【ユタ】33回忌、土地の神様に拝みをした方がいい?

= ミンタマギールーさん =

32年前、父が自ら命を絶ちました。

今年が33回忌にあたります。父が亡くなった土地から離れて生活していますが、33回忌にあたる今年は、亡くなった土地の神様に拝みをした方がいいと言われました。

3回忌、7回忌とか、今まで一度も、その土地に行き拝みをした事がありません。

お仏壇やお墓の事は母がしっかりやっていますが、父は亡くなった場所でさまよったりしていないのか、成仏していないんじゃないのかと気になっています。

こういうことに詳しい方、是非アドバイスを下さい。お願いします。

4 Comments.

匿名さんより

700です
父の命日と神は別物です
必要ありません
仏壇に手を合わせ
墓参りに行きましょう
仏壇事をしてるなら
家に地縛してるはずはありません

どぅしさんより

事故死したり自死したりすると、土地を汚してすみませんと、その土地の村神に侘びの拝みを入れるんだよー
と聞いたことあります。

まずは ご自分でやってみては?
そのあと 拝みが通ってるか、聞きにいってみるとか。

匿名さんより

拝みしたほうがいい・・というのはどなたに言われたのでしょうか?
仏壇事専門のユタとかに言われたなら、拝み方をきいてからでもいいと思います。

お母さんが仏壇とかお墓のことをきちんとやっていたなら
亡くなった時にぬじふぁもしてると思うので、さまよってはいないかも。。。
専門のユタならそのへんもちゃんと見てくれると思うので、一度判断とってもらってもいいかも。

ミンタマギールーさんより

コメントありがとうございました。土地の拝みをした方いいと言う話を聞いた事があると、友達から言われて気になっていました。近いうちに知人の紹介で、ユタさん(?)に相談できる事になり、会う予定です。インチキを言ったり、高いお金を取ったり…と、完全に商売にしている方ではなく、信頼できる方だと聞いているので、相談してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です