【スポーツ】車いすマラソン大会が中止!残念

= パラさん =

宜野湾市で毎年開催されていた車椅子マラソンが中止になるようです。
宜野湾バイパスを通行止めにして開催していましたが、交通量が多くなってきたことや職員不足が原因だそうです。
とても残念。
毎年、応援に行ってたのですが・・・

来年以降はどうなるかは未定ですが、場所を移して再開できないものでしょうか?
できそうな場所は・・・たとえば海中道路(あやはし)とか、西原きらきらビーチとかはどうでしょう?
是非、再開の方向で検討していただきたいと思います。

14 Comments.

匿名さんより

車いすの人たちもスポーツ大好きな人たち多いでしょう
車いすの方々は、長い距離をどこでも走るっていうのはなかなか難しいことだろうし、車いすの人たちとの交流を深めるという意味でも、多くの人たちに優しい楽しある社会というのを示す上でも、開催の意義はとても大きいのに残念ですね。

宜野湾だけでなくても、是非ともうちの街でという、温かい挙手があることを願っています。

匿名さんより

コースもだけど、職員人手不足ともありました。
社協も多くは補助金でまかなわれているので、税金で食べているから公務員と変わらないとはおもいますが、土日の出勤や時間外労働など、市町村並みにイベントが多くて駆り出されます。
市民ボランティアが増えない限りない再開は厳しいと思います。

匿名さんより

先導役やまとめ役は役所の職員がいいかもしれないけれど、役所やホームページ、ローカルラジオの番組などでボランティア呼びかけたら集まるんじゃないのかな
ラジオ局とかも呼びかけには快く協力してくれると思いますけどね。

匿名さんより

ボランティアでまかなおうとするから無理がある
増える参加者、障碍者同士の接触事故
ボランティアの責任問題、じこせきにん

匿名さんより

道路とか封鎖なり制限しないといけないから
警察の人たちもある程度いないと困るね。

匿名さんより

宮古島のトライアスロンや那覇マラソンだって、沿道での掃除やまたは救護とかボランティアも多く活躍しているよ

匿名さんより

那覇マラソンは沖縄の大新聞社が参加料一人3500円×3万人
その他協賛金、広告料などでおおよそ3億円ほどの収益を上げている(推定)
金はあるのにボランティアにタダでさせるとかセコいことやるのが問題。

車いすマラソンは宜野湾社会福祉協議会におんぶにだっこで公務員のタダ働き
ボランティアの勤労奉仕と金を使わず運用しようとするからできる訳が無い。

匿名さんより

那覇マラソンもだけど
公務員は手当てが出ますよ。他のボランティアは知らないけど。

匿名さんより

そうそうボランティアは有償と無償が有るんですよね、確か。無償を理由に責任が緩くなる。時間外や休出なら手当が増すし、打ち上げみたいなので奢りが私費でないなら所得扱い。ほんと、障害福祉に使われてる金は分かりにくいです。今回は車椅子なんで身体ですが知的や精神の場合、B型とされる就労支援なんて何時間いても1日分の金が施設に入るとか、でも利用者は月に1万円以下の場合も有ります。親が他界後の為に障害年金として貯めるにも年に最高80〜90万円。もちろん、健康保険等の税金も払います。

匿名さんより

え?
那覇マラソン、公務員手当てでるの?
毎年動員させられるけど、お金もらったことない!
代休取れといわれますが、平日忙しすぎて代休消化できない。
うちの動員組の手当ては何処にいってるんだ~?

匿名さんより

民間でも代休にしてはよくあるはなし
それを取れる取れないは職場環境のこと
公務員の休日出勤を代休にすることは何ら問題なし

匿名さんより

代休や振休は有給休暇を消化後など職場によって違います。また役職によっても基本給や職能給、役職給があり時間外込みだったりします。時間外や休出が厳しくなった被害は客先に飛び火してるだけです。業務は減らない、人は増えない、労働時間はキッチリでは不可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です