【霊】佇む人

= かんぱちさん =

おばぁちゃんの姉妹が隣に住んでました
その隣のおばぁちゃんが亡くなり
息子が跡継ぎでしっかりしていました

そのおじさんも亡くなった後は家が荒れ放題
屋敷は雑草を何十年も伸ばし一度も草刈りもせず
室内は廊下も足場もない程のゴミの山

その奥さんは仏間で寝起きしていた
寝るスペース以外はゴミだらけ
仏壇に供える酒 お茶のコップはカビだらけで
チャーギは枯れて仏壇に落ちいる状態

その奥さんも高齢となり亡くなり
息子が跡継ぎとなったのですが母親に子ありと言うもんでしょうか…

色々あり数年ぶり帰ったお盆
隣の家の悲惨な光景にたまらず
自分が草刈りをした日の夜

家でテレビを見ていると自分の家の庭を歩く人影
誰かきたのか?と扉をあけると

外階段に中年らしき男性が佇んでいた
いらっしゃいと声をかけても応答はない
母にお客来てるよと言うと母は窓をあけ確認するが母には見えていない

近くに近寄ると亡き隣のおじさん
小さい頃みた時から年をとらずにそのままの姿

亡くなったと聞いていたのであまりの光景に
一瞬 おぉーと驚いたが…おじさん!お盆だから帰ってきたのか?と問いかけた

おじさんはずっと下を向き
寂しそうな姿で返事などしない

ただ
うつむき時間が過ぎて行く

数分後
おじさんは顔をあげ
ありがとうと一言いい残し階段をおりて電気もついてない真っ暗な隣の家へとぼとぼ歩いて行く

後ろから後をつけて行くとウンケーしてないから、おじさんは屋敷に入れないのか?ただただうつむき入り口で佇む

その姿を見て居たたまれない気持ちになり
おじさん

わったー家に来たらいいさ
おじーもおとーも今日は帰ってくるからさ

一緒に過ごしたらいいさと言うと
おじさんは消えていなくなった

ちゃんと皆 あの世の正月はしっかりしなさいよ!
見える人には見えてるからね!

8 Comments.

匿名さんより

凄くいい話し。仏壇は大切にしないと本当にダメだと思います。私も死んだ人はちゃんとお盆には帰って来てると思うので精一杯のもてなしをしました。そのゴミ屋敷のお仏壇のご先祖様どうにか出来ないですか?残された子孫はいないのですか?可哀想ですね…

匿名さんより

主さん優しいですね。
おじさんは他界されて何十年も経つとのことですが、生まれ変わらず未だにあの世にいるなんて、それも切ないですね…

匿名さんより

自分も読みやすかったです。
今回のお盆は笑いが絶えず22時過ぎに帰ってもらいました。
ご先祖様も喜んでたと思います。
終わったばっかりだけど来年のお盆が楽しみです。

匿名さんより

私に文才がないので「母親に子ありと言うもんでしょうか…」のとこで
ピンとこなくて立ち止まってしまった。(惜しい)
なんだか、親戚のおばあちゃんを思い出してしまった。
おばあちゃんに子供がいたらと未来の自身に重ねてしまう。
全く関係ない私から「ありがとう」と、主さんに善きことが訪れますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です