【教育】小3 夏期講習。学習塾か公文か。

= ぽんたろうさん =

 

もうすぐ夏休み。
小3の娘を夏期講習に通わせたいと考えております。

現在、塾(そろばん、公文、学研等含む)には通っておらず、習い事はピアノのみです。

中学受験(公立)も視野に入れつつ、夏期講習から始めたいと思っているのですが、学習塾か公文、どちらが良いでしょうか?

小3ならまだ公文で良いでしょうか?

皆様のご意見をお聞かせ下さい。

6 Comments.

匿名さんより

公文は今の実力よりも簡単なレベルから始めていくので、長期スパンで考えないとあまり意味がないと思います。遅くても入学と同時くらいが良くて、
3年生が終わる頃には卒業していくという目標をもって公文を始める家庭が多いのでは?
うちもそうです。
受験を考えてる3年生なら塾が良いかも。
夏期講習は今後の塾選びの参考になる、とてもよい機会だと思います。

匿名さんより

塾がいいと思います。公文は学童のかわりとしてはいいのですが、勉強にはあまり。効果ゼロとまではいいませんが、コスパは悪い。
小3の時期にコスパが最高なのは読書習慣です。読書も重視してくれる塾があるといいですね。ウチの娘の塾の国語担当は小説を熱く語る人で(受験対策にもなる)オススメの本を貸してくれます。親が「読め」というより効果的。ウソでもいいので、親もスマホを触らず、本を読む姿勢を見せるのも手。算数にしても国語にしても読解力はのちのち成績の伸びにつながります。ウチの夫に中学受験の算数の文章題を見せると、文章の意味がマジわからん、っていいます(笑)。話がそれてすみません。

匿名さんより

小3ぐらいなら家庭での愛情入りの学習指導が一番効果的です。できないなら公文で苦悶です。

公文や学研のCMを、おかしいでしょと見切れるような高学歴の保護者の方でも、塾を選ぶには3種類でありますので、ここで悩みます。

1、小学生中心の私立受験塾。小学生でしか使わない面倒な解法を高額なお金を払って学びます。薪でご飯をいかにおいしく炊くかをしつこく学んでいく感じです。沖縄県には残念ながら、政府や中央銀行、高度医療期間につながるレベルの私立校はありませんので、プチ自慢で終わる傾向にあるのは否めません。

2、中学生が多い塾は、小学生用の塾教材で基礎学力を維持して満足させ、中学での在籍を維持する目的を第一にします。学校行事にも柔軟に対応しているので、子育て的には安心安定していますが、どこまでできるようになるかは多少の遺伝的要素がからみます。

3、薪で炊飯する面倒な私立的小学生解法はテキトーに済ませ、電気炊飯器の使い方を早く教え、公立でのトップを目指す系の塾があります。ゴールが数年後なので長期的目線をもてる方には最適ですが目先の結果を求める方には物足りないかもしれません。こういう塾は算数が数学となっていたり、英会話ではなく英語を教えています。

お子様のご希望と親御さんのご要望が合致するする進路を選択できればいいですね。

ぽんたろう 主さんより

皆さま、様々なご意見をありがとうございます‼︎
小3から公文を始めるというのは、やはり遅いのですね。
皆さまのアドバイスを参考に、近所の学習塾の夏期講習を受けさせることにしました。

読書はやはり大切なようですね。
娘も読書は大好きですが、本のチョイスがちょっと幼いかな?(女子が好みそうなイラストが入っているもの)
芦田愛菜ちゃんは小3で、IPS細胞の山中伸弥さんの本を読んだとか…すごいですね。。

押し付けにならない程度に娘の可能性を伸ばしていけたらな…と思います。
良い学習方などありましたら、引き続きアドバイスよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です