【仕事】会計年度任用について

= ひよこちゃんさん =

私が働いてる役所で、来年会計年度任用の説明がありました。
役所で働いてる臨時嘱託はパートタイムになるそうなんですが、業務ではボーナスが出ないのもありました。
それは、国が決めた事なんだそうです。
私の業務は清掃作業員なのでそれに入ってました。
他にも聞いてたら、是非持っと内容が知りたいので、分かる方いましたら教えて下さい

6 Comments.

匿名さんより

事務職であれば基本的には賃金の水準以外は正規職員に準じる扱いになります。
なのでボーナスは出ますし、各種休暇も認められます。
正規職員と同様に学歴や職歴によって賃金が変わるようにもなります。
ただしあくまで会計年度任用職員として雇われることになるので、賃金が今までより大きく増えることはなく仕事内容が変わることもないと思われます。
今まで曖昧だった非正規職員の位置付けを明確にするのが法改正の狙いであって、待遇面は付随的なものですので。

匿名さんより

非正規公務員は官製ワーキングプアと言われてますね。
数年前、官製ワーキングプアへの対策として、会計年度職員にもボーナスが出る!と聞いてワクワクしましたが、蓋を開けてみると…

収入がプラスになるどころか、ボーナスを出すためには月給を減らして、減った分を年に2回ボーナスとして渡すと言うことらしいです。

一人で積み立て貯金しているような感じですね。それもかなり低金利の…

常勤の公務員は毎年5千ほどの昇給があり、数年前の消費税増税、物価上昇後に年収も少し上がった上、ボーナスもしっかり出ているのに…
非正規の会計年度職員にはこの仕打ち。

月の給料が減るのも痛いので、今までのままでいいのに。

匿名さんより

週38時間45分が「フルタイムの会計年度任用職員」、それより短い勤務時間だと「パートタイムの会計年度任用職員」になります。
フルタイムの職員でも勤務時間を短くして、パートタイムに振り分けるという懸念もあります。

フルタイムは給与ですが、パートタイムは報酬になり、ボーナスの支給は原則ないようです。期末手当・交通費は出すことが「できる」となっていますので、自治体の判断次第です。
ただし、フルタイムと異なり副業は認められますので、他の仕事と兼務可と思われます。
いずれにしろ、非常勤には厳しい法改正になります。

匿名さんより

みなさん、返事ありがとうございます。あまり期待しない方がいいんですよねって言うか、ボーナスはないので、ボーナスからも社保だったか、税金も惹かれると聞きました。

匿名さんより

ボーナスも、社会保険料、厚生年金保険料、所得税引かれます。
フルタイムはでる、パーサタイムは上にもある通り、出すことが「できる」です。
ちなみに県職員の非常勤パートですが、2.6か月でるそうです。
会計年度任用のフルタイムだと二年目から公務員共済に入れる、退職金もあり、昇給あり、とだいぶ待遇よくなります。

匿名さんより

返事ありがとうございます。昨日も忘年会で臨時嘱託の待遇は良くなりますと言ってたのですが、以前の説明会では、清掃員、庁舎管理はボーナスは出ません。給料のみですと言われたので、給料も上がるか、上がらないかも、他の臨時嘱託の給料が下がるのは下がりますが、そこまでは下がらなかったはずです。
時間外の仕事も代休扱いだと言ってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。