【家族】身近なご家族を亡くして初めてのお盆

= お盆さん =

もうすぐ、お盆ですね
女性の方は、各々の立場によって、
色々複雑な思いがあると思いますが、
今回は、そういう類いのコメントは無しで・・(^^;)

私は、母のみぃ盆のウークイの日の
送りの時に、涙がとめどなく流れ、その姿を見た妹や父もつられるように涙・涙
毎年、チャキチャキと全てを仕切っていた
母は、居ないんダァと凄く感じて・・

あれから5年経った今は、さすがにその様なことはなく、ウンケーの時はおかえりなさい、ウークイの時は、お母さんまた、来年
てな感じで私が仕切ってます(笑)

話しは、長くなりましたが、
皆さんも身近なご家族を亡くして初めてのお盆で同じような経験されたことありますか?

1 Comment.

手水鉢さんより

義理の親が数年前に亡くなっていきなり仏壇が来ました。
当時はやることの多さと責任で悲しむ余裕がなくて、ちゃんとお別れ出来なかった気がしました。
仏壇がない家で育ったので、戸惑いながら回りに助けてもらい今があります。
どっちかと言えば今の方が身近に感じてて、よく仏壇に話しかけてるし、旧盆もお帰りなさいと又来年やーたいで送り出してます。
でも、自分の親となるとこんな穏やかになれるか分かりません。主さんと同じかも。
それがあるから親きょうだい、親類、周囲の人と大切な時間を過ごそうと思ってます。
お盆って先祖との関わりと人の縁を再認識するんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です