【御願】初めて拝みします。

= 初めてさん =
 
分かる方教えて頂きたく投稿しました。
悪ふざけや否定的なコメはご遠慮ください。
初めて首里12ヶ所廻りを自分でしたいと思ってます。ユタには頼むつもりはありません。
そこで、ビンシーも持ってないため代わりのもので代用しようと思ってますが準備する物を教えてください。
よろしくお願いします。

27 Comments.

匿名さんより

>悪ふざけや否定的なコメはご遠慮ください。
本当にやめてください。真面目にお願いしますっ!!

匿名さんより

いつもやってます。
りんご、ばなな、オレンジ
うちゃぬく
米を3個の容器に分けて、1つは研いだ米
おちょこのついた日本酒の小瓶を2本
これが仮ビンシー。
あとは、お賽銭と線香と習字紙を切った物を周る箇所分持って行きます。
本屋さんで立ち読みしたら分かりますよ

匿名さんより

急に12か所廻りをしたいと言われましても、まず、家の火の神様や仏壇などへの日頃の御願等はされていますか?
そういったことをしてから、12か所廻りを自分でした方がよいと思うのですが、私だけでしょうか。
ビンシーを持っていないということなので、仮ビンシーを作って拝むこともできると思いますが、まず、何を御願しようと考えているのでしょうか。
御願の目的は何ですか?
家庭の健康祈願ですか?
それとも、自分の道開けとかそういったものですか?
どのくらい、何をわかっていて、どのくらい何をわかっていないのかがわからないので、コメントに苦しみます。
勝手をして、神様から、間違いと言われるようなことをさせてもいけませんし。
家族のことを拝むなら、それなりのグイス(祈り言葉)やお供えもの(ビンシーまたは仮ビンシーなど)が必要ですし、線香の香分やシルカビ、ウチカビの有無や枚数などがあります。
健康祈願であれば、まずは、火の神様を仕立てて、そこで御願をすればいいですし、年頭の御挨拶や年末のシディガフーの御願であれば、火の神様を御願してから、首里12か所を廻ります。
ですが、しっかりとした考えと事分けがないと、神様から不足の請求が来たり、ウブリたりします。
間違うとターリたりするかも。
まずは、お賽銭だけを持って、首里12か所を廻るでもいいですし、自分のできるところから、高望みせずにやることではないかと思います。
自分のチジ分とかの御願は素人ではできませんし、まず、火の神様を仕立てて、自分と家庭の神様との繋がりを密にすることだと思います。
仮に、火の神様を持っていないということであれば、ビンシーや仮ビンシーを仕立てずに、お賽銭だけで、首里12か所廻りをした方がよいと思います。
御願の本で、一番わかりやすい、初心者向けと思われるものは、『よくわかる御願ハンドブック』(ボーダーインク)です。まず、その本を買って読んで、実践することもよいように思います。
本屋さんに行けば、他にも、御願の本や年中行事の本などがありますので、そういったものも活用するとよいと思います。
ここだけの情報で、鵜呑みにせず、自分自身に返して、正しいかどうかを判断して、やっていくとよいと思います。
勝手をするとしっぺ返しが来て、取り返しのつかないことになりますよ。

匿名さんより

内容な分からないのは、必要としていないから、だと思います。
クリックする人にはクリックします。

匿名さんより

こんなとこで聞かないといけないくらいの
ど素人が下手に神事をすると えらい目に合いそう。
(トミーさんごめんなさいね)
専門にまかせたら・・・

匿名さんより

勝手をするとしっぺ返しが来て、取り返しのつかないことになりますよ。 

拝み事って奥が深すぎて怖いです…
素人は、グイス等わかりません。お賽銭だけで、普通にお参り程度が無難と言う事でしょうか?
拝みをして、神様が気に入らなければ、バツを与えるとの事でしょうか?

匿名さんより

>米を3個の容器に分けて、1つは研いだ米

違う違う!研いだ米はお墓に行くとき。
普通の米ですよ。

匿名さんより

ビンシーは、その家庭(主など)の印鑑の役目。
簡単には出せない。ちゃんと言葉で案内ん掛けないと。

匿名さんより

主です。お返事ありがとうございます。
ヒノカンは持ってます。1日15日は欠かさずお祈りしてます。沖縄のおがんハンドブックも持ってます。仏壇もあり毎日うちゃとー線香焚いてご先祖様へ報告してます。首里12ヶ所はそこまで足を運び神様への祈りをしたいと思ったからです。
コメの中に小銭だけで廻ってますって方が居ましたのでその方向でやってみようかと思ってます。
みなさまありがとうございました。

匿名さんより

グイスがわからないとコメントしている方がいますが、年中行事でのグイス例を書いた本は、上にある『よくわかる御願ハンドブック』(ボーダーインク)と、『沖縄の年中行事-方法と供え物 御願のグイス-』(那覇出版社)が詳しく書かれています。
グイス例を見ていくと、自分は、何を御願したいのか、グイスのイメージがついてくると思います。
首里12か所で御願するときにも、延長として、グイス例が参考になります。

匿名さんより

線香には香分という、本数や割り方によって、意味や役割があります。
シルカビやウチカビもどんな形をつくり、何枚持てばいいかも決まっています。
神様とやり取りをするときに、香分という線香の持ち方とグイスなどもある程度決まっています。
本に書いてあるものを参考にするのもよいですし、ユタさんに習ってから始めるのもよいですし、やり方はあるでしょう。
ですが、神様が意図していないことを祈願したり、でたらめな線香やシルカビ、ウチカビ等を出すと、神様からしっぺ返しが来ると思います。
愛の鞭ですね。
ですが、お知らせを自分自身で感知できないときには、苦しくもなったりしますので、勝手はせず、わかる方から習い、例えばユタさんやカミンチュさん、年長者さんなどに聞いて、習うのが、安全策だと思います。

匿名さんより

現代語では通らないんでしょうか?
拝み語?じゃないと通らない?難しすぎます。

匿名さんより

御願は、現代語でも神様に通ります。
ですが、沖縄の昔からの御願用語などは、日本語に訳しにくいものもありますので、そういったものの意味を理解して、使うようにすると、言葉の幅が広がりますよ。
御願の言葉の意味を理解するには、『沖縄の御願ことば辞典』(ボーダーインク)の本が良いと思います。
持っていると重宝する本です。

匿名さんより

何で、神様はバツを与えたり、しっぺ返しをするのでしょうか…?

馬リングヮさんより

>匿名さん@2018年10月09日(火) 23:13
何で、神様はバツを与えたり、しっぺ返しをするのでしょうか…?

教育だから。これから神の道に歩もうとする者に対し最初は、赤子だから温かい目で見守ってくれるけど、最初から聴けるウマリングヮは極々僅か。路を外れたり、間違えた覚え方をした場合は身体で教えられる。
言葉が通じる人間社会でも、相手側の意思を無視して無碍に扱う行為を何度も何度も繰り返していたら、叩かれる。親が我が子を育てる時にお尻ペンペンから段階が上がる感じ。聴こえない者には仕方ないと言われればそれまで。
もしウマリングヮじゃない者が同じ行為をした場合は何とも感じない。だからこちらのカテでも賛否が分かれる。感受性の違いみたいなもの。

カミングワァさんより

12所廻りより屋敷ウガンした方がいいよ
ユンシヌカミ、ジョウヌカミ、フールヌカミ、ナカジンヌカミ、ヒヌカン、先祖!
これだけしっかりしてたら、災いや体調不良は起きない

匿名さんより

仮ビンシーの作り方は、上のコメントに書かれている本にも書かれていますが、ここで、書かせていただきますと、お供え物として、ウチャヌク、リンゴ、ミカン(オレンジ)、バナナと生米(ミハナ)を3つの入れ物に入れて、月桂冠などの小酒瓶2つに杯を準備して、お盆に乗せて、仮ビンシーとします。
健康祈願の時には、ミハナは生米、先祖供養などお墓に行ったりする場合は、洗い米(洗いミハナ)、生米(ミハナ)などを準備します。
具体的には、本を参考にしてください。
線香は、12本3本を3組と17香1組、シルカビは規定の切り方をした3枚セットを3組準備し、ウチカビも5枚1組セットを3組準備します。
これが、一般の人が使える、健康祈願や、年頭のご挨拶、年末のシディガフーで使える線香の本数と、シルカビ、ウチカビです。
これを、お盆に乗せた仮ビンシーセットと、線香類は、下から、ウチカビ、シルカビ、線香15香を乗せ、3組準備し、脇に輪ゴム等で留めた17香を置いて、御願をします。
首里12か所で御願するときには、これで、御願しなさいと、ユタさんから習いました。
私たち家庭には、ビンシーがありますので、仮ビンシーではなく、ビンシーで御願します。
主様は、まだまだビンシーを準備して御願する予定はない様子なので、まずは、お賽銭で御願をしてみるとよいと思います。
また、詳しいやり方やグイスは、やはり、詳しい方から習うのがよいと思います。
上のコメントにも書かれている方がおられましたが、ビンシーは家庭の印鑑(実印)のようなものです。
神様とのウトゥイケーに使用するものなので、これを使って、御願すると取り消し等することが大変になります。
それなので、あいまいなまま使ったり、勝手御願や勝手グイスなどを使って御願したりするとバチクェーあたったりしますので、慎重にお使いください。
実印を押して、御願することの大変さを知っている人は、簡単にはビンシーを出しません。

名無しさんより

どうして、12ヶ所をまわるのですか?
理由によりますよ。
ユタさんにはお願いしないとありましたが、年長者や経験者の意見を聞くのはとても大切な事ですよ。
それだけ、とても危険を伴うという事を覚悟してからにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です