【昔】殺虫剤を撒いてた車

= すえみんさん =

殺虫剤の軽トラみたいなの〜〜50年前の話かなぁ〜あれが来ると、、怖くて押入れに毎回、ナゼか隠れたもんです(o^^o)
自分も死ぬって思ってたのかなぁー。なんせ幼稚園前の強烈な記憶です。今では懐かしいですが、、遠い昔ですが、、人生長ーく生きてる感じで、、昔話のお婆ちゃんになった気分。

42 Comments.

匿名さんより

不思議です。
最近その白い煙をまいていた
車のことが気になった日がありました。
私の場合は30年前くらいだったかと
思います。
子供の頃はよくわからずに
その車が通った後白い煙の中遊んでいた記憶が。

ふふふさんより

私もです。
30年くらいまえだっはず。
白い煙、近所の子供達で追っかけていました。

それとは別に、ヘリコプターから
薬も撒いてなかったでした?
その薬を食べた犬が死にましたよ。

はるはるさんより

懐かしいですねー!

今の時代では 考えられない光景ですよね。笑
ちなみに皆さん何て呼んでたのかな?
地域によってあの車の呼び方
違いますよねー。

うちの地域は
【あーすまちゃー来たよ〜‼︎】って
子どもたちが 一斉に家から飛び出し
あのモクモクの中 みんなで走って追いかけて
いました。笑笑

空の上のヘリコプター。
それも懐かしい‼︎

うちの庭の池にいた鯉が全滅でした。
これも今の時代考えられない光景です。

匿名さんより

懐かしいですね。
呼び名は覚えてないですが
なんとなく匂いは覚えてる気がします。

ヘリもありました?
記憶がないです(笑)

匿名さんより

殺虫剤散布車ですね
このまま気温上昇したらまたあるかもしれません
そのときにはデング熱が流行か!
こわいさー

匿名さんより

南部の田舎です
その車見た記憶がありません
南部の田舎の方
いましたか?

匿名さんより

車はわからないけど、ヘリコプターは記憶にあります。小さな袋を撒いてませんでしたか。袋の中には丸い粒が入ってたような。

病院職員さんより

宜野湾市在住でした。煙を散布する車の事を近所では「煙ボーボー」と呼んでいました。
あの煙を追いかけ遊んでいました。
たまに煙を散布している車の運転手が下りてきて「コラー!」と怒られることも(笑)

匿名さんより

那覇ですが、未経験でして何方かが甘い香りだったと言っておられました。
嗅いでみたかったです。

匿名さんより

今もまいてませんか?
夏になるとよく通ってます
ちなみに中部の田舎です

匿名さんより

こちらも南部の田舎出身ですが全く記憶にありません。殺虫剤を撒く車なんて某宗教団体みたいで怖いですね。現代では考えられないです。

匿名さんより

宗教団体….
日本では考えられないかもしれませんが、年間通して世界一ヒトを殺してるのは「蚊」です。
もちろん、病原菌の運び屋として。

匿名さんより

がじゃんくるさー 懐かしい 子供の頃 これが来たら大騒ぎして追っかけてました 笑

匿名さんより

やなわらばの私、ブーブー車って言ってました。
当時、夜のヒットスタジオ真似て、チャ〜〜追っかけ。

匿名さんより

ヘリコプターのやつって虫とかでした?
なんか公園に小さい虫が降ってきた記憶あります。

匿名さんより

私の子供のころ住んでいた地域で週に2回ほど?来たような気がします。
蚊が多かったので仕方ないなぁと思いつつ殺虫剤が苦手なので、あの車が通るときは家中を全部閉めてましたね。

匿名さんより

40代前半です。
読谷、嘉手納でもありました。
真っ白な煙を撒きながら走る車。
ありましたね。
30年くらい前までは走っていた記憶です。
夕方によく見た記憶があります。

ヘリコプターからの散布は地域や時期が異なるのか覚えていません。
読谷村でのパラシュート降下訓練はよく見たので覚えているのですが。

小さな頃の何気ない思い出。懐かしい気持ちになりました。

匿名さんより

沖縄市。
追いかけてましたよ、必死で!笑
あの臭いも大好きだった。
今あれをやると苦情来そう…。
RTの周辺でやってみて欲しいなぁ。

匿名さんより

覚えてます。50年弱前ぐらい。
私も子供の頃友だちと煙を追っかけて喜んでました。大人になってからあれは蚊を殺す殺虫剤散布と知りショック。
復帰前だったけど、今覚えばどこからわからきたんかな?

匿名さんより

懐かしい! 
我が家も最近話題になりました!! 
もし、今“アースまちゃー”が来たら変な蛾の異常発生とかなくなるはずねー!と。 

あの煙を追いかけて走り、運転手のおじさんに拡声器?マイク?で怒られた記憶…
懐かしいけど今考えたら怖い(・・;)

ちなみに、地元は安慶名でした!

午さんより

那覇では見たことはありませんね~
沖縄市、北谷町は道から通る蚊の駆除での散布はあったようですよ。
ヘリから噴霧されていたのはサトウキビ畑のウリミバエ?か何かの虫の駆除だったのでは?
終戦直後しばらくはシラミの大量発生でGHQが地域ごとに住民を並べて一斉に薬剤を体にふりかけたって聞きました。
今では想像できませんけど~

匿名さんより

30年前 宜野湾市ありました。名前は覚えてないけど白い煙から独特の甘い臭いがしたの覚えています。夕方トラックが回って来ると家中の窓閉めましたねー。

匿名さんより

やはり中部中心ですね
人が多く密集して衛生的に悪い場所に撒いてたんでしょうね

匿名さんより

50代ですが、昔職場で話題になった時には中部だけでなく那覇も南部も北部もあったと言ってましたよ。
ただし、何処の地域でも2~30年前の話ではありませんから、40代あたりまでは見たことないでしょう。

匿名さんより

日本脳炎やフィラリア等蚊が媒介する伝染病が当時まだまだあったからね。
がじゃんくるさー、かなりの煙幕量で歌番組のドライアイスみたいで子供たちは追っかけてましたねぇ。

マングーちゅさんより

懐かしい!私も30年ぐらい前の記憶です。友達とめちゃくちゃその車の後ろを追いかけていました!怒られては、また見かけたら追いかけるの繰り返しでした。

匿名さんより

名護の復帰っ子(1972生まれ)です
軽トラの荷台から殺虫剤を撒いている車、ありましたよ!
「蚊殺し屋」か―ころしや― と呼んでいて、見かけると近所の子供たちで追いかけ回してはおじさんに叱られていました。どこでも子供が追いかけていたんですね。
キンチョールの香りそのものだった記憶があります。

匿名さんより

DDTですよね。
ウチの近所は河川があるので、よく廻って来ました。
確か、ダットサンのトラックだったかな?
当時小学生で、よく追っかけていましたね。

小鳥遊さんより

夏の夕方になるとやってきました。
みんなで煙追っかけて。
しかし、どこの子も同じ事やってたんですね。(笑)

ビルゲイツが地球上で最も人間の命を奪っている生物は蚊だとかいてますね。
わたし達もあの煙に助けられたんだはず

匿名さんより

うちの近所では【消毒ブンブン】と呼んでました。
いつも数人の子供達で白い煙を全身に浴びながら、
車を走って追いかけてました。

匿名さんより

クナイプのグーテナハトっていうハンドクリームがまさにそのにおい!
最初はあの懐かしい香りに違和感しかないけど、かいでいるうちにクセになり爆睡。

内勤希望さんより

1951年7月の沖縄タイムスの記事。

民政府厚生局では南部保健所と提携し
労務者二十一名をくりだして、去る二十八日から
那覇市内でDDTの散布を行っていたが
僅かな人数では思うように作業のはかどらず
夜間十時頃までもかかって散布作業を行っており
あと二十名程の労務者を欲しがっている。

この時のDDTの散布しなければならない理由は
致死率の高い日本B型脳炎の蔓延であった。
この年、7月だけで50名が発病し
うち14名の死亡者を出していたのである。

匿名さんより

昔浦添にも来てました、確かおかーがアースまちゃぁーが来たと言ってました、煙を追っかけて大きく深呼吸してわざと匂いを嗅いでいたのを思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。