荒らし対策でコメントは承認後に掲載されます

【生活】旅行で不在時のクーラー

= ししょうさん =

このGWは旅行で家を一週間くらい開ける予定ですが、湿気対策でクーラーをつけっぱなしで行こうかと思ってます。
これは正しい対応でしょうか?

3+

20 Comments.

匿名さんより

すごい気をつかうんですね。
わたしはそこまでやりませんが

気にしているのは電気代とかですか
仮にそうとだとして、

最近はエアコンでも機種や古さにより、電気代もバラバラでしょうからね。

ドライにすると、普通のモードよりは電気代はそんなにかからない?

私も興味がてら調べてみました。

ドライには弱冷房除湿または再熱除湿
2つのモードがあるそうです。
前者は冷房機能より安い
後者は冷房機能より高いようです。

室内の温度を24度、湿度を80%、電気代を1キロワット時当たり25円として計算してみましょう。
機種によって差はありますが、例えば冷房モードの消費電力が480Wのエアコンを使用した場合、弱冷房除湿は180W、再熱除湿は652Wです。
消費電力の大きさは「再熱除湿」>「冷房」>「弱冷房除湿」の順というわけですね。

それぞれの機能を1時間ずつ運転させたときにかかる電気代は、

・冷房 0.48(kW)×1(時間)×25(円)=12円
・弱冷房除湿 0.18(kW)×1(時間)×25(円)=4.5円
・再熱除湿 0.652(kW)×1(時間)×25(円)=16.3円

つまり、「再熱除湿」が最も電気代がかさんでしまうということがわかります。

さて、こうなるとご家庭のエアコンのドライ機能が「弱冷房除湿」か「再熱除湿」か、気になるところですよね。

搭載されているドライ機能が「弱冷房除湿」か「再熱除湿」かは、エアコンのグレードによって異なります。

たいていの場合、標準機種なら「弱冷房除湿」を採用しています。

上位、最上機種のエアコンなら、「2タイプ切り替え可能」の製品と、「再熱除湿」しか選べないものとがあります。

エアコンのドライのタイプを見分けるためには、取扱説明書を見てみましょう。
弱冷房除湿か再熱除湿か、新しい商品であれば記載されています。

もし取扱説明書に記載されていなければ、たいていの旧型・標準タイプのエアコンの場合は弱冷房除湿だと判断して良いでしょう。
どうしてもどちらか知りたいときは、メーカーに問い合わせてみるのが一番確実です。

●まとめ
冷房とドライとどちらが節電対策になるのかは、「弱冷房除湿」か「再熱除湿」によって変わります。
ご自宅のエアコンに「弱冷房除湿」機能があるようでしたら、冷房を使用するよりも電気代の節約になりますよ。

17+
匿名さんより

除湿の27度の自動ではなく1にしてはどうですか?私ならそうします

1+
匿名さんより

好きにしたらいいんじゃない?
逆に家にいて寝転がってエアコン付けるのとの違いは?
電気代は誰が払うの?好きにしたらいいさぁ

1+
匿名さんより

3日くらいは付けぱっなしで旅行しました。
真夏でしたので!
今の時期は どうでしょう?
必要ないかな?と、思います。

2+
匿名さんより

クーラーなくてもお家は腐れないから大丈夫よ
電気よっぴぐわぁ着けて行っておいでねー

1+
匿名さんより

正しいと思います(*´∇`*)
除湿運転もしくは、クーラー27度設定位で出られると良いですよ!

4+
匿名さんより

つけっぱなし、できるんですか?
ウチのクーラーは24時間過ぎると自動的に切れます。

1+
パズルっ子ママさんより

県外から里帰り中の者です。2週間弱、カビ対策でドライ運転付けっ放しで出て来ました。

2+
匿名さんより

去年新しく買ったエアコンだけど家の出入りが多く冷房つけっぱなしにしてたけどベランダの室外機の劣化が気になった。
台風や雨にさらされてたからしょうがないけど。室外機はノンストップだもんね。カバーしなきゃいけないかな。

0
匿名さんより

皆 この時期は、クーラー不要という方が数名いましたが、そんな事ないと思います。もう、ジメジメしているので、湿気対策に必要だと思いますよ!
カビてから大変するよりは、防止対策した方が安心です!

3+
病院職員さんより

こちらは湿気が多い場所に住んでいるので、毎年5月から11月までドライモードで電源切りません。常にONの状態です。電気代は月1万3千円くらいです。外出先から家に帰っても常に涼しく、何よりカビに悩まされなくて良いので快適です。
因みにエアコンOFFだと夏季は常に湿度75以上で最悪です。

1+
匿名さんより

えっ!
エアコンか、除湿機って、長期不在中でも普通付けっぱなしじゃ無いの?

下手に換気すると逆に湿気呼び込むでしょ

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。