荒らし対策でコメントは承認後に掲載されます

【家族】その時、みなさんはどうささえましたか

= 涙なみださんさん =

みなさんはどうささえましたか
あなたの家族が
もう、助からないと知ったとき、、、

どうささえましたか
医者に何もできないといわれたとき
一人残される身内を
どうささえましたか、、、

時間が止まってしまって
みんなで助かる道はないのか
あちこち探してます
ショックと気持ち整理が、、、できない
頭ではしなきゃいけないこといっぱい

前に向かなきゃいけません
がんばろう、がんばろう
とおもいます

20+

28 Comments.

匿名さんより

始まりがあればいつか終わりが来る
1日1日を大切にして下さい

27+
匿名さんより

そうそう
まだ残された時間を知ることができたことは良かったかも

だって、その分、一日一日を濃く使おっと思えば使えるでしょ

なぜ仕事とかで、締め切りがあるのか
人は無限に時間があるより、有限だと知ると、より良く時間を使うようにするというものですから

9+
匿名さんより

人間の命は有限である事、命の儚さと尊さを教えてくれる事に感謝しましょう。

9+
匿名さんより

同情とかではなくて、その方の気持ちに寄り添ってあげて、気持ちを受け止めてあげることじゃないかと思います。

6+
匿名さんより

後悔しないように、ずっとそばにいてあげてください。

奇跡を信じています。

17+
匿名さんより

本人や周りの家族が後悔しないようにするかな。
本人のやりたい事の手助けを全力で頑張る。

16+
匿名さんより

家族ががんの告知と余命まで言われてすごくショックを受けました。
入院後は身内みんなで協力して、食べたいものを食べさせて、たまに外出して、本人の思い出のある場所へ連れて行きました。
本人は最後まで何も言いませんでしたが、やれることはやってあげました。

34+
まめさんより

本人さんが一番望むことを優先してあげて下さい。
これ以上の苦しい治療は望んでいないかしれませんよ。

11+
匿名さんより

そばにいてあげて話を聞いてあげる事かなと思います。
親が末期癌で入院してましたが、食事も食べれず、外出も困難でどこにも連れて行ってあげられませんでした。買ってきて欲しい物を買いに行ったり、それくらいしか出来ませんでした。
後悔してる事は 余命1ヶ月の時に お家に帰りたいと言ってたのに、帰してあげられなかった事です。
家で最後を迎えたかったのだと思います。
主さん 陰ながら応援してます。

11+
匿名さんより

病気になって、お見舞いに来る人がいるけど、止めてほしい。体調がきついのに、しゃべりたくない、休ませてほしい。

16+
匿名さんより

 3年前に母を亡くしました。病院から同じことを言われました。今日、亡くなるんだということが、素人から見ても、わかるのに、病院は、付添しなさいとも言いませんでした。許可をもらい、付添ベッドもない部屋で、最後の夜を二人迎えました。良くこんなときでも、耳は聞こえると聞いたことがあるので、耳元で「お袋、何も心配はいらないからね、僕の体に入ってこい」と言ったら、お袋の頬に涙が伝わりました。これが、私とお袋の最後の会話です。声をかけたら、どうでしょうか。家族は、一心同体です。一つの命がなくなることではなく、命がまとまるということでは、ないでしょうか。

54+
なちちさんより

最近身内の者が末期がんになり余命宣告を受けました。何をしてあげるべきなんだろうとずっと考えています。
あと、義母は「私は自分の親をずっと延命治療していたけど身内からはあんたは満足かもしれないけど本人はその間苦しんでいる。そんな事するべきじゃない」と責められたと言っていました。だから、もし私達に何かあっても延命治療はしないでいいと言われました。
やっぱり家族の意見って聞いとくべきなんだなと感じました。主さんも辛い時期でしょうが今何をしてあげられるのか考えてお互いに前向きに頑張りましょう。

7+
匿名さんより

30代で実の両親50代を相次いで見送りました。母が先に亡くなったのは約3週間の入院後。通院は約半年。助からないと知った時、驚き過ぎてショックで狼狽えました。が結局、私が出来る事は限られてました。働いて医療費を払い、旦那に頼りながら幼い我が子の育児、ちゃんと食べて、病院の廊下のソファーで爆睡しつつ、しっかり睡眠。一回り以上、年の離れた妹も出産間近で同じ病院に入院させ、お婆ちゃんしてもらいました。今日明日が峠と医師から言われ、ゆっくり休んでね~と見送りました。全ての弔事を私が仕切りました。間もなく父が突然死。嘘みたいでした、心の準備なくですから。無力や限界を感じました。でも多分、出来る事は。。家族を大事に、いつもちゃんと食べる、眠る。出来たら笑う。

22+
匿名さんより

人間、愛だよ、愛。
愛がない人間は人として終わってるよ。感謝の気持ちを伝えてあげてください。

7+
スレ主135さんより

スレとはちょっと違うかもしれないけど、マザー・テレサの言葉を送ります。

“インタビューの中で「世界平和のために私たちはどんなことをしたらいいですか」と尋ねられたテレサの答えはシンプルなものであった。

「家に帰って家族を愛してあげてください」。”

今の俺には縁遠い言葉だな。

3+
匿名さんより

5月24日の方のコメント読んで涙が出ました。13年前に癌で亡くなった父を思い出します。
家族で出来るだけそばにいました。
仕事もどうにか都合をつけ長期の休みをもらったりして。
入院中の父に付き添い、母も体力の限界までを迎えようとしている時、内地から甥や姪が来て全員そろったころに静かに息を引き取りました。
今も他に出来ることがもっとあったんじゃないかと振り返ります。
でも、居られるだけ寄り添いました。
心身ともに寄り添ってあげて下さい。
悪いところは冷えているはず。痛いところがあるば沢山さすってあげて下さい。
最後まで頑張っている生きる姿を、しっかりみてあげてください。

5+
匿名さんより

本当はやりたくないならやらない方が人の為(自立を奪う)なのにやってあげたから感謝しろと言う人は人の役に立ちたい人にありがち。
人の役に立つ自分の為の自己満だが滲み出てるから感謝されないし感謝しろと言う。
本当に愛のあることを心を込めていたら必ず伝わる。感謝は強要するものじゃなく自然に湧き上がるもの。
それに愛のある人こそ感謝しなさいとは言わない。

12+
匿名さんより

主さん、辛いですね。
私も大事な人が癌になりました。
当時は主さんと同じでただただ動揺だけで日々が過ぎていました。
あれから数十年経った今でも思い出すと震えがきます。
うちの場合は成功し転移も無く副作用もあるけれど元気に過ごしています。
あの時、なにが助けになったか聞いたら、いつもと変わらない私の態度と笑顔だったそうです。
今思えば、先が見えない中、暗く泣いて過ごすよりは笑って楽しい記憶を大事に生きたいと思ってました。
お互いに最期は楽しかったとありがとうと言えるさよならを迎えたいと思ってました。
別れは誰にでも来るものだし、逝く者残される者の記憶が頼りです。
主さん、毎日顔を合わせる度に悲しい顔を見るのは切ないと思いますよ。
残された時間を大切に使って下さい。
何かあったら又投稿しにきて下さい。

7+
のりさんより

義父を癌で亡くしました。
最初、告知された時にも本人がしっかりして見えていたのでやりたい事をやって後悔しないようにしてもらおうと思いました。しかし死に向かう恐怖は計り知れないものがあった様です。
死を受け入れる事がどうしても出来ずに夜も眠れず、でも家族に弱音も言えなくて義父は鬱に陥ってしまいました。
今にして思えばもっと精神面に気を配ってあげれば良かったと後悔しました。
きっともっともっと時間をかけて本人の気持ちを聞いてあげながら、苦しみを共有してあげていたなら気持ちも安心し落ち着いたんじゃないかなと思います。
余命宣告されれば、誰でも受け入れるまで時間がかかります。周りは本人に寄り添い話を十分に聞いてあげて下さい。
でも主さん達家族も精神面、体力面色々大変だと思うので一人で頑張りすぎないで下さいね。

8+
匿名さんより

痛みなどが無ければいいのですが。

本人のやりたい事。食べたい物、食べれる物。会わせておきたい人。話してたほうがいいですね。誰もが思うと思いますが、最期くらい好きなように過ごしてほしい。
病院によっては在宅で過ごすチャンスは今しかないと帰そうとする所もあるが、いくら介護保険や医療保険でスタッフが頑張っても、家族に家で看取る覚悟がないと、酷な話です。
現実的に家で無理なら緩和ケアや他の手を考えて、最期は病院で寄り添うのでもいいかと個人的には思う。
病院から在宅での看取りを美談にしたら、家族は断りづらい。
家族も後悔しない最期を。
本人らしい過ごし方って、なんだろう?といつも思い、過ごしてます。

2+
匿名さんより

見捨てられた患者でも、神の手を持つ医者と言われる人に手術をしてもらい助かる患者もいる。
私なら本土の専門の名医を探す。

0
匿名さんより

ガンになった!ガーン!
って最後なら苦しみなんかより笑いを共有して欲しい。笑え!

7+
匿名さんより

残された時間をネガティヴな時間にするかポジティブな時間にするかは本人次第です。

5+
スレ主135さんより

参考になるかもしれないから、ラジオで放送してたことをそのまま書きます。

年寄りの場合はあまりないけど、遺される孫や子どもに心情的に何か将来的なメッセージを残したいなら、手紙やビデオメッセージを遺すのはありだと思います。

さっきラジオで「孫は今四歳だけど、二十歳になったら渡して」と音声を吹き込んだカセットテープを祖母(その人の奥さん)に渡して、その孫が32歳になったときに受け取った、みたいな投稿が読み上げられてました。

参考までに。

1+
匿名さんより

癌で身内を亡くしました。
今、考えて良かったなと思うのは。
本人の食べさせたいのを食べさせた。
家に連れて頻繁に帰った。
常に付き添う側が明るく振る舞った。
付き添う側が身だしなみや服装に気をつけた。
(疲れてる感を出さない)
イベントなど楽しくやった。
(クリスマスや誕生日、ハロウィンなど)

8+
涙なみださんさんより

ありがとうございます。
娘が宣告されました。
家族皆で色々調べてます、さがしてます。
泣いていたそうです、生きたいさぁと
孫娘一人が心配で。
6月に手術でしたが、
検査を進めていくうちに
手術はできない、と。
やっと子育てが終わって
孫娘が夢の学校に通ったばっかりで。
これから、働く孫娘をみながら
結婚をして孫をみてたのしい第二の人生が
待ってていたと思うやりきれません。
なみだばかりで、なにもできません
ふたりのために
がんばろう、頑張ろうと。

5+
匿名さんより

自分の体の事も考えないといけない状況なのですから主さんの悲しさを娘に押し付けてはだめです。
病人には余計な心配をさせないように楽しい時間を過ごせるように考えてあげて。

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。