【家族】ネタのような実話

= HNさん =

4歳の娘を連れ、家族でボーリングをしに行きました
子ども用のボールを選び、ノーガーターのレーンで、補助具は使わずに、私がサポートしながら娘は両手で玉を投げました

玉はゆっくりゆっくりと、ピンに向かって転がり、結構いいポジションでピンに近づいた時、なんと、ピンを片付けるあのバーが降り、バーに当たった玉はゆっくりとまた転がって私と娘の元に戻って来ました。

こんな事ってあるの?
動画撮っておけば良かったな~(笑)

皆さんの話しも聞きたいです

5 Comments.

匿名さんより

ありますよ!
うちもつい先日息子といきましたが、速度が遅くてはねかえってきました。
隣のレーンもそうでした。
しかもうちは跳ね返らずにバーの手前でとまってしまったことも。
もう一個の玉を当てて、戻したぐらいです。
ガーターなしのはずなのに、
スコアにGがついてたり、面白いですよね。

匿名さんより

家族でボウリングに行ったときのことです。
小学低学年の息子、投球直前で手が滑り、隣のレーンに勢いづいたボールがコロコロ…。
2レーン借りていて、誤って転がったレーンも私たちが使っていたレーンだったからよかったものの。。。
大笑いしましたが、他人様のレーンだったらヒヤヒヤです。

匿名さんより

この件に関して聞きたいのか?
それとも、
他の方のネタの様な実話を聞きたいのか?
と考えた私は考えがズレてるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です