【災害】県外より沖縄が安全なのか?

= ウチナーさん =

台風15号19号
関東他、広範囲に被害が多く川が大きいための氾濫等、、、

もしかして県外特に関東付近どんどんスーパー台風毎年被害が出たりして

住むのは危険地域になっていくのも否めない!

前は沖縄小さい離島だし災害時は危ないのかと考えていたけど

今は日本で安全圏内一番なのかと錯覚してしまう、

地震、噴火、大雨、川の氾濫、台風

千葉では、またもや大雨です

沖縄こんなに晴れてるのに

10年後20年後沖縄も、日本もどうなってるんだろうか?

自然は本当に怖いですね
日々用心しなくては!

以上つぶやきでした。

5+

33 Comments.

匿名さんより

少なくともある程度のお金があれば大丈夫
川の近くに住まなくても住む

テレビでは、被害のところだけがピックアップされるけど
おそらくそんな被害を受けていない人の方が97%くらいだとお思います。

もちろん被害にあった人たちはお気の毒にですけど
テレビ番組だけ見て、県外を極端に恐れるほどでもないけれど

地震があるとかなり怖いね
あと、作物被害が大きいから、それは県外、沖縄に関わらず財布は苦しくなるね。
沖縄も県外産の野菜とかたくさん食べてるからね。

6+
匿名さんより

東京、神奈川でいえばテレビで見られるような災害地域は100%中、3%もないかも
千葉はもう少し高いだろうけれど
必要以上に恐れる心配はない

7+
匿名さんより

内地は山も多いから地震でも雨でも崩れるし。沖縄は台風に強い島だから地震とか飛行機事故とか大きな火災とかなければ大丈夫かな。でも災害はいつでもどこでも起きます。日頃からの準備と気を抜かない事が大事。

7+
匿名さんより

沖縄だと怖いのは津波でしょう。イノーの海の幸で暮らしていた古代人も、住居は高台だったそうですから。しかも、沖縄は割と海底地震がありますし、活断層も割とあるようなので、最近安全だからといって油断してはいけませんね。

20+
匿名さんより

沖縄は県外から電気も水も多分、ガスも協力してもらえないので厳しいです。県外は陸続きな分、不安要素は次元が違うと思います

11+
匿名さんより

それぞれの地形がどういうふうなのか知ってますか。
どの地域が県境かなにがそこにあるのかどこに近いのか、たぶん何も知らないんだと思います。
氾濫した川のことも堤防のことも何も知らず、テレビで報道されて、大変だなあ本土は!と。その地域が沖縄以外の全域だとでも思ってるようですね。
県外より沖縄は安全なのか、ではなくて
沖縄は今のところ安全なんです。~より、と比較するのはこの場合違うと思います。
県外に安全な場所がないとでも思ってるんでしょうか。と捉えられても仕方がないと思うスレですね。

8+
匿名さんより

そんなことよりkenさん大丈夫でしたか?
他の県外さんはどうです?
台風20号の影響がまだ残ってるから心配です

5+
匿名さんより

沖縄は噴火もないし原発もないし過疎化もしてない。内地は広い分、大変です。都市がたくさんあるのはいいと思う。何もかも関東だけに集中していると、いざというときが大変。

5+
アイスコーヒーさんより

自然災害ではないけど
原発が置いてないのは
他府県にくらべて幾分安全でしょう
米軍の核は別として

4+
匿名さんより

県外住みのうちなーんちゅです
高い山、大きな河川が沖縄にはないし
豪雨もすぐ海に流れてしまう
台風にも強いし、地震、津波以外の災害に関しては沖縄が安全に思える

1+
匿名さんより

関東平野は日本一広大な平野
箱根の山を越えたら三日三晩歩いても山が無かったと
徳川家康も書いている、沖縄の一番高い山より低い山が
一番高い山を持つ県もある
大平野は洪水や川の氾濫には弱いと思われる
日本の歴史は治山治水の歴史ともいわれている
暴れる川には堤防を築き桜の木を植え、春に花が咲けば
サクラの下で宴を開き村人総出で踏み固めるという生活の知恵があった
と、我部祖河のまるきていえんの社長が言っていた。

1+
匿名さんより

沖縄本島の地形からして,台風19号のような水害は起こりにくい,そう広範囲にはならないと思う。台風に強いといわれるのは,対処法に慣れているのと木造家屋が少ないから。
恐いのは津波や高潮で港湾施設や空港,石油基地やパイプラインなどが被災すること。孤島の沖縄では食料や生活物資の供給もライフラインも滞る。
県は十分な備蓄やバックアップをしているのだろうか。わが家も備えたほうがいいかもしれない。

3+
匿名さんより

そんな事ないよ、沖縄も昔は台風が頻繁に来ていた時代があったよ
あの時大人は大変だっただろうなって思うよ
あと沖縄が安全って言ったら
内地からの移住者が増えるからやめてほしいよ ごめん!

9+
匿名さんより

台風や自然災害だけではないよ
県外は花粉症

春の一時期になると、少なからず苦しんで人たちは沢山います。
薬飲んだりしてもかゆかったり
花粉症の人たちがよく使う表現
目ん玉が撮れるものなら取りたい
取って洗いたい、それくらい痒い

花粉症の不快感や薬飲んでも眠くなる人もいるから労働力がおちる
経済の損失も大きいまで言われてる

お金持ちは花粉症から逃れたくて、移住なり、その時期だけ沖縄にきている人もいるかもよ

2+
匿名さんより

そういえば千葉のkenさん、最近見てないような。
大丈夫ですかね?

3+
匿名さんより

今朝のヤフーからの記事

台風から離れたところにいると物理的な被害はないかもしれないけれど

同じ国民
日本人なら負担する割合は同じなわけで

台風がくるたびに損失額がものすごく巨額
年金やら増税やら
自然災害がこんなに頻発してくると、国民の負担は益々大きくなりますね。

1. 2018年台風21号 大阪・京都・兵庫など 1兆0678億円
2. 1991年台風19号 全国 5680億円
3. 2004年台風18号 全国 3874億円
4. 2014年2月雪害 関東中心 3224億円

5. 1999年台風18号 熊本、山口、福岡など 3147億円
6. 2018年台風24号 東京・神奈川・静岡など 3061億円
7. 2018年7月豪雨 岡山・広島・愛媛など 1956億円
8. 2015年台風15号 全国 1642億円
9. 1998年台風7号 近畿中心 1599億円
10. 2004年台風23号 西日本 1380億円

 実に歴代トップ10のうち3件が昨年に起きている。そして今回の台風19号は、新たに記録を塗り替えてしまいそうだ。武蔵小杉駅のタワマンから郡山市の工業団地の被害まで、保険金は広範に支払われることだろう。私情を申せば、富山市内に実家がある者としては、30編成のうち10編成が水没してしまった北陸新幹線の車両は特に胸が痛む。

1+
匿名さんより

沖縄は大雨でも、すぐに海に出るからね。長年、床上で苦しんでいるのは西原シティ近くの小波津川周辺。
あそこは本当に気の毒です。
でも、津波でアウトな地域は
かなり多いですよね?

2+
匿名さんより

氾濫するような大きな川が無いので水害の危険は確かに低いでしょう。
けれども、津波。「明和の大津波」で先島諸島が死者1万人を超える大被害を受けたのは1771年。およそ250年前。自然界ではついこの間の話。
専門家の研究によると高さ30メートルを超える波だったという。だいたい8階建てのビルと同じ。
今より遥かに人口の少ない時代の1万人超。ウチナーンチュって、何の根拠もなく簡単に「沖縄は地震ないさぁ~」って言ってる人が多いからね。

4+
匿名さんより

赤ちゃんの頃から毎年台風経験してると習わなくても考えなくても″自然は怖い″をわかってるから無理な事しないんだよね。豪雨の中、車で避難しないし兎に角やーぐまい。今は親切にエリアメールで事前に避難先やどんな自然災害が来るか書いてくれるから冷静に判断し事前避難する。無理に仕事も学校も行かない。命を当たり前に守る。いい意味での自然災害慣れかな。あと自然災害で何か壊れても大概台風だから仕方ないとか悟りのレベルで受け入れる。当たり前のように自然と命を守る生活しているから安全と思うだけで実は凄く合理的なんだよね

4+
匿名さんより

台風に関しては建物が強いだけだと思います。それでも慣れきった方は暴風の中買い物に行かれたりするわけですし、危険だと言う認識もどんどん薄れているだけなんじゃないでしょうか。
氾濫するような一級河川はなくとも、ダムだってありますし、那覇市内も首里あたりや脇道入ればちょっとの夕立で側溝から水が溢れたりする場所もまだまだあるので今回のように一日で1カ月分の雨が降るなんて異常事態が起これば何をもって安心安全なのかわかりません。どんな災害もある日突然です。
大地震の経験がなくても一定のサイクルで発生している地域ではあるので楽観はできないです。特に老朽化したコンクリート住居の多い地区や新規着工でさえ未だにピロティ式の集合住宅や一戸建てが多いので東日本級の地震が来たらどうなるのかな?って考えたら想像するだけでも恐ろしいですよね。空港、港、沿岸の石油備蓄施設に被害が出るでしょうからライフラインや物資供給はしばらくズタズタでまさに孤島です。
東日本の地震時に被害の少ない北関東にいましたが、主要道路は早く回復しても肝心の供給する側の施設がやられたのですからものが全く足らないんです。ガソリンやチルド品などの物資供給が正常になるまでに2カ月はかかりました。陸続きでもこんな状況です。離島県の沖縄ならと考えたらぞっとします。
何事も過信せずが用心するに越したことはないです。

1+
匿名さんより

まだ年金受給の年齢になってない私の親が言うには、仲西、屋冨祖辺りは台風じゃなくても大雨の度に、舟が必要だったようです。数十年で学んだんですね。

2+
海月さんより

漫湖周辺も大潮の時に水害ありますよね。
小波蔵辺りと鏡原辺り。
久茂地川と国場川も氾濫があったけど、かなり整備されたから今の所大丈夫かも。

3+
匿名さんより

沖縄は、ではなく
沖縄も、では?

東日本大地震で亡くなった殆どの人たちが、津波による被害です。

東日本大震災で、岩手、宮城、福島3県警が11日までに年齢を確認した死者1万1108人のうち、65.2%が60歳以上だったことが19日、警察庁のまとめで分かった。
検視の結果、死因は全体の92.5%が「溺死」だった。
警察庁は死者の多くが「津波が原因」とみており、高齢化率の高い地域を一気に襲った今回の津波被害の特徴を改めて浮き彫りにした。

0
匿名さんより

古いけど、最強台風ランキング

1位 第2室戸台風
死者2,702人、不明334人、負傷者14,994人
1934年(昭和9年)9月15日 – 23日
最低気圧911.6 hPa (上陸時)
最大風速  60 m/s (上陸時)

2位 伊勢湾台風
犠牲者5,098人(死者4,697人・行方不明者401人)・負傷者38,921人
1959年9月21日 21:00- 9月27日 21:00
最低気圧895 hPa
最大風速75 m/s
1959年9月21日 21:00- 9月27日 21:00
最低気圧895 hPa
最大風速75 m/s

3位 平成5年台風第13号
1993年8月30日 9:00~9月4日 21:00
最低気圧925 hPa
最大風速50 m/s (95 knot)

4位 ルース台風
1951年10月9日 9:00〜10月16日 9:00
最低気圧924 hPa
最大風速60m/s

死者が多いのに驚く。

0
匿名さんより

沖縄はあ災害はほぼ無いと言っていい
地震はない台風はそれる、
雨での川の氾濫はあるけれど、川のそばの家のみ
川のそばに作ったのだから仕方ない
過去にあったような大きな津波がきたとしても
今は事前に速報があるので大丈夫
大丈夫じゃないのは危機意識が甘いから
海の近く、川の近くに住むなんてしない
自分は大丈夫というなんとかのバイアスの考えの人
過去に津波が来ると速報があった時、海に津波を見に集まってくるほど甘い人が多かった(笑)
ちやんと考えてすれば被害にあわずにすむ沖縄
寒くのない、熱くもない、災害もない
これからもないはず

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。