【news】報道の在り方に提言しよう

= 何かさん =

TOMMYさん いつもお世話になります。
災害のニュースに遠く離れた沖縄にいて何も出来ない自分が嫌になります。

色々な情報があって(繰り返し放送される場合もあって)被災地の方々自身状況がつかめない、例えば親戚がいる地の情報、避難所にいる方々への支援状況、偏りがあったりするなど、後日分析するとそんな状況だったと知らされてTVを見ていて報道の在り方、何か状況を改善させることの出来る報道、リストなど視覚化出来ないものかと考えています。

視聴者として何か報道の在り方に関して提言(要望)を出してもっと報道各社の情報共有とか協力体制を望んでいます。
ただ、状況を見せるだけで終わってほしくない、検証するのは後日にして、人命の救出、現状の改善、回復をすぐに取りかかれるような(自衛隊、警察への)協力をしていって頂きたいと思っています。
また、過剰な撮影についても控えて欲しい場合など提案や要望もあってもいいと思います。

皆さんの災害時の報道(メディア)の最大限の活用について何か思うことがあったら意見交換して報道機関に要望していきませんか?
急ですが、沖縄のうわさ話から提案していくことが出来たら私達のコミニュティーがもっと素敵なものになるのではと思います。
TOMMYさん、何卒宜しくお願いします。

16 Comments.

匿名さんより

今回のやつで、屋根に避難していた方々を撮影していたところ…流されて屋根から落ち、さらに流されて、一人は歩けるところまで行けてもう一人はってとこでボソッと発言された男性キャスター?

仕事だろうけど、二次災害にならないようにかもしれないけど、どうしようもできない状況だったかもしれないけど、助けることができない状況で…
それでも撮影続ける…

撮影よりも人命救助してほしいと思わずにはいられませんでした。
その撮影されてた方々が助かったから良いものの、
助からなかった場合は?
とても悲しいと思いながら報道とは…って感じずにはいられませんでした。

匿名さんより

報道ヘリは過去の教訓を活かし、救助ヘリより高い上空を飛んで、救助を求めている被災者情報を救助隊に連絡しているそうですよ

匿名さんより

カメラをひいたときに、遠くから望遠カメラで撮っている様子がうかがえましたね。

匿名さんより

そうですね。
私も思いました。
東日本大震災の時も、津波が迫ってきてるのに、そのことに気付いていなかったのであろう
学校のグラウンドに生徒が大勢集まってる姿が映り、
思わず、早く逃げて!ヘリの人教えてあげてよ!ってテレビ見ながら何度も言ってました。
あれは本当になんとも言えない気持ちになりました。

匿名さんより

どんな綺麗事並べても視聴者が観たいのは最新の情報(映像)。
何でもかんでもマスコミを悪者にしようとする考え方は良くない。
マスコミの映像を頼りに助かった人もいるんだからさ。

匿名さんより

今の報道機関の対応は迅速で適切です。真実の映像を報道する事により物資支援や復興のボランティアも集まります。報道機関は人命救助のプロではありません。最近の報道機関なんか変わっているの分かりませんか?天気予報の時間枠が昔より多くなっています。今回の大雨も災害が起こる前から繰り返し報道していました。事前に危険を報道する事こそが報道機関の最大の仕事だと思います。今回は報道をみる限り災害が起こる前から再三注意を促していましので報道機関はやるべき事はやったと思います。
あなたは報道機関に何を求めているんですか?報道関係者も私達と同じサラリーマンです。人命救助までさせるのですか?災害本部もテレビからの生中継をみて情報を得ているのですよ!報道関係者は悲惨な現場を直視しているので私達より心が痛いはずです。この場で報道機関に要望する事は悲惨するのと同じです!それよりも私達は何をやるべきか?を考えた方がいいのでは?

匿名さんより

私はNHKと民放を見てましたが、民放は視聴者と同じ目線での報道に比べ、NHKのアナウンサーは仕切りに、取り残された人へ呼び掛けてました。
それには、感動しました。
ライフラインが閉ざされてもラジオは聞いてるかも。
NHKには批判的な私ですが、本当に被災者になった時はラジオから興奮したアナウンスで報道を聞くより、NHKのように呼び掛けられたら、落ち着いた行動が出来るのでき、必ず助けてもらえると諦めず頑張れると思いました。

匿名さんより

果たして被災地の救助を求めている被災者にテレビを見る余裕があったかね。
所詮、テレビの前で綺麗事並べるしか無いのに、誰が悪いとか第三者の我々傍観者が言うべき発言じゃない。
出来ることは物資支援くらいでしょ。

何かさんより

皆さんコメント有難うございます。
批判するつもりはなく、報道機関にこんな協力してもらえたら皆が助かるのでは?といった
提案を出し合えたらの気持ちからなのです。

データ放送とても便利です。例えば災害時、掲載する情報をもっと増やせないかという提案。天気や警報の他に、ライフラインの状況、復旧の目途、各避難所のおおよその人数、物資援助情報を掲載するとか、その地域の情報を数値化し掲載することで、もっと救助の効率がよくなるのではと思います。
報道機関の方々から実現可能な提案をして頂くことで掲載内容をもっと充実出来、自治体、警察、消防、自衛隊の情報共有が可能になり、迅速な対応に近づけるのではと思います。

また、逆に自治体、警察、消防、自衛隊の方々からの要望を緊急時に設置された情報センターに集約し各報道機関へ対応、協力依頼することで更に迅速な支援体制になるのではと期待しています。

現実、非難している方々は停電していることが殆どで得られる情報はラジオかと。
ラジオの実現可能な情報共有、迅速な支援体制について皆さんからご提案頂けると嬉しいです。
宜しくお願いします。

匿名さんより

 こんな時に高みの見物烏合の・・・・・・
ああだこうだいいたいほうだい

匿名さんより

主さんには同意できません。

私は自分ができることを考えます。
報道のあり方は問題ないです。

匿名さんより

主さん大丈夫ですか?二回目の投稿見ましたが既にやっている事ばかり並べていますよ!避難所にレポーターが被災地にインタビューしていますが放送される時間は僅かですがレポーターやカメラマンは長時間います。その際に今はこういう状況になっていると情報提供しています。ラジオだけと言うわけではなくスマホのワンセグでもテレビ見れるはずですし

匿名さんより

スマホのワンセグ?
天災時の緊急事態ですよ?
よく考えてください。

何かさんより

色々なコメント頂き有難うございます。「こんな時に・・」とおっしゃる方にはっとしました。傷心の方々に寄り添っていないかも知れません。大変申し訳ありません。

 「明日は我が身だ」と怖くなり、「なぜそうなってしまったのか?」を突き詰めたい気持ちからこんなことが必要なのではといった情報共有のことについて私達自身が考え国や県、自治体に向けて発信、要望することも大事かと思い皆さんのお知恵というか、こう思う・ああ思うといった色々なお話が出てくるのを期待していました。

 情報分析、技術的には日本はどこの国にも劣っていないけれど、周りの様子を確認しながら行動する気質があるので、色々な選択の場面で疑問に思いながらそうしたりしなかったりしている自分がいます。なのでそんな「だろう」で行動するのではなくしっかりしたデータに基づいた行動を指示するレベル数値化の指標を示すことで迷いなく行動出来るのでないかと思ったからです。
 海外の災害に対する考え方や最新のやり方などを参考にしながら、行政の縦割りを一掃して
垣根なく機敏に動ける体制を整えていって欲しい。その為に一般の事業所からの情報や報道機関の情報提供をあらかじめ協定して災害時に役立てられることを切望しています。
そのためにはかかった費用は国や県が負担するとかリスト化や事前協定も必要だと思います。
 玄人の災害の最前線で頑張っている方々からの提案がベストだと思います。
職務の制限などで歯がゆい思いをしたり、こんなシステムを構築したらもっと効率良くなるといった案など、現場の方々のアイディアはすぐに活かしているのか、上司を通してからじゃないとダメとかあるのでしょうか?

素人なので素朴な疑問しか浮かんできませんが、より活発な意見交換が出来て災害軽減や対策に繋げていけたら何よりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です