界の犯罪学の中で

話題になる程、日本の若者の犯罪率低下してます。

逆に60才以上の凶悪犯が急増、これも世界的に見て異例の事態です。

この世代の若い頃が犯罪率最悪です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です