【ユタ】子や孫に悪い事が引き継がれないようにするには?

= まおさん =

こんばんは、以前神人さんに言われた事がずっと気になってて。
みなさんに教えてもらえたら、と思い投稿致しました。よろしくお願いします。

母、私、娘、3人酉年で以前その事を神人さんに
「酉年が続くというのは、どういう意味か分かる?悪い事も引き継がれるって事よ」
と言われた事が気になってて。

そして今年、娘に子供ができました。その子も酉年です。
母、私、娘、孫、みな酉年です。

私は、母がしてこなかった神事を2年前に引継いだんですが何も感じ取れなくて。

子供、孫に悪い事が引き継がれないようにするにはどうすればいいんでしょうか?
よろしくお願いします。

20 Comments.

匿名さんより

2年前に引き継いだってありますが、自分のウミチキ(守護神?)や、チヂウヤ(守護霊)は悟ったのですか?
自分を一代と考えて、親が二代…と遡り最低四~五代は、明確にして供養しないといけないらしいですよ。

匿名さんより

自分のご先祖様が子や孫、ひ孫に悪さはしない。悪い事は引き継がれないと信じる。思いこむ。

KYさんより

外国に移住する、
他に没頭できる宗教に入る
そつすればユタの話は気にならないと
思います。

匿名さんより

主さん、また変なユタに無責任な事を言われましたね。
私達のご先祖様が今生きている私達に一体何をするの?
もし私達があの世に行った時、子や孫に辛い思いさせるのでしょうか?
私なら、あの世でどんな辛い事があっても子供達に助けなんて求めません。
実際私もユタに有る事無い事言われ、拝みばかりしていましたが、あの時が一番辛かった。
でも、拝みをやめてからは精神的に楽になりました。
主さん達、皆酉年なんて面白い偶然で素敵なだと思うけどな。

まおさんより

はい、私の守護神はその神人の方に教えてもらいました。
私のチヂメーさん?が聖観音様を崇めていた方なので私も聖観音様をお祀りすることになりました。

私は、県外に居る為 神人さんに色々教わる事もできなくて、こちらでみなさんのコメントなど見させてもらってます。

ずっと何も悟れないままです。
私はどのように進んで行ったら良いのでしょうか?

匿名さんより

主さん、将来自分自身が亡くなり神様になったとして
娘や孫に災いを与えますか?逆でしょ?
守ろうとするはずです。
4代続けて酉年生まれってすごいですよ。孫ちゃんの誕生を
素直に喜びましょう。
人としてちゃんと生きていればそれでいい。娘も孫も背中を
みて育ちます。

匿名さんより

1番目にコメした者です。
先祖は…ってコメが多いので、あくまでも主さんがその生まれを持った人、と仮定して話しを進めます。
自分は主さんと同じ祖母や親がやらなかった為に引き継いだ者です。
自分からではなく、指名された感じ?
まず、先祖が主さんの母親に頼みたい。として先祖がチヂ調べし、ウミチキに紹介するって仕組みのようです。
主さんのお母さんの宿命が子供に降りるは、あるとして、逆に主さんの父方の場合も考えられます。そこは、確認したと思いますが。
もし、父方の先祖からの場合は、当然ながら母方の宿命は無縁なわけで、主さんは引き継げません。
先祖が子孫にそんな事するか?って迷うと思いますが、先祖から生を(命)頂き身体を貰う。健康を授かる。
当然、先祖からすれば与えたんだからこちらのお願いを聞いて欲しいと頼めるわけです。
当然、子孫は1人ではないので、あちこち廻ります。でも先祖はそんな事しない。気持ちが大事。って子孫ばかりなら、永遠に先祖の苦しみは解放されません。
そこで、一族の代表としてうまりんぐゎが誕生します。それは、産まれながらの宿命とは違います。ある日突然、知らぬ間にです。
だから、お母さんのように気がつかない人や、日々の生活に追われ出来ない人もいて、次のうまりんぐゎが誕生します。
先祖からすれば、たくさんいる孫の中の1人なので、単純に主さんから見ても年に1、2度会うかなぐらいの親戚のお爺さん?って感じになります。
先祖は、子孫を見守ってくれる存在って方が多いと思いますが、頼み事ばかりしてこちらの頼みを聞かない子孫を本当に守るかな?
例えば、自分たちが先祖の立場だとして、年に数回会うかな程度の要求ばかりする遠~い親戚の叔父さん叔母さんがいて、叔父叔母からは大したことして貰ってない。むしろ、こっちがやってばかりでこちらの頼みは無視に近い。って人達の事をどこまで親身に聞けますか?
自分なら、4~5回で空返事します。
だいぶ、話しがそれましたが県外なら難しいことだと思いますが、本来ならば先祖や守護霊が鎮座する座群(敷地)に赴き、直接 力 を貰う。ってのが1番の近道でなんだと思いますが。
教えや、導きは先祖の力が大きいですよ。

匿名さんより

誰しも、良いことも悪いことも、ご先祖様から引き継いでいると思います。母に始まったことじゃないと思います。。今、特に困ったことがなければ大丈夫だと思いますが、どうなんでしょう。干支が4代続くって珍しいですね!

匿名さんより

死ぬときに「私は先祖供養もいらないからね」って子孫に言って亡くなった方はあの世に言って絶対に後悔しますよ!って霊能者か、ユタさんが忘れましたがブログに書かれてましたよ。

匿名さんより

↓こんなこと言うなんて酷いですね。ユタの人ですか?
「酉年が続くというのは、どういう意味か分かる?悪い事も引き継がれるって事よ」
あなたにわざと気にすること言って、お金払ってもらうのが目的じゃない?
私なら、「同じ干支が続くなんて、なんか素敵!」と前向きに考えますよ。

匿名さんより

干支が続くってすごい偶然ですね。それが災いするとかそのユタさん怖い事言いますね。あまり気にしなくていいと思いますけど…

れんさんより

10:02さんの意見に同調です。また「悪いもの」を背負うと勘違いするかたもいますが、「まとまりなさい」という受け止めかたも大事です。主さんの家系が女性ばかりなのでしょうか?
帰省する前に今住んでる地域の神社に参拝して繋げて頂けるよう神に祈願すると繋げて下さると思います。仏のことでも八方塞がりなら神の力も必要だと思います。父親の干支が判るなら干支の御守りを持つ事や午の向かい干支の子の御守りを持ったりと前向きな考えも必要だと思います。自身のこれまでの年表を作って下さい。何か解ると思います。年表を書きながら怪我や不運があったら、年と月日の干支も記入すると同じ干支か何年おきかも解ると思います。たまには開き直らないと身もメンタルも保てなくなります。頑張って下さい。

まおさんより

みなさんからコメント頂けて嬉しいです。
ありがとうございます。

すみません、説明が足りませんでした。
神人さんに怖い言い方をされた訳ではなくて
悪い事を引き継ぐって意味もある。「開くの早いと思うから、大丈夫!がんばりなさい!」と励ましの言葉もありました。

ですが、産まれてくる可愛い孫ちゃんも また酉年と分かった時から不安になってしまって。

私には持病があります。息子も私と同じ持病を持ってます。
孫ちゃんにも… って考えると気持ちが落ち着かなくて、こちらで相談させてもらいました。

匿名さん、れんさん色々教えてくださってありがとうございます。
れんさん、年表作ってみようと思います。
ありがとうございます!

匿名さんより

他の方もおっしゃるように、あまり気にしない方がいいのかも知れませんね。
神ンチュの世界は分かりませんが、ユタでは酉年は神裁判の番を持っていると、教えられます。
未は引き起こし、申はグヮンスと未から申の年にかけてふるい分けして、倒されます。
そんなちょっと恐ろしい意味合いからの忠告だったのかな?って思いますが…。

匿名さんより

まおさん県外在なの?県外では同じ干支が家族に3代いると繁栄するって言われててすごい喜ぶ人が多いのに、もったいない。ましてやお孫さん誕生なんて幸せじゃないですか!負な事を考えず目の前にある幸せを大切にするのが1番だと思うよ。息子さんは持病があるけど妊娠中の娘さんはないんですよね?ならあまり不安に思うと娘さん自身も不安になってしまって可哀想なので大丈夫大丈夫と思う強い心も持ちましょうよ。

匿名さんより

女、同じ干支、子、孫、ひ孫ですか?
たとえば、男辰親は、女娘子は、女子孫は、
どうですか。
この場合もうがみたりないのですか。
知りたいです、教えてください

匿名さんより

子どもは授かりものだし、干支とか被ろうがどうだっていいじゃない。

匿名さんより

10;02 さんの話だと要はgive and takeですね。
この世にいる私達が先祖に願いを叶えて貰うから先祖の願いも叶えないといけない。
はっきり言って馬鹿らしい。
私はご先祖様に見守ってね、とは思いますが願いを叶えて欲しいとは言わないかな。自分自身で努力をし夢を叶え、困難は乗り越えるものでしょう?また、私があの世に行っても、子孫には頑張れーと声援は送っても何の努力もせず願いなんて叶えないです。

まおさんより

コメントありがとうございます!
私は 県外在住です。
同じ干支が家族に3代続くと繁栄するというのは初めて聞きました!嬉しいです!

匿名さんの質問に答えたいのですが
すみません、質問が少し分かりにくくて。

同じ干支は、母、私、娘、孫(女の子です)
次の質問が分からなかったです。
またお答えしますので、よろしくお願いします。

匿名さんより

>22:06
先祖が願いを叶えるとはちょっと違います。
しかし、
>私はご先祖様に見守ってね、とは思います
これだけでも十分なお願いだとは思います。
身体に異常がないのに、なかなか子供を授かる事ができず十数年も不妊治療を頑張った夫婦が先祖供養をして、あっさり自然妊娠できた。
そんな話しもあります。それを聞くと我々は先祖から命を与えられたんだと認識しました。
五体満足に大病もせず、それをたまたまと認識するかは自由です。
ただ、何度も危険な目にあい身体に障害が残る事なく、元気に生活を続けられている自分からすればただの偶然で片付けられません。
先祖に手を合わせ、見守ってねって願う人は多いと思いますが、自分は危険からも守られ今を生きていると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です