【仕事】軍雇用ー面接後のリファレンスチェック

= One More Stepさん =

現在、トランスファーでキャリアアップを切実に願う者です。

今まで面接を受けリファレンスチェックで上司に連絡が入り、その上司も多分採用決定と言って騒がれ大変な思いをしたが不採用。

それが3回目(2回目まで同じ日本人上司、3回目はアメリカ人上司)になりました。

面接中は大変良い感じだったし、相手側とも波長が合っていたのに、何故かこのような結果なる原因を知りることができれば今後の糧なるのですが。。。 

職種は専門職でプライバシー厳守です。どなたかお知恵貸していただけますでしょうか。

8 Comments.

匿名さんより

技術職はほぼ今でもコネですよ、私の旦那もコネで軍雇用員で頑張っています。
トランスファーもコネの力があるらしく班長の知り合いや、知り合いの知り合いじゃないと難しいみたいです

匿名さんより

リファレンスチェックまで言ってるのなら最終の数人に選ばれてるという事でしょう。

たいがいあなたの経歴が弱いか、その仕事に近い経歴から長い間遠ざかってるかとかではないですかね。やはり現役や今それに近い仕事してる人が有利です。

あと、コネって逆に悪いコネもある事ご存じですか?
誰かがトランスファーしようとする時、沖縄では探せば誰かと繋がるんです。
悪い情報は簡単に入ってくるのです「あの人採用辞めた方がいいよ」と。
普段からの仕事ぶりや、ミスをした場合の処理をきっちりしておかないとどこで悪い風に言われるかわかりませんよ。

採用無いなと思う人とも和やかに面接は行うので「感触」「波長」はあまり参考になさらないでください。

あ、先出のようにメンテ等の技術職は犯罪歴さえなければという部分もあるので、残るは人当りでしょうから、知らない人よりは素情を知ってる人の方がいいのでコネも有りでしょうね。

沖縄人さんより

専門職というのであれば ○○○ Specialistというタイトルの事務職だと思いますが、
reference checkはあくまでも現在の職場での評価を参考の一部として得ているだけだと思いますので、そのreference checkの連絡があったからと言って採用になるわけではないと思います。

自分もSpecialistというタイトルが付く事務職に2回就きましたが、どれもreference
checkはありましたね。一つは一次面接があった翌日にreference checkの連絡が上司にあり、その翌日に二次面接に呼ばれ採用されました。

もう一つは採用が決まった後にreference checkが上司にありました。自分もこれまで
何度も不採用だった経験があるので主さんの気持ちはよくわかりますが、結局最終的には
採用の権限がある上司の好みで決めている可能性が強いです(見た目やしぐさ、話し方等)。
同じスキルの面接被験者が何人もいれば必然的にそうなってしまうのは仕方ないかも
しれません。。。

それと、最初のコメントのどぅしぐゎーさん。自分の経験談でもない上に、主さんに
とって全く役に立たない情報だと思います。自分の経験談&実用的なコメを載せましょう。

匿名さんより

グンコの皆さんはほとんどコネだけど、コネの人に限って他の書き込みにケチをつけるの得意ですよね!

匿名さんより

>>グンコの皆さんはほとんどコネだけど、コネの人に限って他の書き込みにケチをつけるの得意ですよね!

はい、はい ┐(´д`)┌

匿名さんより

コネで入って頑張ってる人見たことない。

コネ雇用は結局甘えてて事あるごとに理由つけて早く帰せとせがむ。
台風向かってるから帰せ。
大雨だから帰宅命令出せ。
停電したから何もできないから帰せ。
翌日祝日だから今日早く帰せ。
休憩時間にジムで運動、昼時間明けは弁当食べながらパソコンで仕事してるふり。

こんな職場コネ使ってでも入りたいよね。

匿名さんより

技術職はほぼ今でもコネですよ
コネでグンコになれたのに威張ってるし、実力でグンコになった人達がかわいそう

GHQさんより

なんでこんなに沖縄では軍雇用が人気なんだ。東京に行けば同じような条件の仕事っていくらでもあるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です