【不動産】プレハブ住宅のリフォーム

= ティーダさん =

現在倒産してありませんが、実家がデイゴ住宅です。築30年程になります。
かなり古いので床とか痛んで穴が空いたり、風呂場も壁が剥がれカビが出来やすかったりするのでユニットを交換出来ないかと話をすると、父は壁を壊さないといけないし構造上無理だと言っています。
床も潜れないから床の張り替えも無理だと。

このまま家を兄弟の誰かが譲り受けるとしてもいつまで持つのか心配になってきました。
同じような住宅に住んでいる方、詳しい方に質問です。
リフォームは父の言う通り難しいのでしょうか?
後どれくらい住めるのでしょうか?宜しくお願いします。

6 Comments.

ロットさんより

出来ないことはないですよ。
ようはどこまでやるかで金額が変わるだけです。
現場を見ないと何とも言えないけど、ユニットバスは確かに壁は壊すけど大したことないし、床の貼り替えが出来ないなんてことはありえないです。
それから、プレハブと軽量鉄骨は全然違うもんですからね。
本当にプレハブなんでしょうか?

猫さんより

床の張替は素人でも出来る。。。メイクマンに材料全部あります。

デイゴ住宅は壁構造のコンクリート住宅

ユニットバスはどうか分からないが、リフォームは簡単だと思います。

リフォーム会社に相談。

匿名さんより

自分の経験不足かも知れないが
デイゴのプレハブ住宅は見た事が
ないですね。ユニットの交換は
壁まで解体するのが普通だし、
床を張り替えるのに、床下に潜る
必要は全くありませんよ。
お金さえかければ大抵の事は
出来ますので無理な事はないです。
床の平米数やユニットバスのサイズや
グレードが分からないから何とも
言えませんが、それだけでしたら
200〜300万以内の工事かと思います。

匿名さんより

私もびっくり!
デイゴ住宅はコンクリ住宅しかしりません。
デイゴ住宅のリフォーム見た事あります。

匿名さんより

近所にデイゴ住宅が数軒あります。いずれも、いわゆるプレキャスト式のユニット組み立て構造のようですが、コンクリート住宅です。
これらのデイゴ住宅で気になるのは、会社が廃業しているからか、外壁や屋根防水などが建築当初からメンテナンスされてないように見受けられます。一般的にコンクリート系家屋の躯体さえしっかりしているならば、内装の修理やリフォームをするだけで、住み続けることができるはずですが、防水塗装などを怠ると、屋根や外壁の亀裂から劣化ダメージが進行します。
デイゴ住宅などのようなプレキャスト式のユニット組み立て構造の場合は、特に屋根防水や各継ぎ目のシーリングを定期的に補修した方がよいと思います。

主ですさんより

デイゴ住宅は確かです。鉄筋の組み立て型ではありますがコンクリートではないと思います。父は定期的に屋根を点検し、30年築ですが今のところ問題はないようです。長く住むならメンテナンスは必須ですよね。内容にもよるみたいですがリフォームは可能とのコメントがありましたので安心しました。皆さんありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です