【仕事】定期健康診断結果とリスク回避

= ツムラさん =

職場の健康診断について質問です。
40代半ばを過ぎて職場の検診項目に自己負担をプラスして受診しました。
結果表を職場の健康保険組合と人事部に送りました。会社として規定項目以外の結果を知らされると「対策しなかったのか」とリスクを負う可能性があるので、規定項目だけの再受診を通知されました。
受診施設は総合病院ですが結果表を規定項目と自己負担分(腹部エコー等)を分けて出せないそうです。
健康診断にの意義は 何でしょう。

5 Comments.

匿名さんより

健康診断の意義は、未然に病気を防いで、保険診療を減らし、財源を確保することです。
各保険者は、特定健診などを行うことで、国から補助金を受けられます。特定健診は動脈硬化などの生活習慣病を防ぐのが目的です。それ以外のがん検診は含まれませんし、保険者としてがん検診を進めてもメリットがありません。当然、検診を受ける本人には一番ですが。
基本、自分の健康は自分で管理すること、そして、ただで利用できる健康診断があればすすんで行いましょう。

猫さんより

健康診断の意義は第一に病院の儲け

特定健診始まって、医療費減るどころか

4兆円増えました。再検査項目もCT指定

どう考えても、レントゲンで向きかえれば見える部位なのに・・・・

但し、健康管理の為健診は受けましょう。

ツムラさんより

例えばですが通院で投薬してると結果に反映される場合とそうでない場合があると思います。メンタルヘルスを声高くしてる割りには精神をやんで投薬中の方に配慮がされなかった為に残念な結果になってしまうケースやバランスを考えずに、ひたすら運動を、推奨した結果、突然死に至った方、最近、多いのが更年期による自律神経失調や高血圧等、一過性だったりしますが体長不良を数字で確認出来る術が限られてます。対策についてのリスクを負いたくないでは健康診断は受診さえすれば法的に問題がないだろうとなると思います

匿名さんより

提出するため書類のためにまた同じの受けなきゃいけないってことですか?
それなら変ですね。

早く血液だけでガン診断ができるキットを普及させて欲しいなー。
あ、生活習慣病は診断できないかー
どの項目も健康なら御褒美進呈制度があればガンバルかもな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。