【税】職場の人が〇〇〇〇市は税金が高いと言ってきます。

= とくめいさん =

私の職場の人の話です。
「〇〇〇市は生活保護が多いから税金が高いさー」
「〇〇〇市は基地収入がないから税金が高いさー」
「〇〇〇市は住民がお金を落とす所がないから税金が高いさー」

などなど中南部、北部の方達が話をしています。
そしたら沖縄県の全域が高いじゃんとツッコミたくなります。
やんわり所得によって決まっているからそれは関係ないですよーと伝えても伝わらないです。(所得税、住民税、健康保険、厚生年金。たしか介護保険は若干地域差はあると思います。)

金持ち市町村は税金が安いではなく、公園、図書館などが充実していたり、出産祝い金があったりなど、そういったところで住民に還元しているのになーと思います。
役所に電話して聞けばわかることなのに・・・

みなさんの職場にもいませんか?

24 Comments.

匿名さんより

私なら、そうなんですねーって聞き流しますけど、気になるなら言ってみればいいと思います。

えー、住民税って基本は一律って市役所の税務課の人から聞いたことあるけど…どうなんですかねー

みたいな感じで、私も知らないですよ〜みたいな感じで言って一緒に調べたらいいと思いますよ。

匿名さんより

浦添市は税金が高いという話をよく聞きます。
他の市町村から浦添市に転入してきた方が「住民税が高い」ということをよくいっていました。

匿名さんより

あっ、すみません。すでにやんわり伝えてるんですね。

なら、ほっとくしかないですね。

私の職場にも確かにいますが、この手の人はなぜか住民税は市町村によって変わらないという事実を頑なに信じません。会社の顧問税理士が勉強会としてレクチャーする機会がありましたが、それでも信じませんでした。

相手にしないことです。
それか、そんなに税金高いってことは、それだけ高所得者だわけさ〜って感じでおだてておけばいいです。

匿名さんより

私が就職した20年前からそう言う人いましたね~、挨拶みたいなもんだから無視したらいいよ。いちいち相手にしない。

匿名さんより

引越してきた方が、〇〇市は税金高い、というのはある意味当然なんですよ。

住民税は、前年の課税所得に対して課税されますよね。普通の会社員であれば、1年ごとに定期昇給しますよね、そしたら課税所得が高くなるので住民税も増えます。
そしてその翌年はまた定期昇給で…と同じことの繰り返しです。また、転勤の方は、翌年からは、引越したことによる異動手当みたいなのを含んだ額から課税所得を計算しますから、住民税は更に高くなります。

よく、石垣とかの離島勤務から帰ってきた人が〇〇市は税金高いというのは、離島で勤務していたときの手当で給料そのものが高くなってるんですよ。

住民税の通知書の裏に、市民税・県民税、それぞれの所得割の計算式、均等割の価格が載ってますので、一目瞭然です。

匿名さんより

えー?
浦添市は沖電とオリオンビールと西洲の法人税と基地のおかげで住民税安いんじゃないの?
平均年齢が若い市だし、
子育て世帯が住みやすいイメージ。

匿名さんより

〇〇市に引越したら、住民税が安くなった、という場合は、控除が増えたことによるものです。

引越しのタイミングによっては、子供が高校生になったから、とかあると思いますが、16歳になったら、児童手当が廃止されるかわりに扶養控除が適用されますから、課税所得が上がっても住民税が安くなることはありえます。

妻の収入額、16歳以上の子供の数、勤労学生がいる、社会保険料、生命保険料、その他によって住民税の額は変わってきます。

会社員が住民税を減らしたいなら、給料を減らすか控除を増やすしかありません。

ふるさと納税も、寄附金控除という控除の一つです。どうかこの機会にふるさと納税の検討をお願いします。
やってみることで、住民税(地方税)だけでなく、所得税(国税)の知識もつきます。 

匿名さんより

南城市は、税金高いか分からないが、自治会費は高いです。3000円以上毎月払ってます。

匿名さんより

22:12さん
私も南城市だけど、500円です。
3000円て何処だろ?初めて聞きまして

匿名さんより

税率は種類によって変わりますが、市町村で変わるのは住民税と国保税です。
給与所得なら、どこでも変わりないです。
自営業なら、国保税は市町村によって変わります。

知識を述べるより、へ~そうなんだぁと言っておく人間関係は無税です。

匿名さんより

01:06さん、住民税は市町村で変わるんですか?

金武は均等割が安い、とか例外的に横浜市はちょっと税金高いとか、そういう話でなく、住民税の税率が市町村によって変わるんですか?

私も以前から、この件に関しては、正しく知りたくてネットで検索しました。
結論としては、基本は変わらないけど、例外的に変わる市町村もあるよ、って感じだったと思うのですが。

責めてるわけではなく、本当のことを知りたいんです…。

とくめいさんより

主です。
コメントありがとうございます。
異動手当の話、わかりやすいです。
南城市は自治会費、高いですね。
私自身、勉強しながらやんわり伝えていきます。
ちなみに転職して年収が100万程下がり、その次の年はかなり住民税が下がりました。

匿名さんより

市県民税は日本のどこに住んでもだいたい年収の10%しか取られませんよ。
問題なのは国保の値段。これが住む都市によってかなり変わる。

匿名さんより

調べた通りで、住民税は基本10%で自治体によりちょっぴり±ですね。
率からするとたいした金額にはなりません。
たしか、年収1000万ベースで格差が年4500円位だったはずです。たぶん・・・

匿名さんより

南城市です。自治会費高いです。地域が密な為、特定されたくないので詳しい金額は書けませんが自治会費+そこから募金とかで500円~1000円ぐらい。自治会の行事不参加だと罰金もあります。合計で4000円超えた月もありましたよ。子育て世代にはキツイかもですね。

匿名さんより

南城市聞いた事あります。
ある自治会では草刈り不参加だと1万円罰金らしいです。
聞いた時は衝撃でした。

匿名さんより

那覇市から浦添市に転居したが
税金が高いことに驚いた。
なんでもかんでも子供や老人、福祉に
税金使えばいいってもんじゃないわ!
若い世帯こそ苦労するのは当たり前だろ。
でなきゃいつ苦労するんだよ?

匿名さんより

市町村によって違いますよ。全国一律なら東京や神奈川と沖縄が同じな訳ないです。まぁ那覇と離島が同じなわけないでしょたう

匿名さんより

住民税は基本、全国一律で市町村ごとにちょっぴり差異をつけることができる仕組みです。
東京や神奈川の市町村でも、基本のままで徴税していれば沖縄の基本のままの市町村と同じ税率です。
差異をつけていても、同じ課税所得ならば金額のその差は極々わずかです。
率なので、課税所得額が違えば当然に税額が変わりますが、そもそもその点を鑑みていないのではないでしょうか。
課税所得が平均的に高い地域は当然に平均税額が高くなりますが、課税所得が平気的に低い地域は当然に平均税額が低くなります。
ですので社保に加入しているならば、よほどの高所得(収入ではありません)でなければ差額はほんのちょっぴりで、勤め人ならば気にするほどの差異ではありません。
国保税の差異が大きいので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。