【文化】沖縄の方言を主流に使ってたのは昭和何年生まれまで?

= みきさん =
 
昭和22年生まれの両親は会話はほぼ方言。
子どもたちには標準語話してました。
私は昭和50年生まれで方言はほぼ聞けますが
話すのは難しいです。
友達同士で方言主流は昭和何年生まれまでですか。

53 Comments.

匿名さんより

これはそれぞれの環境で異なる話です。一概には言えないんじゃないですか?
私は昭和30年代終わりの生れですが、父が先島、母が首里の出身でお互いの方言が通じず、家には年寄りもいなかったので家庭内では方言の会話が無く覚える機会がありません。でも、私より歳下の本土復帰の直後生れた人だけど、明治生まれの祖父母も同居していた三世代の家庭で育ち、方言の敬語で会話出来る方もいます。
主さんは勿論そんな意味で聞かれてるのではありませんが、「えーやったよー。○○だばーよ」なんてのは方言ではありません。方言もどきの妙な言葉交じりの話は除いて、「お年寄りと会話出来る」を基準とするなら昭和20年代後半~30年代前半あたりがだいたいの境い目じゃないかな、と思います。

匿名さんより

ザックリと
昭和38年生まれ以降
生まれたときから家庭にテレビがあった
高校進学した
以上の人は方言を喋れない
中卒の方はすぐ大人社会方言の世界
ヤンキーが方言をしゃべるのはこの為

匿名さんより

ヨコかもしれませんが。
「〜するべき」って方言ですよね?

標準語でいう価値観を押し付けた言い方の「〜すべき」とは違う意味で使うような。

自分が行くのときも「いまから来るさーね」とか、あれ、わたしだけなのかなって。
なんか大人になって混乱してきました。

匿名さんより

それ宮古の方言ですよ
川満しぇんしぇいがよく使ってます(笑)
○○だよね~っじゃないかな?
宮古の人教えて

匿名さんより

〜〜するべき?は「〜〜した方がいいの?」です。疑問形になります。
自分の行動に対してこうした方がいいのかなと相手に同調を求めたり後押ししてほしい時に使います。

匿名さんより

宮○島出身の両親をもち、本島で生まれ育った兄。
大人になりコザとかあのへんの人と仕事するよーになってから、両親との会話がなりたっていません。

匿名さんより

うちの母は22年生まれですが、方言はほぼ使いません。祖母(母の親)が共通語で話す人だったようで、叔母(母の姉弟)達も、余り方言を使ってるのを聞いた事がないです。
育った環境によるのかな(^^)

みきさんより

トピ主です。
方言混じりの標準語ではなくほぼ方言の年代が知りたいです。
ほぼ方言は本土の人が理解できないくらいの(笑)
私の両親と同居祖父母はすべて方言でした。
私は方言はほぼ理解できますが、祖父母と同居経験ない
那覇育ちの友人はおじぃおばぁの言ってることわからん、と言ってました。
地域差が大きいでしょうか。
うちの地域では昭和50年生同士で方言では話してません。
方言が時々混じる程度でした。

みきさんより

プライベートで方言同士で話したラインは
昭和40年生まれという説があるようですが
どうでしょうか。
もちろん、私は方言では話してなかったという人もいるとは思いますが
確かに地域の集まりだと昭和は年生は方言だった記憶があります。
沖縄本島の那覇に隣接する南部地域です。

匿名さんより

昭和50年生まれの私の夫、方言バリバリ話しますけど特殊なんでしょうね。もちろん私や子供との会話は標準語が入りますけど。
親と話す時、年配の人と話す時など全く何を言っているのかさっぱり分かりません。

匿名さんより

08:10さん
08:04さんの解釈はちょっと違う。正しいのは08:09さんの解釈。宮古の「○○するべき~」は疑問形です。

匿名さんより

信ちゃんと川満先生の「どうするべきー」の番組の中で聞くので、何となくですがそう思ってました。
聞く人がいないのでこの際、ちゃんと理解したいです。

匿名さんより

真面目系堅物系の人が方言を嫌い傾向にある。
方言話せないことを自慢気に話す人もいる。方言話す人を低学歴的に話す人がいる。
どんなに自慢したり批判的でも自分はどれ程の人間なんだって話。大したことない人ほど重箱の隅をつつきたがる。

匿名さんより

那覇で若い女性が訛りが強すぎて方言喋ってるのかと思ってました。方言じゃなかったらしいです。この人も方言聞けるけど話せないと言っていました。

匿名さんより

昭和14年生の父は、小学生の頃、方言をしゃべると方言札というものを首から下げさせられるというペナルティがあったようです。昭和22年生の母は、戦後生まれで、方言はお年寄りから習って、しゃべれるのですが、方言札はなかったそうです。
【方言札】ほうげんふだ
標準語の使用を強制させるため、学校で方言を話した者に、罰として首から下げさせた木札。各地にあるが、特に沖縄で厳しく行われ、明治末から第二次大戦後まで用いられた。

匿名さんより

08:00です。
08:04さん、ほんとですか?
私、そこの島じゃない!本島中部です。
あれーだれか元彼の中にいたかなぁ
( ̄▽ ̄)

匿名さんより

うちは主さんと同じ年代ですね。
両親は普段はカタコト方言なのに、子供に聞かせたくない密談の時だけ、ネイティブなるっていう。まるで秘密結社の作戦会議かのように使い分けてました。
(内容はほとんど、お互いの身内の文句)

匿名さんより

方言で喋るは戦前生まれの方達じゃないですかね?
日本兵に方言使ったらダメ!って命令されてた時代。

匿名さんより

太平洋戦争中、琉球方言禁止!
方言を使ったら死刑とそんな時代があった。

匿名さんより

年代だけじゃなく地域性もあるのでは?
南城市やうるま市は若い人も方言使える人が多いと思う。
介護士さんとか見てると方言が上手。

匿名さんより

「ぬーが。~でぃやんな?」程度の方言が交ざるレベルではなく、方言そのもので日常会話が成り立っていた、というなら戦前生れが限界かもしれません。
戦前は大半の人が農業や漁業。自分の住む村から方言が異なるくらい遠くに出かける機会もそれほどはありません。地域の方言だけでも日常生活は成り立ちました。
ところが、戦争で北部や県外に疎開している間に自分の村が米軍基地になった人が沢山います(米軍基地の面積はいまとは比較にならないくらい広大でした。何せ占領軍ですからやりたい放題)。また、北部に疎開していた人達も強制的に米軍が指定したキャンプに収容されました。自分の都合に関係なく住む地域が決められたり。
そんな風にして沖縄各地の村の方言が交ざったそうです。無論、沖縄本島と宮古、八重山程の違いは有りませんから、戦前でも例えば中部の人と南部の人と全く会話が成り立たない程の違いがあったわけではありませんが。

匿名さんより

9:13 9:18さんに同感。
戦後生まれの人は、方言と共通語だと思います。主さんの希望のほぼ方言の年代だと、戦前の人かなぁ〜って、思いました。

匿名さんより

戦争中死刑になっても方言は無くならなかった
当時の沖縄人は日本語を話せなかった
復帰前まで方言札があった事実

明治12年廃藩置県
明治13年伊江島に1,首里に3,本島に10の小学校をつくって
日本語教育を始めた当時の文部省
爾来、政府は日本語教育を推し進めていったがなかなか沖縄に日本語は浸透しなかった。

匿名さんより

10:28
相手にするのも馬鹿馬鹿しいけど
妄想はそれくらいにしておいたら?
頭の悪さを自分で露呈しているだけだよ。

みきさんより

方言札があったのは学校ですよね。
それはよく親から聞きました。
でも、家に帰ると家族間は方言ですよね?
那覇以外の地域では家族で方言は当たり前だったような。。。
私が同居してた大正生まれの祖父母は標準語は聞けるけど話すことは出来ませんでした。
祖父母とその間に戦後生まれの子どもは完璧な方言でした。
子どもはバイリンガル状態でしたけど。

匿名さんより

私の祖母は大正生まれですが
標準語バリバリ喋りますよ!
出身はやんばる奥。
おばー同士で喋ってるの聞くと意味くじピーマンの方言ですが、ちゃんと標準語も聞けるし喋ばります。

みき(トピ主)さんより

私の母の姉妹同士、父の兄弟同士は完璧な方言で日常的に会話します。
みんな戦後生まれで方言札世代です。
もちろん、沖縄訛りの標準語も話せます。

匿名さんより

10:51さん
「意味くじピーマン」も立派な方言だと思う。
かわいい!!

匿名さんより

主さん職種にも寄ると思いますよ。
子供の頃 方言札を掛けられた叔父は
小学校の教員になり方言を使う環境じゃなくなった事により普段も方言使わなくなりました。
周りもそんな感じなのでバリバリ方言を喋る機会がなくなった。
主さんの身内はバリバリ方言喋れる職種だったんじゃないですか?
例えば農業、漁業、など
地域や身内しか関わらない仕事。

匿名さんより

それと学歴!
当時、高校卒業も珍しい時代。
更に大学卒業した方達はバリバリの方言は喋りません。

匿名さんより

主さんは
>ほぼ方言は本土の人が理解できないくらいの(笑)
と仰っていますが、沖縄の本源は古い日本語が変化せずに残ったものです。
戦前だったか、本土から日本語の研究者が沖縄に来たとき、沖縄方言をほぼ理解できたとのことです。
先日もNHKで「くしゃみで誰かに噂されている。と言うのはなぜ?」という質問の中で沖縄のくしゃみにまつわるおまじない「くすけー」は日本語の「くそくらえ」と語源は同じ。と説明していました。
古来からの日本語を残すためにも、沖縄方言を守っていきたいですね。

みきさんより

もちろん、個人差や地域差があるのは承知です。
バリバリの方言世代の絶滅最後を知りたいです。
兄弟家族で方言のみはやはり昭和40年前後生まれの一部でしょうか。
さすがに昭和40年前後生まれでプライベート以外は標準語です。
ちなみに私のイトコは昭和40年生まれで家族間は方言の
大学卒の公務員です。

匿名さんより

私の周りには居ません。
戦前の方達でもバリバリ方言使う人も珍しいし
今の時代、バリバリ方言使ってもデメリットしかない。

匿名さんより

明治13年~45年–32年間
大正15年間
昭和20年間—-8月15日戦争終結
半世紀以上の日本語教育もむなしく方言しか喋れずスパイ容疑で殺された者もいた
戦後は集団就職で本土へ渡るもまともに共通語が話せずなくなく帰郷した者多数

匿名さんより

昭和45年うまれですが、ほとんど方言話しません。周りに方言話す人がいなかったせいか、方言も半分以上意味わかりません(・・;)。だから義母が方言話しても⁇って聞き流すじぶんがいます笑。
旦那も話しませんが、友達と話するときは、やしが・・とか、バッペー?とか笑ってしまう方言ばかり言ってます!

匿名さんより

宮古島出身です。
亡き曾祖母の方言はもう他国の言葉並で標準語を聞いた記憶がないです。
祖父母(昭和6年生)は同世代とは100%方言、父(昭和30年生)は目上、友達とは80%位方言。
おじ(父のいとこ・昭和40年代?)はあまり方言でしゃべってないかな~半々位かな?
私(昭和50年代)は祖父母の方言は半分聞き取れますが、ニュアンスでとらえている部分もあります。
平成生まれの介護士のいとこは私より方言理解してるかも(^ー^;A

匿名さんより

12:51さーん
みやこー?
〜するべき、正しくおせーておくんなまし。
気になる。

みき(トピ主)さんより

沖縄方言での会話はいずれ絶滅するので淋しいですね~。
昭和40年生まれ以降で外では標準語だけど親とは方言バリバリ話しますよ、
という方いませんか。
普通、標準語が多いというのはわかりますが。

匿名さんより

100歳超えた人の通訳的な人は居るんじゃない?
基本、今の生活してたらベラベラ方言必要ないもんね。

匿名さんより

13:22さん
12:51さんではないけど、宮古島出身者です。「~するべき」は08:09さんの解釈どおり疑問形です。なので宮古の人は「○○するべき~」と言うときは語尾が上がります。

匿名さんより

じゃ、標準語のするべきの使い方は同じで語尾だけ上がるんですね。
スッキリしました!やっぱりうわさはいいですね。

匿名さんより

いまでもヤンバルの人と首里・那覇の人が方言で会話をしたら意思の疎通は出来ない
(名護)            (首里・那覇)
ダーチガ?—-どこいくの?    ??
アンチナイワンナ—-こうなるでしょう  ???
 (備瀬)
イヤーピシガリンドーヤー —  ??????

方言が絶滅するのも無理は無い

匿名さんより

昭和60年代産まれ、糸満出身、祖父母、両親ともにほとんど方言しか話さないのでアラサーですが方言バリバリです。そして同郷出身で同年代の旦那も方言です。同じ糸満出身者でも核家族で育った友人たちはほぼ標準語で会話してます。子供たちもほぼほぼ方言で、90代のうちのおじーおばーと通常時合ってる今時珍しい家族です。そういえば大学の時に、昭和50年代生まれの沖縄出身者で方言が出来ないからと無理に方言を学んで琉球独立何チャラ活動を訴えている女性がいて、方言を冒涜するなと口論になったことがありました。彼女の下品な方言が本当に衝撃で。今では新聞に載ったりしてて方言活動をしているみたいで、ヒヤヒヤします。

匿名さんより

S40年代です。
なんとなくなので聞けるに入らないと思います。
親は本格的な方言を聞けるし喋れますが、家では使いません。
でも身内や友達はバイリンガルが多くて一概には言えません。
お年寄りと暮らしてると出来るな~とくらいです。
いつもは方言を使わない人が、高齢者に尊敬語で喋ると格好いいですよね!(^^)ホレテマウガナー

匿名さんより

40年代、中部です。親、姉弟、友達、バリバリ方言を話す人は、回りにはいません。ありツ!とか は〜や!位です。うちの息子が大学で方言を専攻してましたが、まわりが標準語な為、四苦八苦してましたよ。
バリバリだと戦前、戦後辺りではないでしょうか?

匿名さんより

方言のバリバリ話せる年代と話せない年代の境目を何故か昭和40年と限定したがる主さん。
分かりませんなぁ???
地域や環境の差は大きいと思いますよ。
私の両親や周りの60代後半の方々…方言聞けるけど喋れない人ばかり。
80代後半の祖父母や親戚も聞けるけどバリバリには話せない。
大正生まれでも同じだったって(祖父母が言ってます)
明治生まれでようやく方言オンリーだったそうですよ~。
昭和40年くらいの那覇ではキチンとした綺麗な日本語の敬語(尊敬語、謙譲語、丁寧語)が話せて英語が話せるそうです。

匿名さんより

50年前だと那覇とその他の地域の教育環境の差は大きい!
今のように何処に住んでても教育レベルがさほど変わらない時代じゃなかったからな。

みき(トピ主)さんより

みなさん、たくさんのコメントありがとうございました。

18:49分さん、昭和60年代でバリバリの方言はスゴいです!
やはりいるんですね。
すばらしい伝承者です。
大学で沖縄方言を学んだことがあって
沖縄方言はいつ絶滅するかがテーマになったことあります。
うちの地域では昭和40年の人が地域の青年会で方言だったのを記憶してます。

確かに方言は地域性が強く
北部、南部通じないので絶滅するのも無理はないかもしれませんね。
農業や漁業地域で方言が多いのも納得です。
 
みなさん、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です