【育児】4歳の息子の発達障がい疑惑についてです。

= とくめいさん =
 
4才の息子ですが、発達障がい疑惑があります。
(完全に発達障がというわけではなさそうです。素人の意見ですが・・・)
 
保育園からの指摘で落ち着きがない、時々質問に対して的外れな事をいうと言われ、市町村の発達に遅れがある子供達の集まりに参加しました。
その集まりの内容が、先生の話を聞けるか、遊べるか、親が遊んでいる(もしくは先生の言う事が聞ける)子をみれて感想を言う、という感じでした。そして解散。
この集まりの必要性を感じないのですが、参加していると身になりますか?
 
次の日、市町村に電話して、息子に対しどのように接したらいいかについてアドバイスをもらいました。「頭の中の切り替えがゆっくりなので本人の話をゆっくり聞いて、切り替えさせる事が大事です。今後、参加してもいいですし、しなくてもいいですよー」と言われました。
他にできる対応を確認してもないようです。
 
私が息子に対して行っている事は、
・人に対してあいさつをする。
・できない事はできないと言い我慢させる。できる事に関しては見守ったり、手助けしたりする。
・何かやる前に注意事項を言う(例えばスーパーの中で走ったら危ないから走るなと言ったりです。)
・一緒に関わる時間を作る(公園や散歩、家内遊び、ひらがなの勉強、絵本の読み聞かせ、)
・頭の中の切り替えがゆっくりみたいなのでゆっくり気長に伝えて理解してもらうようにしています。
 
だいたいこんな感じです。普通の親が子供に関わるような事なんですが、他に子供にとっていい関わり方ってありますか?
こういうアドバイスって市町村の集まり以外にどこでアドバイスもらったらよいでしょうか?
(今回の集まりで聞くとトゲがあるように伝わるのかなと思い聞いていません。)

27 Comments.

匿名さんより

まずは、専門機関で発達検査をしてもらってみてはいかがですか?

匿名さんより

私の息子と同じような感じです。
まずは発達診断から始めてみてもいいかもしれません。
私の周りは受けずに保育園だけ通った子もいれば、並行してる子、いろいろです。

匿名さんより

保育園からの指摘ってことは
他の同じ年代の子どもと比較してってことなので
問題意識を持って動いた方がいいと思いますよ。
保育園はたくさんの子を見てますからね。

匿名さんより

発達障害って、人より何かが劣っていると思っている人が多いと思いますが、逆で発達しすぎていてる状態だそうですよ。なので悲観的になる事ではない。
私の姪っ子もADHDの発達障害でしたが、姉のプライドがその事実を認められず、普通学級で勉強して、今では結局ついていけなくなり、勉強の方では現在八方ふさがり状態です。

先ずは親がちゃんと物事を受け入れて、その子にあった接し方、教育をするべきだと思います。

匿名さんより

10:52さんに完全に同意。

発達障害は、発達の偏りを意味するもので、劣っているわけではありません。
私自身がADHDで、昔はそういう情報も無い時代でしたから、
親も先生も「普通」を強制してきて、自分も「普通」になろうと頑張りましたが、完全に燃え尽きました。

二十代半ばでやっと、「もうどう考えても普通になれない」と悟ってから、
「自分らしく生きる」ように切り替え、やっとそこから右肩上がりに。
今はIT会社経営と投資業してますが、事業は好調、妻子もおりますが家庭も好調です。

具体的には、できる事とできない事の差が激しいんですよね。
基本的には、

(1)できる事をとことん伸ばす
(2)できない事は基本的に「委託」「回避」「受容」する。
(3)余裕があるときだけ、できない事を、効果が感じられる範囲にだけ、無理なく工夫で改善を試みる。

こういう優先順位が大切です。
ところが、大人が押し付けるのはたいてい、優先順位がまったく逆なんですね。
できないことをなんとかしようとするし、しかも、無理ないちょっとした工夫とかじゃなくて、
死ぬ気でやらせる。大きく改善するわけないのに。

そりゃ当然、ツブれますよ。

私の子供も遺伝かADHD傾向がありまして、
それこそ産まれた瞬間からずっと(1)(2)(3)の優先順位で育ててます。
いま小学校高学年ですが絶好調です。羨ましすぎるくらい。
小さいころからやれば完璧ですね。

匿名さんより

うちの息子の例をいうと、
専門機関(小児精神科)受診しました。そこでカウンセリングしてもらい
お薬をだしてもらいまいした。ただ息子がとても嫌がったので
お薬(コンサータ)は結局飲まなかったんですが。
カウンセリングは、息子もそうですが私たち夫婦もしました。
それがとても良かったと思います。

匿名さんより

11:28さんのかかった病院はどちらでしょうか?ご教示頂けると助かります。

匿名さんより

11:06*さんの息子さんは定型発達でしょうか?
どこか病院にかかったり、療育をしたり、小学生では支援クラスに通っていますか?
普通クラスで無理しているかなと思っている息子がいて悩んでいます。ご教示頂けると助かります。

匿名さんより

11:06です。

私も子供も衝動多動優位型ADHDです。
病院は各々診断で一度だけ行きました。
薬と療育を勧められましたが、
結局、「普通」を目指せってことか!
と拒否感があったので、二度と行ってません。

その代わり独学で徹底的に勉強しました。
イギリスがADHD教育の先進国なので、
イギリスの文献や事例を片っ端から調べ、
それをベースに色んなやり方を試して、
自分の場合に一番うまくいったのが、
11:06で書いた方法です。

子供にも、私が編み出した方法をベースに
色々トライアンドエラーしてやってます。

匿名さんより

11:28です。
息子は、小学校の4,5年の時、不登校になっていたので、病院に通っていました。
その先生は前は天久に病院を構えていたのですが今は南部医療センター近くの
発達神経クリニック プロップという病院に移られたようです。
この先生には1年くらいお世話になりました。
その時にサッカーをやるようになり、なかよし学級から登校し始めて、普通学級に
通えるようになり、通院もやめました。中学から普通に登校できるようになりました。
しかも・・・高校では生徒会長になったというおまけつき。
11:06さんの言う様にこの子達は、長所を伸ばす方向で生活することが望ましいのですが、
少し生活で苦労する時は病院や学校のお世話になるのもいいと思います。

匿名さんより

11:28さん
11:06さん
ご教示ありがとうございます。悩んでいるのでとても参考になります。素敵な親御さんで、お子さんも幸せな事だと思います。
11:06さん、11:28さん目指して私も息子が自信持ってこれでいいんだと思えるよう環境を整えていきたいです。
主さん、横から失礼しました。為になるスレ立てありがとうございます。

匿名さんより

11:06さん
小学校高学年との事ですが
普通クラスに在籍させていますか?

匿名さんより

普通クラスです。
低学年のときは素行がむちゃくちゃでしたが、
先生と密に連絡を取り、
ADHDについて丁寧に説明したりして理解を得て、
なるべく見逃してもらうようにしました。

匿名さんより

押し付けないで、徹底的に丁寧に説明して、親が代わりに謝りまくって、そうすると、先生が合理的配慮してくれるようになる流れです。
合理的配慮を先に求めないのがコツかなと思います。

匿名さんより

勉強についていけない。学校に通えない。『普通に』学校に通えない。これを何かが劣っているという認識が子供たちを傷付けている気がしました。

匿名さんより

>勉強についていけない。学校に通えない。『普通に』学校に通えない。これを何かが劣っているという認識が子供たちを傷付けている気がしました。

同感です。
11:06ですが、なぜ普通に学校通えないんだ?なぜ普通に授業受けられないんだ?
昔からずっと言い続けられました。そりゃ、自己肯定感も没落しますよ(苦笑)

限界まで頑張って、でも全然普通になれなくて、
二十代半ばで開き直って、
イギリスADHD研究とかしてわかったのは、
「普通」に異常にこだわるのは日本だけの文化なんですね。
いや、韓国もそうかな。
とにかく、「普通」「標準」「平均」にこだわるのは、世界的に言うと標準ではありません。

最終的には、生活できればいいんです。
学校に普通に通えなくても、
普通に授業受けられなくても、
実は、余裕で生活できます。

日本の公立教育の言う「普通」って、
戦後の工業化社会のために、
労働集約型産業を育成するために、
協調性を異常に重視してるんですね。
知的集約型産業に従事すれば、
協調性とか不要ですし、
じっと座ったりする必要も全然ありません。

それと、学科教育って、
たかだか十数教科だけ教えるわけですが、
社会に出て生きていくためには、
何百、何千という技能のなかで、
ひとつやふたつ秀でていれば
充分なわけです。
学科なんて全然関係無い。

・協調性偏重
・学科教育偏重

この二つは、
もちろんたまたま得意ならそれでいいんでしょうけど、
発達障害とかがあって、うまく適合できない場合は、
とっとと別の方向性にシフトして生きるのが良いです。

「自分を生きる」「学校内の学科ではなくて社会にある数百数千の学科から合うものを見つける」

こういうスタンスですね。

匿名さんより

11:06さんのような方が児童発達デイ等立ち上げたらとても良い事業所になるのだろうなと勝手に想像しています。個人事業されていらっしゃるようなので…。妄想失礼しました笑っ

匿名さんより

他人の行動を問題視する人とは逆に個性だと認めてくれる人だっています。歴史を遡れば今は非常識な事もあるように常識なんか移り変わるものなのに。
主さん、親だから不安な気持ちも分かりますがアドバイスはお子様に聞いたほうがいいと思います。親子でたくさん話したりしながら信じて見守るが出来るといいのかなと思います。

匿名さんより

私の姪っ子もADHDの発達障害でしたが、姉のプライドがその事実を認められず、普通学級で勉強して、今では結局ついていけなくなり、勉強の方では現在八方ふさがり状態です。

事実を確認されたのかは分かりませんがお姉さんのプライドではなく姪っ子自身が望んだ事だと思います。結果勉強についていけなくなったのは方向転換が出来るきっかけになるので姪っ子にとっては良い事なんですよ。

匿名さんより

子供自身に体験させ判断させるお姉さんは素晴らしいと思いました。

匿名さんより

うまくいくのは極いちぶ
多くの子は社会生活不適応
できないもの、得意なものも分かるけど
できないことは避け、得意なものを伸ばす術は知らない
症状はわかるけど正しく導くことができない

匿名さんより

>できないことは避け、得意なものを伸ばす術は知らない

確かに。
個人的に思うのは、
・方法論は(例えばダイエット法みたいなもので(もっと難しい))個人に合う合わないが大きい。
・方法論より自己受容感・自己肯定感が重要だという事があまり知られていない。
この二つが重要な気がします。
一概に言えないのが難しいところですね。

匿名さんより

どちらにお住まいですか?
今回の場所でも参考程度に聞いてみてもいいと思います。

さんさんサンゴさんより

文面から主さん自身は、普段のお子さんの様子で困ったことは特にない感じがしますが、保育園の先生に言われたからってことですか?
まずは発達検査をおすすめします。
発達障害疑惑と言うことは、グレーゾーンの可能性もありますね。

うちの子もグレーゾーンで、月に一回療育に行ってます。
療育と言ってもやってることは幼稚園などでやるような感じで、今日は何月何日かわかる?とか天気は?とか、紙芝居読んだり、簡単な製作など。
親は後ろで見て、感想や今困ってることを用紙に書くだけ。
私も行く意味ある?って思うことありますが、やはりプロの先生が見てくださるので、声のかけ方などすごく参考になります。

例えば、お店のなかで危ないから走らないでね。よりも、お店の中は歩きますと短い肯定文で言うとか。
大きい声を出してしまうときは、静かにしなさいとかではなく、ジェスチャーも入れて小さい声でと伝えたり。

主さんがどういうことに困ってるかわからないとアドバイス難しいですが、集まりには専門の先生がいるなら参加するほうがいいと思います。
お子さんが楽しんでるならですが。

それから発達障害は優れてるとかは、障害の種類や特性によって違いませんか?

発達のばらつきが大きいため、IQが高くて得意な分野はずば抜けてて、苦手な分野との差が激しいという特性の方が多いと感じます。
黒柳徹子さんは執筆などすごい人ですが計算は全くできないといいますし、トム・クルーズも読み書きできないディスレクシアと言う学習障害ですよね?
なので、障害があるから劣ってるとか優れてるとかではないと思ってます。
個人的見解ですので違ってたらスミマセン。

匿名さんより

主です。
たくさんのアドバイスありがとうございます。
落ち込んでいましたが悲観的にならず、前を向いて進んでいきます。
元気がでました。
発達検査も受けたんですが知的能力の部分でまだ年齢に追い付いていない、その他はだいたい年齢ぐらいですと言われました。
市町村の集まりにも、私が不安だったため、お願いして参加した状況です。(心理の方は参加したいなら参加する程度な感じ。次回の集まりも来たいならきますか?でした。)

子供の具体的状況は
・興味のある事があると集中して話が耳に入りにくくなる
・興味のある事があるとそれに関しての会話が多くなる
・多動な感じだけど、初めに注意(ここは車が来るから走るなや店内では人にぶつかったら危ないから走らないよー)したら歩く。そのかわり公園ではたくさん走っていいよと教えてたくさん走ってます。
・最近ではひらがなや数字を読み書きしたり、果物の英語を話したりでき、運動も運動神経はかなり高く、勉強系と運動系はイイ方だと思います。
・人との関わりが少し苦手そう(自分の話を貫こうとしている感じがみられます。言葉のキャッチボールが苦手の印象。相手は他の話をしているのに、息子は自分の興味のある話をしている。全部の会話ではないのですが。)

・日常生活に関し、トイレ(座って大をする。ペーパーを渡せば上手にふける。小も立ってできる)◎、
食事(基本的に食事は嫌いみたいで注意されながらほぼ完食。後片付けもできる)◎、
洋服やズボンにこだわりがあり、新しい衣類はこのみません△、
風呂は自分でシャワー可。石鹸もつける事はできます。やらない時は石鹸は介助しています。〇、
二歳ぐらいの時はかんしゃくが強く、自分の意志がとおらなかったら泣きわめいていましたが、今は意志がとおらないでも、少し泣くぐらいで説明すればわかってくれます。

アドバイスをもとに
・できる事をとことん伸ばす 
・できない事は基本的に「委託」「回避」「受容」する 
・余裕があるときだけ、できない事を、効果が感じられる範囲にだけ、無理なく工夫で改善を試みる。
を実践してみたいと思います。
日本では普通が普通だけど世界の視点でみると普通にとらわれすぎているというアドバイスもわかってよかったです。
もう一度市町村の専門の方とも連携しながらアドバイス事項を実践していきたいと思います。
また何かありましたらアドバイスお願いします。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です