【仕事】対応としての基本事項は守れたけれど

= 内勤希望さん =

自分が働く職場・部署からすると
難しい来訪者との対応は殆ど皆無なんですが
先日、何故か対応する事になってしまった。

立腹のあまり激しいお叱りの言葉を浴びせる相手に対し、まずは相手の訴えることに耳を傾け、真摯な対応を心がける基本的事項は守れたはずだと自負できるのですが、話を聞いている途中で有る事に気が付いてしまい、表情に出さないよう我慢するのに苦しい対応となった。

それは・・・相手の訴えを聞きながら思わず笑ってしまいそうになったこと。
だって、相手の立腹している事柄の原因について明らかな矛盾点に気が付いてしまったから。

もしも、ここで私が笑ってしまったら相手の怒りの炎に油を注いでしまうかも知れずと表情に出さないよう堪えるのに必死でした。

しばらくすると、相手も途中で矛盾点に気が付いたらしく急激に怒りの感情はトーンダウン。
冷静さを取り戻したところを見計らい、状況の説明を開始し、結局、誤解も解け最後は納得して帰られた。

怒りの感情に囚われた方の目の前で思わず笑い出しそうになってしまうなんて・・・
まだまだ修行が必要みたいです。

5 Comments.

匿名さんより

その場面が手に取るようにわかる文章でした!おもしろい。主さん完璧です♪

論さんより

そこは笑ってあげたり矛盾を指摘するくらいの人間にならなければいけません。
私は顧客だろうと関係なく説教もします。その為に信頼を得られました。ハイハイと謝るばかりやあんだぐちーばかり言う人は顧客との関係も上手く行きませんし信用を得られないと言うこと。まあ相手を説教するくらいの地位 名声 名誉がなければなりません。私は業界ではパイオニアとして確立されています。 

匿名さんより

くだらないウソ話はいいから
得意の「物申す」スレを立てて
ください。

匿名さんより

↑でもなぜか中卒なんですよね
コンプレックスあると自分と嫁の自慢ばかりするよね
あとは子供とか
そういう人知ってますけど

匿名さんより

笑いを堪えるのって大変ですよね。
聞き役に徹っした主さんのおかげで、相手の感情がおさまったのですね。コールセンターの研修でクレーマー対応見本も相手の感情がおさまるまで聞き役にまわりましょうとありました。お仕事お疲れさまです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。