【ペット】小学校で飼われていたサル

= 内勤希望さん =

復帰前後の記憶ですが、あの頃は小学校の校庭でサルが飼われていた。
幼かった私は檻に近づきすぎ、サルに髪の毛を引っ張られて泣いた思い出がある。
思い返すと劣悪な環境で飼われていたような・・・サルに関する思い出はありませんか?

19 Comments.

匿名さんより

ウチの学校にもいましたが
確か、小屋から逃げてしまい
校内で捕獲しましたが
危険だと言う事で子供の国へ
引き取ってもらいました。
それと、小学生の頃に観た
ノンフィクション風の映画ジャンクで
食卓テーブルの真ん中に
頭だけ出せる特殊な小さい檻に猿を入れ、
生きた猿の頭をハンマーで叩き割り
生の脳みそを楽しそうに食べてる
シーンが強烈で暫くは頭から離れませんでした

匿名さんより

私も子供の時に猿が小学校にいましたよ。具志頭小学校です。今考えると超危ないことしてました。勝手に猿小屋に入って10数えて出てくるとか。笑 

匿名さんより

猿ってどのくらいの大きさ?

小学生の頃にどこかの猿が逃亡して、捕獲騒動があったな~。
缶コーヒーのCMの猿ぐらいの大きさで子どもながらに恐怖だったけど友達の手前、見栄はって追いかけ回した思い出が。
自宅前に来た時は、ほんとパニックだった。どうにか追い出さないとって焦った。
最後は捕まったのかは覚えてないけど、率先していた先輩の家で飼ってた猿だったって噂が流れてたけど、今考えたら自分が逃がして叱られるって必死だったのかな?

匿名さんより

私の母校にもいました。
タロウとハナコのカップルに子供が生まれて、ナナコとナナタロウと名付けられてました。
ガジュマルの実を渡すと食べるので、放課後に友達とあちこち遠征してガジュマルの実を集めるのにハマってましたね(桑の実は美味しいのでサルにはやらず、自分達が食べました)。

匿名さんより

いましたね
可愛いというより怖い思い出です
やっぱり猿は知能が高いので檻から抜け出すのが上手く何度か逃げ出しました
捕まえようとして怪我した先生や生徒もいました
それからしばらくしていなくなったので「猿は危険だから抹殺されたんだ」という噂が流れました

花さんより

いました! もう50年ほど前になるかなぁ。 リッキーという名前の猿が檻から逃げ出し、学校中パニックに! 教室に避難し、校庭を歩き回る猿をドキドキしながらみてたのを覚えています。 無事、捕獲され、その後は姿を消しました。 捕獲された翌日の給食のメニューに、肉があって…「これは、リッキーだ!」と、誰かが言いだし、気持ち悪くて食べきれませんでした。 多分、クジラの肉だったと思いますが(笑)

匿名さんより

50年も前になりますが、小学校にサルがいました

情操教育のためだったのでしょうが、いじめる子も
いたので可哀想でした いつもイライラした様子で
今からすると情緒不安定な感じでした

匿名さんより

>桑の実は美味しいのでサルにはやらず

わかります ナンデンシーは美味しいよね
(サルにはもったいない!)

匿名さんより

読んだら流れで想像出来ないかなぁ?
気づかなくても
検索しようとは思わないのかな。

匿名さんより

08:45の方が書いていた映画はヤコペッティの「世界残酷物語」ですね
殺人や虐待など目を背け吐き気をもよおすシーンばかりでしたが主題の音楽が「モア」という美しい曲だったのでギャップありすぎました
ただ白人のキリスト教文化目線で残酷と決めつけてるので日本の普通の文化の映像もけっこうあったと思います

匿名さんより

「・・・可哀想でした いつもイライラした様子で
今からすると情緒不安定な感じでした」
この状況なのかな。

匿名さんより

アラフォーですが、就学前の事で記憶が曖昧ですが こどもの国の猿が逃げたと騒ぎになってたと思います。自宅の戸を常に開けた状態のわが家に猿が入ってきました。もう すごく怖くて大泣きでした。母がホウキとビスケットで追い払いましたが本当に怖かったです。

匿名さんより

43歳ですが、幼稚園におサルいました!
結構あちこちの学校で普通におサル飼育されてたんですね。

私もトピ主さんと同じで、バンシルーをあげようと檻に近づいたら、髪を引っ張っられた経験があります。

うちの幼稚園は檻が結構大きくて、檻が木に囲まれて比較的自然に育てられてたと思いますが、毎日子供達が檻を揺らしたり、何だかんだでストレスがあったのかと思うと、おサルさんが髪引っ張った事も、今は切なく思いました。

匿名さんより

逃げザル 四人に重軽傷
本部町新里 野生化 先月から出没
1979年(昭和54年)10月25日付けの琉球新報に
掲載された記事の見出しである。記事の内容は次のとおりであった。
23日午前9時から25日早朝にかけて
本部町新里で野生化したサルが、次々老人、学童を襲い四人が重軽傷を負った。
サルは50㌢の子ザルで、体に鎖でつないだ跡があり、そこに傷を負っている。
飼い主は不明で、部落住民の話によると
9月下旬ごろから同部落に出没しているのを見かけ
一ヶ月近く一帯のキビ畑や林の中に潜伏、かなり野生化しているという。
24日午前、老人がかまれたことで
部落ではマイクを通じて注意を呼びかけ、渡久地署にも通報
現在同署員二十人が出勤、区民と共にサル狩りを行っている。
現場はキビ畑と周囲が海と緑に囲まれた農村で
突如起こった〝サル騒動〝に住民は戦々恐々としている。
サルはまだ見つかっていないが、これ以上の被害を防ぐために渡久地署では
射殺する構えを取っている。

匿名さんより

私はアラフィフ女性ですが、小学校(宜野湾)で
猿が飼育されていました。今思い返せば…
狭い檻の中に一匹だけで何年も飼われて
猿もかなりストレスあったんだろうな~って
思い出しました‼ 今でも猿を飼育してる
小学校ってあるんでしょうかね!?

内勤希望さんより

うさぎやにわとり、小鳥を飼っているのは見たことあります。
サルは・・・ありますかネ~?

匿名さんより

私が48年程前に通っていた具志頭小学校に、ピーコというお猿がいました。今、思うと、どうしてお猿を飼っていたのか?お猿はどこからきたのか?不思議です。児童は、お猿にいたずらをしたりしていました。
環境は良くなかったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です