荒らし対策のためコメントは承認後に掲載されます

【貯蓄】イデコやってみたい!

= イデコさん =

イデコの話が出ていますね
前々から興味はあったのですが
まだ一歩が踏み出せません

よくラジオで耳にするのは
「ろうきんのイデコ」なのですか
イデコはどんな所で加入できるのでしょうか?

他の所でニーサ(投資信託)に加入している私もできるのでしょうか?
色々調べては居るのですが質問に合った答えが見つけ出せずに居ます

イデコについての知識、メリット、デメリット、60歳までに他界したらどうなるのか

他にも気になる事を物知りなイデコ先輩に聞いて皆んなでイデコに強くなりませんか?^_^

0

2 Comments.

匿名さんより

イデコは、個人型確定拠出金年金です。
私的年金で、公的年金の上乗せの給付を保障する制度です。運営方法は、自分で選びます。
メリットは、全額所得控除になり納める税金が安くなります。運営益も非課税です。受取る時も公的年金等控除になり、一部が非課税になります。

デメリットは、原則60歳まで引き出せない、脱会できない、口座管理手数料などの各種手数料がかかる。運用の仕方によっては、元本割れする場合がある。があります。

運用しないと、手数料だけ取られて資産が減っていくということもありますので注意です。

60歳前に他界した場合は、遺族に死亡一時金として給付されます。また、障害を負った時に、障害給付金として受給できます。

0
運用初心者さんより

idecoはSBI証券で、NISAは楽天証券でやっています。
SBIは信託報酬が少なく、商品も豊富で選ぶのが楽しいですよ。
iFree NYダウやひふみ年金なども選べます。
ネット証券の方が私は良いと思って開設しました。

idecoについての本が沢山出ているので一読されてみると良いですよ。
60歳まで亡くなれば死亡一時金として遺族に支払いがある、借金を作って自己破産してしまったとしても、確定拠出年金法で差押禁止財産となりidecoからは取り立てることは出来ないなど面白い情報もありますよ。

実は年末まで、しっかり運用プランを立てずにほとんど利益が出ない内容で運用をしていましたが、猛勉強して年明けから非課税枠を活かした攻めのポートフォリオを組みました。60歳まで中長期運用していくのですから複利の恩恵を最大限受けようと思った次第です。ただ、思うように増えて行かない可能性も視野に入れつつ、NISAでは手堅い運用を心掛けています。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。