【思い出】母からプレゼントされた腕時計

= 内勤希望さん =

若い頃、八重山地方の島々へ旅行した思い出がある。

石垣島を中心に周辺へ散らばる離島へ足を運んだ。
絵葉書で見たような懐かしい風景が現実となる竹富島。
平たい島で牧場と牛しか見かけなかった黒島。
地元の方が異国の言葉を話すとしか思えない与那国島。

最も印象に残るのは、島の大きさから言っても
大自然が残る島である西表島に勝る場所はないだろう。
学生の頃を含め何度も足を運んだ西表島であるが
数ある思い出のなかで、腕時計に関する出来事が心に残る。
それはカンピレーとマリュドゥの滝を観光した際のこと。

浦内川の河口から出発した遊覧船を下船した後
川沿いの山道を三十分以上も徒歩で遡った先に両方の滝がある。
ダイナミックな大きさを誇るマリュドゥの滝。
数百メートルに渡って小さな滝が連続するカンピレーの滝。

夏の盛りで汗をかいた私は川の水で体を冷やそうと
腕時計を外したまま、その場に忘れてきてしまったのだ。
見方によっては、滝壺に身投げした人が残した
形見の腕時計みたいな・・・。
就職して自分の給料で買った記念の腕時計だったのに。
滝の近くに忘れたことを気がついた時には
石垣島への帰りの船に乗っていた。

それから数ヵ月後の事。
腕時計を無くしたの話を実家でしたことさえも
忘れていたのだが、突然「ハイ、これ」と母から
腕時計をプレゼントされたのである。

母は私が時計を無くしたことを覚えていたんだと
プレゼントを受け取って無邪気に喜んでいた私だったが
腕時計の購入した経緯と価格を聞いて憤慨してしまう。

なんと、偶然にも家に訪れた訪問販売の方から
母は腕時計を購入したというのである。
それも、定価が20万円の腕時計を
今ならお値打ち価格の2万円きっかりで・・・。

訪問販売の方を信じて買ったのですか?
保証書も何も無いのに!盗品かも知れないのに!

親の心子知らずだったのかも知れないが
この出来事を契機に、母と私の関係は「冬の時代」が
到来したのだった(誇張し過ぎ)

それから数年後、母からもらった時計も
私は何処かに置き忘れて無くしてしまうのであった。

9 Comments.

匿名さんより

そりゃおもろないですよ。もらった経験のないかたには。可哀そう。

匿名さんより

親孝行のおりこうさんならば
他人に「しなさい」何て言わね~よ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。