荒らし対策でコメントは承認後に掲載されます

【健康】HPVワクチンにまだ不安ありますか?

= 9価さん =

今回のノーベル賞に本庶祐氏が選ばれ、スピーチの際30分の規定の中7分、日本のHPVワクチン、通称子宮けいがんワクチンの日本の遅れとマスメディアに対する怒りに混じったお話されていました。

あと、名古屋市が子宮けいがん副作用被害者の会から絶対副作用だ!の証明してくれとかなりバイアスかかった統計※名古屋スタディ とりましたが、バイアスかかっているのに接種軍・非接種軍で副作用とされている症状が同じでした。

アルプスの少女ハイジに出てくるクララと同じ病です

オーストラリアは男女接種を早くから始め、2028年に子宮けいがんが無くなると発表しています。

10歳〜14歳接種だと二回接種でいいのですが、皆さんまだ怖いですか?

私の周りはやはりテレビの影響で接種を前向きに考えられないと言う友人が多いのですが、先日ランチ会で集まった時、2人けいがん検査で引っかかった話をし、友人は絶対接種させる!と接種に後ろ向きな友人達が無言でした。それでもまだ響かないかな?と、むぬかんげーしています

基本的に接種控える方が多いと思うので、まず何が怖いかをお聞きしたいです。

注・過激・批判コメントは荒れますので大人らしく言葉を選んで書き込み頂きますようご協力宜しくお願い致します

0

25 Comments.

匿名さんより

思春期の女の子特有の思い込み現象なのに大手マスコミや医学も心理学もわからない議員やはたまた都市伝説じみたことを信じてしまう市民意識etc…
いろいろな方々が登場してワクチンによる予防効果を封じてしまっている現状は狂気とも言えると思います。

本庶教授もノーベル賞の記念スピーチで今日本で起こっているこの現象を痛烈に批判していましたが、その部分をマスコミは報じていませんね。
マスコミの責任が大きく、名指しで朝日、毎日、読売にNHKまでこのネガティブキャンペーンを嬉々として行い、医学の直面する問題に対して足を引っ張っていることを指摘しているから表に出したくないんでしょう。

このようなときでもしっかり公費で接種しているのは医師の子どもぐらいで一般はほぼゼロです。
年間3,000人もの命が子宮頸がんで失われているのにそれを阻害している要因はなにか?
しっかり考えて行動発言してもらいたいですね。

3+
匿名さんより

主さんは知識はあるかも知れませんが、文才が微妙ですね… 伝えたい事が分かるような分からないような…

とりあえず、確率の低い副作用のリスクを恐れず接種が望ましいと言うことですね!

ちなみに、オーストラリアは男女接種とありますが男性も受けといた方が良いのでしょうか?

5+
匿名さんより

>>07:40
>>年間3,000人もの命が子宮頸がんで失われている
って本当?ワクチン接種しても、こんな数の方が副作用を発症すること
ないと思うので、少し考えさせられますね。
嫁とちと相談します。娘が2人いますので。

2+
匿名さんより

何故友人関係でそんな話をするのですか?
親が考えることであって、貴女には関係の無い話じゃないですか?
しかも友人を説き伏せようとする態度、おこがましくないですか?
何様なんだろうと思いました。
因みに私には娘は居ませんが、友人知人に「貴女の娘にワクチン受けさせろ」などの会話をしようとも思わないし、話題にもあげないです。
物凄くプライバシーの侵害のように思います。

10+
匿名さんより

主さん、カモンベイビーあめりかのトピ主ねぇ?
世の中に不満だらけで疲れそうね。

2+
9価さんより

2018年12月25日(火) 11:18
2018年12月25日(火) 11:21
『何がこわいですか?』のトピックです

1+
匿名さんより

疫学[編集]

2007年の世界保健機関(WHO)の報告では、全世界で年間約50万人に子宮頸がんが発生し、約27万人が死亡していると推定されている。子宮頸がんの発生頻度は、アフリカ、南アジア、東南アジア、中南米、カリブ海沿岸地域で高い[2]。

日本の2012年の子宮頸がんの罹患者数は約10900人で、死亡者数は約2900人と推計される。

年齢別にみた子宮頸癌罹患率は、20歳代後半から40歳前後まで増加した後、横ばいになる[4]。近年の日本の子宮癌全体の罹患者数の推移では、39歳以下で罹患者数の増加が認められる。 (39歳以下の子宮癌のほとんどは子宮頸癌で、子宮体癌の大部分は40歳以降に発生する。) また39歳以下では、子宮頸癌は乳癌の次に罹患率が高い。

主な死亡層は高齢者となる。イギリスの2010-2012年の死亡データからは、25歳未満の子宮頸がんによる死亡は年7人であるが、65歳以上では同449人となり、この層が全年齢層の半分以上を占める[5]。日本のデータでは特に80歳前後でピークの死亡者数となる[2]。

1+
匿名さんより

罹患するかどうかは遺伝もある?うちの家系親戚も誰も乳癌、子宮癌いないんだけど。

0
9価さんより

2018年12月25日(火) 11:18さん
2018年12月25日(火) 11:21さん
私はあくまで『何が怖いか』を聞いており、お答え頂きますよう願います

9価ワクチンを男児に接種すると中咽頭癌はじめ7~8個の癌を予防できます。
あと、パートナーにHPV感染させません
ちなみに子宮けいがんで子宮摘出は年間1万。

【再掲】トミーさん、どうしてトピ主の私のコメントを掲載しないのでしょうか

0
匿名さんより

↑子宮頸がん罹患率が20代後半~40代前半で死亡率のピークが80歳全後なら無理に10~14歳に接種させなくてもいいのではないですか?
成人してから自己の判断にまかせても全く遅くないと思います。
どのみち罹患しても80歳前後まで生きられるのなら特に問題も無いと思います。

1+
匿名さんより

HPVウイルスは性行為で感染します。そのため性行為する前の未成年の時の予防接種が効果あります。成人になってから予防接種しても効果ないそうです。
HPVウイルスに感染しても無症状で潜伏していて、いつ感染したかわかりません。

1+
匿名さんより

子宮けいがんのウィルスは種類があって
ワクチンで予防できるのは2種類だけなので
ワクチン接種しても子宮けいがんになる可能性があると聞いたことがあります。
実際どうなんでしょうか…
以前は中学生に予防接種のハガキが届いていたと思いますが、現在は無いのでは?

0
9価さんより

トピ主です。一度目の投稿も二度目の投稿もトミーさんが承認しないので困っています。もうちょっと待ってコメント反映されないなら先の投稿と重複になりますが書きたいと思っています

0
匿名さんより

子宮頸がんになる原因のウィルスは成人男性90%が保有しているそうです。性行為でウィルスに感染します。それですぐに癌になる訳ではないですが、キッカケで癌になる原因になります。夫婦でもゴムは始めから付けるだけでも防げますが もう感染している方が多い。
子供は性行為体験していないので予防接種で防げるのであれば 十数年後は子宮頸癌を無くせると思います。

1+
匿名さんより

先程、13:58にコメントしたものです。
子宮けいがんのウィルスには百種類程の型が
あり予防接種で対応してるのは二種類なので
予防接種したからといって子宮けいがんにならないとは
言えない、毎年の子宮がん検診が大切と聞き
ん?二種類の型にしか効かない??と思い
娘には予防接種受けさせるのを辞めるという考えに
いたりました。

毎年の子宮がん検診を私も含め娘にも徹底させる事が
大事だと思っています。

0
9価さんより

現在日本で使われているのは4価
予防率は80㌫程。理由は2つのハイリスク型を4価に入れているから
それを世界標準の9価または13価にすると90㌫以上になります。
コンドームをしてもHPV感染しますし、検診で分かるのはCIS1~3または軽度等、どちらにしても早期発見で命は助かるが、円錐切除すると早産に繋がる、また進行の速さで妊娠時にみつかる方が多い。
あと、HPV感染検査をやろうと厚労省が発表していましたが、実際検査始まるのは早くて五年後※産婦人科医の回答
五年、五万の子宮摘出です。1万5000人の命がなくなります
別名マザーキラー。幼子や親兄弟姉妹遺していく人数が多い。予防出来るのに…
一体何を不安に思うのでしょうか

0
匿名さんより

じゃあ、成人男性が予防接種すれば良い話じゃないですか?
なんで女性だけに押し付けようとするのかしらね。
邦人男性でワクチン接種してる方っているのですかね?

2+
匿名さんより

>先日ランチ会で集まった時、2人けいがん検査で引っかかった話をし

こんな友人、嫌だ、要らない。

0
匿名さんより

成人男性で感染していなくても彼女が処女だったら感染はないですけど 彼女が前の彼氏から貰っていたり結局、男性も女性から貰ってしまう。

0
匿名さんより

男性が感染してても男性は癌にならない。
女性は頸癌の原因になる。
だから、予防接種は女性限定なのかな?
男女両方の接種の方が遥かに防げそうだよね。

0
匿名さんより

約80% の女性が一生に一度は感染するそうですね。
それを防げるのであれば
娘にワクチン接種希望の母親です。
まだ、1歳なので ワクチン接種までは期間があります。それまでには接種が広まってたり
副作用も解決しているのかな?

0
9価さんより

友人がけいがん検査を告白した事をそんな言葉投げかける事は2018年12月25日(火) 23:58さん、人を傷つけているのご存知ですか?

2018年12月25日(火) 23:56さん
まずは女性から接種となった理由は、20~30代で子宮けいがんで命を落とす方が多く、より早く命を守る為女性から接種となりました。アメリカ オーストラリア 英国 その他諸外国も同様に女性から接種で現在男女共に接種になっています。
そして日本以外は9つのHPウイルス型のワクチンで、更に進んでいる国は13の型に対応するワクチン。日本は女性に特化した4つの型のワクチンです
男性が9価を接種すると、中咽頭癌 陰茎癌 肛門癌 精巣癌 が防げます。

トピ主である私は40歳近く
30代の頃、友人が幼い子どもを遺してけいがんで旅立ちました。それでランチ会の時に年々病気がみつかり始めた話から友人を偲び、そして皆で健康になろうとこういった話になります。2018年12月25日(火) 11:18さん、次世代を守るのは大人の役割です。こうやって癌が予防出来る話をするのがおかしいですか?30年来の幼なじみ達だから私や友人は話せているのかも知れないと貴方のコメントで気付かされました。
本投稿最後になりますが、タイトル通り『皆さん、何が怖いか』を書いて頂けたら世論が学べるので是非教えて下さい

1+
匿名さんより

私はワクチン接種が怖いと思いません。
癌が防げる方が遥かに良いと思うからです。
怖い人は怖いで子供に受けさせない選択すれば良いし、価値観が違うのでノーワクチンの方と議論しても無駄な気がします。

2+
9価さんより

皆さんコメントありがとうございました
私事で大変申し訳ないのですが、実生活が忙しくなり始めたのでここで閉めさせて頂きます
皆さんが良い一年になりますよう、今から祈ります

0

現在コメントは受け付けておりません。