【仕事】製造業振興にこだわる理由は何ですか?

= スレ主135さん =

こういった掲示板への投稿は久々になります。
一週間ほど前ぐらいの、本土復帰にまつわる琉球新報の記事や論調に少し意見したくなったので、こちらに投稿します。
個人的にはこういった場が“馴染み”なので。以下、長文です。
 
沖縄と本土との経済格差がなくならない理由として、一次、二次、三次産業に分けて行う経済分析を用いて、二次産業である製造業が占める割合が少ないからだ、と結論づける識者が多いように感じます。
これ、本当にあっているんですか?近年ではとても的外れで、時代遅れな経済分析による論調な気が個人的にして、とても違和感を感じます
 
沖縄で優秀な人材育成に取り組んでいると言われる開邦や昭和薬科で、製造業への就職を意識したキャリア教育や進路指導とかしれいるんでしょうか?
かつては半ば無理矢理に“優秀な人は医者になる”“優秀な人は公務員になる”という的外れな思い込みで進路指導がなされていたとは聞きます。
 
ここ最近だと、若干は状況も改善され、“医療業界にまつわる士師業”
“公務員だけでなく、同じく法律を扱う法律系の士師業へ”
“沖縄県庁といわず、中央省庁へのキャリア就職で官僚へ”といった具合にある程度の幅を持たせて柔軟に対応はしているかとは思います。
 
が、その中に“製造業”にまつわる選択肢は一切含まれていません。
多くは医療業界や法律系の士師業または中央省庁も含めた官公庁就職が意識されているはずですが、それらは全て“第三次産業”です。

トップ教育が第三次産業の振興にリンクしているなら、沖縄の産業構造も第三次産業が占める比率が高くなるのは当然ではないですか?
それの何が良くないんでしょうか?
ミクロの教育現場では医療業界や法律系の士師業への就職が推奨されながら、マクロの話になると突拍子もなく“製造業振興”が出てきます。変ですよね?
 
経済の識者を自認するなら、できもしない製造業の振興なんて唱えず、ミクロの教育現場の意向を組んで、医療産業や法律系士師業の振興に取り組むのが手っ取り早くないですか?
薬学部を設置して薬剤師を育成したり、製薬工場を誘致して製薬産業を振興したり、官公庁の法律にまつわる仕事を法律系士師業に投げて、法律のコンサル業を振興したり、といった具合にです。これ、やってないですよね?
 
第二次産業の振興にこだわる理由は何なんでしょうか?
(本当はもっと書きたいことがあるのですが、ここで止めます。)

40 Comments.

匿名さんより

法律系、医療系の士業も薬剤師も健在も今後も全体的には余ってくるであろう職種になりつつありますし、県内全体の景気を押し上げるには個人単位過ぎて弱いですね。
小さい製造業者ではなく、世界に通用するような企業を誘致できたら、やはり税収の面、 大規模工場なら雇用の確保や優秀な人材の流入などもメリットになりますし、県民所得の増加も見込めるからではないでしょうか。

トヨタのお膝元と他自動車メーカーや他大手メーカーの誘致に成功した自治体にそれぞれ住んでましたが、トヨタのお膝元はとにかく関連企業もたくさんありますし、雇用面はもちろん世帯収入も沖縄よりはるかに高く、県自体も潤っているので、公園や子育て環境への投資も大きいのでかなり整備されていましたよ。

世帯収入が高いということは、子供の教育に対する意識も其れ相応です。
公立高校の進学実績で東海地方が高いのは裏を返せばトヨタの力もあるでしょうし。
もう一つの自治体もトヨタよりは、スケールは小さくなりますが世帯所得や子育て、教育環境はすごく良かったですね。
いったん海外に赴任して戻ってくる世帯も多かったです、ら

が、日本の電機メーカーは今や世界的に見れば部品メーカーになりつつありますし、自動車メーカーもこれ以上の投資はないでしょう。
造船、鉄鋼などももう先行き不透明ですよね。
沖縄に大規模な投資のできて国際的に競争力のある企業が来れば流れも変わってくるでしょうが、それができる企業がほとんどないでしょう。

中国に近くなりつつあるのは、そういった投資のできる企業がかなりあるということでしょうね。
それがいいか悪いかは別問題ですが。

匿名さんより

1です…よく見たらすごい誤変換と脱字ですね。
すいません。ニュアンスで汲み取っていただけるとありがたいです。

匿名さんより

底辺層には製造業がピッタリ、ムダに人手が必要だし
無知な大衆に仕事を与えるには製造業ほど相応しいものはない
医者なんて5千人に一人でも多いぐらいだ

匿名さんより

難しい事は分からないですが島という特性柄仕方ないのではないでしょうか。

第一次産業の資源等は無いし、第三次産業はこれ以上医師や弁護士等の供給が増えても需要が増える事は無いと思いますし、観光業もこんな小さな島では頭打ちだと思ってますし、それなら経済特区とされている沖縄では企業を誘致し製造業を活性化して外からの受注を増やせれば県外から県内に経済が回ってくると思うし雇用も増えると思っています。

今景気の悪い日本が外国からの観光客が外貨を落として経済を活性化させようとしてるのと同じように、沖縄も企業誘致で県内にお金が来るようにしてるのではないのかなぁと思っています。

主さんは第二次産業以外でどうやったら沖縄が活性化すると考えてるのか教えてもらえますか?
色々な考えを聞いてもっと色々と考えてみたいと思います。

これを機会に少しでも考える人達が増えていけば沖縄も少しは変わる事が出来ると思います。

匿名さんより

水がネックだと昔は聞いてました。ダムも増えました。しかし実は水だけでなく気象が世界のワーストスリーレベルに過酷だそうです。物を本州から運んで来たら使う時には錆びてる、カビてる。太陽、湿度、亜熱帯な南洋諸島に近いのです。物を本州から経由する時の一時保管や経由など物流トランジット以外は産業にならないと思います。また島が小さいので廃棄物の処理場がなく、県外に頼ってる部分も大きいそうです。人が住み産業を考えると廃棄物処理出来て可能なら再生等まで出来ないと厳しいです。でも土地がないのです。

匿名さんより

そりゃ主さん、開邦、薬科行く人はごくごく一部ですよ。それ以下の人たちの多くの働く場所が必要なんですよ。
私はそれよりそのタイムスこ特集で親族企業は利益を還元している事実はないで〆ていた論調がおかしいとおもいましたね。

匿名さんより

製造業が他産業と比較して労働者の吸収率もイイし、設備投資のコスパも高いし、他社との差違化や高付加価値化を図れば生存率も高く、部品から製品までの城下町が出来れば一番いいよね、長年の悲願だけど、アルコアの時みたいに本土に妨害されるから、まずないね

匿名さんより

2次産業が盛んになるのが就業と所得の安定化に直結してるからもっともおいしい誘致なんです
しかし国内企業は労働賃金が高く輸送コストも余計に掛かる沖縄を敬遠します
沖縄に作るぐらいなら東南アジアで現地の安い労働力を利用し安い海運を使ってコストを削った方が理にかないますから

稲嶺元知事は助成金をつけてたくさんの内地の中小企業にまで足を運んで沖縄への誘致を行ったのにほとんど効果はありませんでした
誘致に応じたのはコールセンターや観光など3次産業ばかりで県の景気対策は難しいですね

スレ主135さんより

>5/21(金)20:06

法律系や医療系の士師が過剰になるといった根拠はどこからでしょうか。
“歯医者はコンビニより多い。コンビニより需要がないから歯医者過剰で
歯科業界はヒマになる”というデマが歯科業界で、歯科医の危機感をあおる
ために流れてましたが、そういった事実は全く起きていません。

那覇市久茂地はコンビニより歯医者が多い地域ですが、
経済不安も、ヒマしてる歯医者も一切いません。常に歯医者は予約で一杯です。

法律士業も、潜在需要はおおいにあるのに、単純に供給が伴わず、
強引な公務員就職への斡旋が影響して、本来弁護士になれるはずの人が
県庁職員になったりしている現象が一部で存在してないでしょうか?

そういった機会損失や不毛な雇用ミスマッチが沖縄の雇用状態に
悪影響を及ぼし、ひいては雇用の機会損失を起こしてないか、といったことを危惧しています。

もう一つ。
製造業の代表例としてトヨタを引き合いに出していますが、
トヨタ工場のボトム(下位)層を見て“製造業は素晴らしい”といってるなら、
とても早計な気がします。トヨタ工場のボトム層が作る自動車の設計図は
誰が書いているんですか?そのイノベーションに満ちた素晴らしい商品を
誰が売り込んでいるんでしょう?

製造業の中における機械製造業を振興するのであれば、
商品を設計するトップと、トップの意向をある程度くめる営業としていてのミドルがいて、
商品が売り込めてこその下位ラインにおける製造工程があるんです。
沖縄の開邦、薬科出身の優秀な人の中に、すばらしい機械製造の設計図を描いている人が
どれくらいいるんでしょう?

医療や法律系の士師として育成されているのに、
突如として“機械製造の仕様書を作って、内地から仕事取ってきて”と注文しても
戸惑うばかりでとてもできる話ではないですよね?
開邦、薬科の生徒に自動翻訳機や自動運転システム自動車や空飛ぶ車を
作りたいと思っている人はどれぐらいいるしょう?

ほとんどが医療や法律の士師になるよう刷り込まれる現状では、
機械製造業のトップとして仕事を生み出せる人を沖縄から輩出することは
不可能ではないでしょうか。それなら、やることがすぐ分かる医療や法律コンサルの
仕事を増やす方向で経済システムを設計するほうがいいんじゃないかと私は思うわけです。

匿名さんより

シャープをはじめ家電の衰退を見ると
製造業が沖縄に来なくてある良かったと思うよ。
税金使って誘致してたら
人件費だけでなく設備費も投資した費用を回収出来なくて大変なってたはず。
仲井真さんに救われたよね。

匿名さんより

政治家は100年先みて社会設計しないといけないのに本土のフラー政治家と同じ目鼻の得票数だけで辺野古受入して経産省OBとは思えないポッテカスー、沖縄政治史最大の汚点

スレ主135さんより

>5/21(日)23:16
>2次産業が盛んになるのが就業と所得の安定化に直結してるからもっともおいしい

二次産業が盛んな愛知県を想定して“製造業はおいしい”と
考えているなら、それも短絡極まりない考えだと思います。

愛知県では、国内で安く使えるボトムがいないから、
近年では中国、南米などから多くの日雇い労働者を誘致しています。

過疎が進んだ地域の公営住宅に、そういった外国人労働者を住まわせる動きが一部でありますが、
従来から居住する地元住民との軋轢が起きたりして、様々なトラブルが起きたりもしています。

沖縄の人は、南米や中国の人よりも安く使えたりするんですかね?

魅力的な機械製造の設計を起こせる人がいないのに、
ボトムの単純労働する人は南米や中国よりも人件費を下げないといけない。
だとしたら、機械製造の工場を誘致した時点でものすごい格差が存在することを
受け入れないといけないですよ。魅力的な機械設計を起こす人のために、
ボトムとして単純労働する人は、ものすごい給料差が起こることを
受け入れてもらわないといけません。そのことは了承済みということでいいですよね?

匿名さんより

それぞれの出身者が、それぞれの分野で、
中央官庁や国会議員でで政策立案できるほどの人材育成は必要です。
(沖縄出身者でそのような仕事をされた方がおられたら教えてください。)
しかし、士・師業で、人材供給ばかりで、沖縄がすっからかんになっても困りますしね
(復帰前の留学生や復帰後の有名大学の卒業生は何%ぐらいUターンしていますでしょうか?)。
第二次産業でも、例えばウコンの飲み物について考えてみましょう。農産物は沖縄で作れるとしても、
瓶は県外から仕入れるんですか。そうして、また県外へ運んで売るんですか(輸送コストは2倍。永遠に補助金が必要となります)。そして、ある程度沖縄県内で売れて(ある意味毒見して、人が飲んでクレームがなくて、「これは行ける」と思った製品は今度は、県外メーカーの参入となるわけですね。
第三次産業のことを考えると、台風の問題があります。風雨でなぎ倒され溶ける野菜、塩分がかかって茶色になっていく植物を見ると、どうしたものかと思いますが、大局的にどうすればいいのか、考えあぐねているところです。

匿名さんより

一次~三次産業まで、人間が行うことを考えれば課題は山積みですよ。
二次産業も高度になると、人材の大半は本土から、ということになりませんか。
帰省時の交通費は?、子供の進学で家族別居は?

沖縄が住みやすく、移住者が増えれば、いつまでも低賃金でもないでしょう?
東南アジアで売るものは現地で、東京で売るものは東京で生産したいはずよ。

匿名さんより

100年先は無茶苦茶だわ。
100年前の人が今のスマホや通信や電子機器の発達を予測出来たかしら?
想像出来たのはSF小説家とかくらいじゃない?そんな人に政治家は向かないし
政治はまかせられないわ。

匿名さんより

愛知は南米からの労働者が事件を起こして大変だと聞きます。沖縄もそうなるのも近いのかも。余所から来て荒らされるの嫌です。

匿名さんより

二次産業は外から儲けを持ってくるからだけど?
沖縄のような離島県で三次産業だけでは外から利益を引っ張って来にくいからね。
県内だけで金を回しても豊かにはならない。

スレ主135さんより

上で書けなかったことを追記します。
琉球新報の製造業振興を求める記事の中に、
どの製造業を指してどのような方向性で振興すべき、といったことが
描かれていなかったことも個人的に不満です。

製造業といっても、僕個人で調べたジャンルだと
大雑把に「1.機械製造」「2.土木建築資材製造」「3.食品製造」
の三ジャンルがあって、それぞれの分野でやることが違います。

たぶんこのスレッドの今までの流れだと、皆「機械製造」を意識して
話を展開してます。それだと、設計を起こすトップがいない、
ボトムのガラが悪い、みたいな話の流れになると思います。

しかし、新報の記事の中では製造業振興の中でどのジャンルを
指して話しているかが曖昧です。機械製造の話をしているのかと
思うと、結論が突然 食品製造の話だったりします。

資材製造や食品製造に関していえば、内地や海外から運んできても
沖縄で使えないことがある、といった現場単位での必要性もあって、
自給自足の形で、それなりに素晴らしい商品はたくさんあります。
沖縄の食品、資材製造業で足りないのは営業力です。
食品・資材製造業について開発トップの育成は必要ないです。
だから、銀行マンが食品・資材製造企業に代わって商談会を開いたりして
売り込む場を設けたりしています。

それなりに潜在成長力のある食品・資材製造業の営業力を強化して、
既存の製造業を振興する、といった流れもあると思いますが、
製造業振興の話をすると、あるときは食品製造の話、
あるときは資材製造の話、そしてまたあるときは機械製造の話、
と次々とピントがずれまくります。
どのジャンルを指して「製造業振興が必要」といっているのか、
もうちょっと明確にしてほしいな、というのが僕個人の実感です。

匿名さんより

蟻さんが象さんをの形をうまく言い表すの難しいだろうなあ
足元にいれば足しか見えないし鼻にいれば鼻しか見ない
耳に・・・牙に・・・・
沖縄の製造業振興もピッタリ嵌まる業種もあれば的外れな業種もある

匿名さんより

沖縄の人でまだ誰もその真髄を分かっている人がいないのではないでしょうか?

琉球新報さんも最もらしいことを記していますが、何の製造業がどのように どうやって振興に直結するのかは分からないんだと思います。もしかしたら著名な経済学者でも答えを見つけるのが難しいかも知れないですね。

また熱帯、亜熱帯の国々で先進国は ほとんどないように(シンガポールは別かも)沖縄の気候。気候が作った民族性も加わり発展には不利な気もします。

匿名さんより

パインや黒糖や鰹節の製造業が過去にあったわけだけど
なんで衰退したの?
今の50代60代は学生時代、工場でバイトしたよーって話しをよく聞くよね(^q^)

匿名さんより

主さんは何か勘違いされてませんか?
子供たちがなりたい職業と、沖縄の経済のために必要な職業(産業)は別物です。
子供たちがなりたいのは個人の所得が高い職業ややりがいのある職業だと思います。
沖縄の経済を発展させるには、他地域から金を持ってこれる職業(産業)だと思いますよ。

匿名さんより

どこかに沖縄と同じような地域で、製造業として成功してるビジネスモデルでもあればわかりやすいけど。

思いつくような世界の地域は、どうしても観光を中心とした産業の発達が主ですね。
そもそも地域特性のない製造業ならあえて離島でなくともよいし、泡盛、紅型、何がありますかね?

匿名さんより

分かりやすいビジネスモデルがあると目標にはなりますが、そんなもの(ビジネスモデル)に頼らない、沖縄の独自性あふれる産業を、沖縄県民自ら作り出せると良いですね。
どこかの真似っこばかりでは…

ミントさんより

本土に住んでます。沖縄黒糖飴が大好きで毎日食べているのに
沖縄で黒糖を作っていないとか詐欺すぎる酷い。。。

匿名さんより

沖縄で黒糖作ってないとはどこにも書いてないですよ。
県内を牽引できるほどの収益がなく小さい事業者がやってるから目立たないだけです。

匿名さんより

黒糖アメの間違いじゃない?
原料仕入れて内地で作るのはたくさんありますから
それに黒糖は県外(鹿児島の離島)でも作ってるし

匿名さんより

沖縄黒糖飴で検索してみたけど
飴の部分は北海道産だったり
沖縄産は50%しか入ってないのがあるみたいだね。
なぜ100%使わないのかしら。高いの?(^q^)

匿名さんより

隣の芝生が青く見えるように、主含めここのみんなは沖縄の産業に貢献したいと思わなかったから今の仕事についてるわけでしょ?
転職して沖縄の発展に務めようとは思うこともないわけでしょ。
偉そうに想像分析してるけど、そんなの誰にでもできるし。
結局はここにいるみんなが、沖縄の産業を衰退に追い込んだんですよ。本土企業や内地の装飾を羨ましがり、逃げていったその2世達が沖縄を衰退させ、行動できないサラリーマンになり安月給に不満ばかりいう、内地企業にもたれかかる受け身でパワーのない人になってるんです。
昔の人々のほうがよっぽど沖縄の発展に力を注いできてるでしょ。

匿名さんより

沖縄の純粋な黒糖は高いですよ。
なかなか手に入らないから、都内では高値です。
沖縄だと茶菓子の黒糖は100~200円だったかなと思いますが、都内では500円だったりします。
離島の多良間島産がよく出ており、沖縄産として紹介されてます。ビタミンミネラルが豊富ですね。沖縄の人ほど地元産を愛してないように思います。勿体無いですね。

匿名さんより

連投。黒糖や塩は裕福な家庭では人気があります。
お塩に毎月1000円出すなんて沖縄の人は考えないかもしれないけど、
そういう高値な商品にはリピーターや通がおり、
なくなることはないです。ぜひ沖縄の人にはそのような商品の発展に関わってほしいです。
昔と違い、ちんすこうはアイデア満載で大部改良されて美味しくなってますね。沖縄の根本を大事にしてもっともっと良い商品に繋げていくことが今沖縄にいる人たちの役目だと思います。

匿名さんより

何を根拠に愛してないのか、何を根拠にもったいないのか分からないんだけど。
言ってることが飛躍してない?

匿名さんより

アイディアいっぱいのちんすこうは不味いんですけど。
観光客向けの変な味や形のちんすこうを美味しいって言う人いるの?
新垣ちんすこう以外はちょっと無理(^q^)

匿名さんより

かねひでなどで売られている割と安価な紅いもパウダー?紫いもパウダー?も原産国が中国でびっくりしました。やっぱり沖縄産のを買いたいです、もう少し値段が高くても!

匿名さんより

製造業って単純に低賃金ですよね。
知り合いに何人か製造業していた人がいましたが、みんな家庭をもってからは転職してます。
私も製造業でしたが、とても一人では暮らしていけない賃金でしたので、オフィスワークに転職しました。
同業種で、補助金?とか使って社員募集してるから戻らないか?と声もかかりましたが、毎日残業ありで手取り12万はキツいです。

美味しいのさんより

今まで日本の経済発展の仕方を見て第二次産業から経済振興をと考えるのはおかしなことでは無いと思います。
ただ沖縄を本土と同じ条件で考えられず地理的、気候、島国という過酷な条件下の元で発展していける分野を見極めなければ成長していけないのではと思います。
沖縄では第1次産業の資源は少なく、又第3次産業で一定層の収入が、増えた所で県内経済が上昇する見込みは薄く思われます。
しかし二次産業も沖縄では出来ない事の方が多いでしょう。殆どの材料を本土で入手し県内で加工し出荷を再び本土へとなると同業者との価格競争、時間のコストなどで勝ち目は無い。上の黒糖飴などお菓子メーカーも本土で加工するのも加工する機械や技術、大きさの工場が県内に無いか価格的に本土で加工した方が安いからでしょう。
これから発展させようと思うなら第1次産業と第2次産業を絡めつつ大規模で沖縄でしか出来ない事なんでしょうけど、それだけの資金力や新しい事が出来るリーダーが出てくるのでしょうかね。
後は、昔からの沖縄の特性を活かした海外との貿易に力を入れていく事が発展に繋がらないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です