【育児】保育標準認定と短時間認定について

= ももさん =

こんにちは。那覇市在住で2児の母です。

疑問に思ったことがあり、ご存知の方がいたら教えていただきたく投稿しました。

以前、第一子が認可保育に通園している時に第二子を出産し、育休を取得していました。

その際、第一子は保育標準認定から、短時間認定へ変更されましたが、在園させてもらえるだけありがたかったので、短時間に変更されても不満はありませんでした。

現在職場復帰しましたが、第二子の育休中の同僚から、短時間から標準認定に変更してもらえたと聞きました。

私にとってはもう今更聞いてもという情報ではありますが、教えてください。

療養中などの特別な理由なく、育休中に短時間から標準に変更できたという方はいらっしゃいますか?

10 Comments.

匿名さんより

育休中の証明だけでは標準認定は降りないと思います。
本人が何らかの病気を患っていたり、育休中に親族の看護や介護などをしていると書類を提出しているのでは?

ももさんより

主です
コメントありがとうございます。
そうですよね。。
同僚のことはやはり首を傾げてしまいますが、
一般的な考えとして特別な理由がない限り短時間になりますよね!それであれば納得します。
ありがとうございました(^^)

匿名さんより

今年の4月からですよね、育休中でも理由があれば標準でもオッケーになったのって。
私もどんな理由なら認められるのか気になって市役所に問い合わせてみました。
「個別の事情によるので一概に答えられない。希望なら申請してください、申請後に審査します」と言われました。
私は短時間で全然問題なかったので申請しませんでしたが…。

結局、どんな理由なら標準時間が認められるのかはわからずじまいでした。

回答になってなくてごめんなさい。
でも、たまに延長をして遅い時間に迎えに行くと、育休中と思われるお母さんが迎えにきているのを見かけるので(朝も一緒の時間)、一定数は育休中でも標準の人がいるのかなと思います(その人達が、私と全く同じ日に延長をしていなければ、ですが)

ももさんより

主です。
今年の4月からなんですね。なるほどー。
ありがとうございます!
標準と短時間の保育料の差がわずか数百円なことに少々不満があったので、標準にできるのなら、そうしたかったなと感じてしまいました。
でも私が育休していたのは去年なので、その時は標準への変更はできなかったんだなと、スッキリしました!
ありがとうございます!聞いてみて良かったです。

匿名さんより

本日那覇市役所に確認したのでお伝えしますが、
短時間から標準に変更するのは、
母親の体調が良くない、もしくは育児対象の子の体調が良くない、
などの事情がなければ、標準への変更はしていないとのことでした。それがわかる書類も提出させるそうです。
ですので、単純な理由ではできないそうです。
育休中の人は基本 短時間ということですね。
預けられるだけありがたいですが、ただ、短時間と標準の保育料の差が数百円なのは疑問です。

匿名さんより

これは那覇市だけですか?他の市町村は育休でも標準の人いますが?

匿名さんより

「那覇市役所に確認した」とあるので、
那覇市のみに対する情報です。
例えば、認可に入所できた場合にママが復帰する期日も市町村によって異なりますよ。
ちなみに那覇市は待機児童がかなり多いので、厳しい条件が他の市町村より多いらしいです。。

匿名さんより

豊見城市在住です。
2人目育休中ですが1人目はそのまま標準ですよ。

昨年、継続申請書提出時には既に産休に入っており親子手帳のコピーも添付したので、もしかすると4月から短時間になるのなー?と思いましたが標準のままでした。

市町村によって違うんですね。

ペコさんより

今年の4月から認められるようになったんですね。
私はうるま市ですが、去年2人目の育休中に1人目を短時間から標準に変更してもらいました。
理由は両親の介護、看護の為です。

正確には、2人目の育休延長中、1人目の在園を許可してほしい旨の依頼で、それが認められたら結果的に短時間から標準になったという形です。

もちろん両親の病気や介護が必要な事を証明する書類の提出は必須でした。また同居の兄弟が仕事で世話ができない為、兄弟の仕事の証明で勤務証明書も提出。
役所に何度か足を運び、事情を説明し書類を提出して審査してもらいました。

イレギュラーなケースだとは思いますが、本当に助かりました。

ももさんより

主です
情報ありがとうございます!
ぺこさんのように困ってる方が標準になるなら納得です。
那覇市でもそのような方々が標準に変えてもらえてるんでしょうね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です