【教育】インターナショナルスクール沖縄

= 7さんさん =

悩みに悩んでの投稿です。
那覇市にあるインターナショナルスクール沖縄に通わせ
てるかたいらっしゃいますか?
通わせた切っ掛けや現在の状況を教えて下さい。
私が英会話や英語に苦手意識があり子供には違った世界を
見せてあげたいと思ってますが、やはり保護者も英語が出来ないと
厳しいですか?
2歳児からでも入学可能らしいのですが実際に入学させた
方のご意見を聞かせて下さい。
お願い致します。
利点と難点を聞かせて下さい。
パンフレットは全て良い事(利点)ばかりなので実際の感想が知りたい
です。
因みに小学校も中学校も通われてますか?
宜しくお願いします

12 Comments.

匿名さんより

保護者は全然英語できなくても大丈夫です。
文書は英語で配布される事もあるようですが、辞書ひけばわかる程度だと思います。
幼児から通っている中学生の親戚がいますが、
今後英語で困る事はないでしょう。
継続は力成りで、親がぶれない教育方針があれば大丈夫だと思います。
経済的理由や転勤、中学からは私立等で辞める子が多いみたいです。
難点は同級生が少ない、部活等がない、月謝が高い事だと思います。
2~3年通わせるだけではあまり意味がないと思います。

匿名さんより

2人の知り合いのお子様が数年間、通われてました。どちらも公立小、その後は私立中です。費用が見合わないのと卒業後を考えると子供の性格からして友人関係や日本、沖縄で生活するにも視野も狭くなる気がしたそうです。県内の他のインターも同じ様に大学も帰国子女枠で県外に入学しても楽しめずに帰沖してます。インターを選ぶ時に先まで考えた方が、私立とは違う迷いがあるそうです

匿名さんより

英語習得だけにしぼるならいいかもしれませんが、那覇のインターはかなり日本人多いです。またその後のコース、県外の有名な大学進学などを考えるならカリキュラム的にここだけでは間に合わないでしょう。ぶっちゃけて言うと費用が高い割に見合ってないというか、、うちは小学校で辞めました 幼児に運動量が少ないのも不満で。理念やパンフは立派ですよね

匿名さんより

主です。

貴重なご意見ありがとうございます。
他のインターナショナルスクールに比べても
高額な気がします。
運動量は気になりますよね。
小学校部から公立や私立に行かれても違和感なく馴染めましたか?
宜しくお願いします

匿名さんより

バカロレア教育なので、日本のガリ勉式大学合格をゴールとする方には不適応です。
逆に、己で考え発信する力がつきます。
論理的に考え、探求していく形の授業ですね。
海外の大学では有利ですし、将来人前でプレゼンするような場面などで良い影響が期待できます。
国内有名大学に進学することが目的ならおすすめしません。
公立と並行して塾へ通い紙の問題をひたすらする子と比べて、偏差値的なものはぐっと下がります。

保護者が学力を「偏差値・大学進学のテストの点数」
と捉えるのであればこの学校はあまり役に立たないですし、
学力を「自立してグローバルに意見や議論ができるようになる。」と捉えるのであればおすすめする学校です。

学校に運動場がないので運動不足気味ではあります。
小学生のうちはのびのび走り回ってほしいという方にはちょっと残念かな。

匿名さんより

学内でもバカロレアが身についている子と身についていない子の差を感じます。入学時期に関わらず。やはりお子さん次第な気が。英語力も然りで。
馴染める馴染めないって海外から来た子とかでなければ、
問題ないですよ。

匿名さんより

グローバルにバカロレア 自分の子供に合うかどうかです。外国語の弁論大会とかでも外国語がネイティブな家族で育っても優勝したりすると、ネイティブな家族はいなくて語学学校や通信で力を付けても同じ土俵なの?なんて思います。相撲でもずっと外国人力士の優勝だったから日本人、国技だから頑張ってとか思います。何だかんだ日本人には気質があると思います。私の会社もTOEICを大はしゃぎしてましたが実際に沖縄に来てる外国人は英語ではない母国語を話すのが大半。使えないですよ

匿名さんより

子供を通わせています。

英語習得だけが目的なら続かないかもしれません。
日本人が多いのは、元々日本人(沖縄)の子供達をグローバルに活躍できる人材を育てる事が目的だったからです。
バカロレア教育は世界中で注目されているため最近は海外の方も増えています。
全てに満足できる訳ではありませんが、沖尚学高等部(沖尚のバカロレア)まで行って一貫してあたバカロレア教育を受け、将来の夢のために海外・国内と大学の選択肢が広がればと思っています。

学校では空手クラブ・ダンスクラブ(有料)と外部でサッカーやスイミングなどをしています。
ほとんどの子が習い事をしていますし、公文・塾・家庭教師などで公立の教科をカバーし中学受験組は受験勉強をしています。

中学受験は、沖尚が中心ですが、小学6年生で英検準1級をとって立命館宇治中等部(バカロレア認定校)へ進学した子や、イギリス、スイス、の学校に進学したりアメリカに転向したりしています。
中等部は去年一期生が卒業し沖尚の国際科バカロレアコースとハワイのバカロレア認定校へ、今年は沖尚の国際科バカロレアコースへ進学しています。
ただ、一条校ではないので内心が出せないので公立高校受験はかなり厳しいと思います。

沖尚は今年から開始された東大や京大の推薦入試に合格者を出しています。
東大・京大を始め殆どの大学が推薦入試の条件の中に国際バカロレアディプロマが入っていて、基礎学力が必要なのは当たり前ですがこれからはプラスなると思います。

匿名さんより

こちらは一条校ではないし、バカロレアも中学はない。よく検討したほうがよいですよ。

匿名さんより

貴重なご意見を投稿していただき有り難うございます。物凄く参考になりました。
受験の事も考えて入学を検討してみたいと思います。
有り難う御座いました。

匿名さんより

今からの子供なんでグローバルではなくダイバーシティが理解出来てた方が良いと思います。

匿名さんより

沖縄インターナショナルスクールにも中学はありますよ、中学はバカロレア候補校ですが一条校ではないので公立の高校を受験するには不利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です