【ペット】猫のノミ駆除薬はなにを使っていますか?

= ねこさん =

猫を飼っている方へ質問です。ノミ駆除薬はなにを使っていますか?
現在8キロもある猫を飼って巨体のためレボリューションの小型犬用を使用していますが2000円近くするため続けるのがキツイです。。

できればレボリューションのようにフェラリア予防もでき効果があるのがいいのですが。購入先含めお手頃価格のいいのがあれば教えて下さい

10 Comments.

匿名さんより

猫さん、お外にも行きますか?
ウチは完全家猫なので月に2・3回お風呂入れてますがノミいませんよ!
ウチも飼い始めは駆除薬使ってましたが、猫の身体にも良くないらしいしお金かかるし、お風呂いれたらノミいないし。でやめました。
一応、猫用ジャンプには「ノミダニとり」と書いてある薬用を使ってまーす。

匿名さんより

フロントラインを使ってます。
動物病院で売ってるので試して下さい。
効果は1月ですが年に2~3回で十分ですよ。

匿名さんより

うちの猫達は完全室内飼いですが、私や家族が屋外に出た際にノミを運ぶ可能性もあるし、蚊がフィラリアを媒介する心配もあり、レボリューションのEU版「ストロングホールド」を利用しています。

ペット医薬品の海外個人輸入代行 うさパラという通販サイトで猫用6本入りで\4,825(送料込み)と格安です。

ちなみに小型犬用ストロングホールドの値段は

6本入り \5,072(送料込み)
12本入り \9,403(送料込み)

レボリューションだと

3本入り \3,864(送料込み)
6本入り \7,199(送料込み)
9本入り \10,512(送料込み)

海外からの発送なので到着まで2週間ほど待ちますが価格が安いので良しとしてます。
参考までにURL添付しますね

http://usapara.org/products/c?cid=4

匿名さんより

主です。
週2ほど外にだしてます。。
なので毎月薬をやらなきゃいけなくて。。

匿名さんより

みなさん、有り難うございます!
am11:35さんの格安サイトにびっくりです!これでしたらぜんぜん2w待てますね!
ちなみに。。普通のレボリューションとEU版「ストロングホールド」の違いをご存知でしたら教えていただけますか。金額的にEU版「ストロングホールド」が魅力的なんですが使ったことがないので心配なので。。

どぅしぐゎー 2015年11月8日 at 11:35 AM ですさんより

うさパラさんは格安で多頭飼いの我が家には有難いです。

レボリューションとEU版「ストロングホールド」の違いですが

ストロングホールドは日本で販売の『レボリューション』のヨーロッパ市場版で、 名前が違うだけで製造社も Pfizer(ファイザー)成分も使い方もレボリューションと全く同じで違うのは名前と金額のみです(笑)

匿名さんより

かかりつけの獣医さんでもらってます。体重によって必要な容量があるみたいで、うちのデブちゃんには子猫ちゃんのより大きいパウチのをもらってます。市販のも使用したことありますが、効果はやはり獣医さんのがいいですね。市販のは効果が短い感じです。

匿名さんより

まったく同じなんですね〜!よかった!即買います!
ほんとこれでだいぶ節約になります。聞いてよかった!
自分で調べてください。っていう方もいらっしゃいますもんね。笑
親切な方に出会えてよかった!
本当にありがとうございますー!

am9:33さんもありがとうございます!
獣医さんにすすめられたものはほんとちがいますよね!
効果抜群!

島ナイチャーさんより

ウチは室内飼いですが、主さんと同じくメインはレボリューション使っています。
一年中、蚊がいる沖縄ではフィラリア怖いですもんね。
ときどきアドバンテージやコンフォーティス(服用薬)も使います。
フロントラインは効果がイマイチな感じがして、全く使わなくなりました。

現在のところノミ駆除のほか、フィラリアや疥癬、回虫などにも効果があり
汎用性が高いのはレボリューションだけだと聞いています。

我が家は他頭飼いなので、やはり節約のために「うさパラ」と同じような
個人輸入代行サイト「輸入KENT」を使っています。
たぶん値段は「うさパラ」とあまり変わらないと思いますが、私があえて
「輸入KENT」を使っている理由は、ここのレボリューションの輸入元が
アメリカで有効成分のセラメクチンが12%入っているため。
日本を含めたアジア圏で販売されているものは、セラメクチン6%になって
います。

アメリカからの輸入レボリューションも猫用は体重2.5~7.5kg対応になって
いますが、有効成分が2倍量入っているので主さんの大きな猫ちゃんでも
十分に効き目があると思いますよ。
ウチでは猫用1ピペットを2頭に使っています。

ちなみに犬用と猫用の違いですが、薬の有効成分は変わらないものの、溶媒は
犬の油っぽい皮膚に適したものと猫の乾燥した皮膚でもしっかり全身に行き渡る
ようにしたものというように違う溶媒を使っていると聞いています。
なので犬用を猫に使うと、少し効き目が落ちるかもしれません。

それと余談ですが、ノミが媒介する体内寄生虫で瓜実条虫というものがあります。
また、お外でヤモリやカエルなど爬虫類を口にするとマンソン裂頭条虫がわくことも
あるので、定期的に検便をしてお腹の中にも虫がわかないように気をつけてあげて
ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です