【住宅】エコキュートか電気温水器か

= でんでんむしさん =

新築予定で、オール電化にしようと思っています。
そこで、エコキュートか電気温水器かで迷っています。
過去トピもネットも調べて、エコキュートは初期投資が高く電気代は安い、一方電気温水器は初期投資は低く電気代は高い、ということはわかりました。
新築で導入された方の経験談を聞きたいです。
あと、建設会社に見積もり出してもらってますが、沖電とかに依頼したほうがいいのでしょうか?

よろしくお願いします!

16 Comments.

匿名さんより

電力自由化で価格競争がおきてるので、イニシャルコスト+ランニングコストをかけて自家発電するメリットは昔より薄いのでは??

匿名さんより

住宅設備をまとめて1つのメーカーに頼んだ方が割引率が高くなるんじゃない?
例えば、キッチン、トイレ、風呂場、エコキュートをPanasonicにするとかタカラスタンダードにするとか。

匿名さんより

今年電気温水器からエコキュートに交換したものです ランニングコストは新機器設置前後の電気代の差と導入費用・使い方で決まりますので人それぞれです。 私は価格コムにて460Lの給湯専用エコキュートを送料込みで18万円台で購入し 設置工事も自分でやり 配管等の資材はアマゾンで手に入れ 総額20万円以内で設置できました。
私は電気代に3千円以上の差がありましたので約5年では元が取れる計算です。
何事もやり方次第だと思いますが 巷では私の設置費の2~3倍の費用が掛かると思うので原価償却には10年~15年かかる人もいます。

匿名さんより

私も先日同じ選択に迷っていたところ、リースを勧めて頂きました。沖電が2月からスタートしたサービスで、初期費用なしメンテナンス込みです。使用料もさほど変わらなかったのでエコキュートにしました。

匿名さんより

実家は電気温水器です
かれこれ、30年以上になると思います
電気代金は動力料金になるので、ずーと電気代は高いですよ。
便利ではあるみたいですが。

匿名さんより

エコキュートも沖縄仕様と一般仕様があって、価格コムで販売してるのは一般仕様
県内の販売店や新築工事で取り付けるのは沖縄仕様がほとんどです。
沖縄仕様の場合、タンク・ヒートポンプの外装及び横板が重塩害対策、基盤はヤモリ対策、内部の配管やホース等が石灰対策されています。

匿名さんより

4年前に新築するとき、標準装備で値段は同じなのでどっちか決めてくださいと、住宅メーカーに言われてました。オール電化のエコキュートか、ガス給湯器の選択の機会がありましたので、いろいろ勉強し、結果ガスを選びました。理由はいろいろありましたが、燃料を一つだけに頼ると、リスク分散できないからです。たくさんあるガス会社の中から自分好みの安い会社を選べましたし、ガス、電気と両方使える家にしてよかったですし、後悔してません。
総合的に判断した主な項目(停電、料理、ガス乾燥機、電磁波レスで健康安全)

匿名さんより

うちもライフラインは全てバラバラ。
電気、ガス(キッチン)、ボイラー(風呂など)。
台風の季節の停電時、オール家電の親戚は大変そうでした。
電気代は少し高くつきますが満足しています。

上記にもありますが、HI調理・電磁波が及ぼす健康被害が一番の決め手です。

匿名さんより

「耐塩害仕様」は(一社)日本冷凍空調工業会標準規格JRA9002に基づいています。

①沖縄仕様の場合、タンク・ヒートポンプの外装及び横板が重塩害対策(要は塗料の違い)私の経験では空調製品ではメーカー独自のアルミフィンの厚みを厚くする・材質を銅にする等は見たことがあるのですがいずれも値段が高くなりすぎて 大体現地防錆処理会社を使い防錆処理を行うのが一般的でした 塗装ぐらいなら現在メーカーさん独自で防錆・塩害塗装処理をした機器を出していると思いますが、塩害の多い沖縄独自の防錆処理会社の現地防錆処理の方が良いような気がします。

②基盤はヤモリ対策(ペルガンzなど絶縁シリコン被膜溶剤スプレー塗布)これも沖縄特有の障害で、もともと沖縄の業者が対策に追われ独自に上記の処理を行い始めたのが始まりです 私が現役のころはヤモリ被害をメーカーさんに伝えたところそんな事が有るのかとびっくりされていました。

③内部の配管やホース等が石灰対策(沖縄の水質に石灰質が多いのはわかりますがメーカーさんが石灰対策製品を出しているという話は聞いたことがないです。)
よろしければ具体的にどんな仕様になっているのか教えていただきたいです。

ちなみに私個人的には塩害対策についても日本全国海に面しているわけですし特に海に近くなければ沖縄仕様と謳うような必ず行う処理のものではないと思いますし あくまでもお勧め程度のもので、設置場所の工夫や・清掃等で機器寿命は延命できると思っています。ヤモリ対策は沖縄では一般的で上記対策処理をお勧めします。

ねこさんより

エコキュートの健康被害については把握されていますか?

低周波音により不眠、頭痛、鼻血など体調不良になる事例が県外で散見され、現在裁判中らしいです。

でもまぁうちの実家はコスト面に魅力を感じ、沖電の担当者との交渉記録を残しつつエコキュート導入しましたが健康被害なさげです。

被害に遭うのは契約した家主や住人ではなく、隣家ということも真相究明を難しくしている一因のようです。

みなさんの周囲である日を境に体調不良になられた場合は、近隣にエコキュート入ってないか確認してみるのもいいかもしれませんね。

ひこさんより

迷った場合は良いもの(エコキュート)その方が長い目で見たら後々後悔しないと思います。よく台風時の停電が・・・とお話しますが私が以前住んでいたアパートは停電時はガス湯沸かし器のマイコンが作動しなかったためお湯が使えず(今は違うのかな?)メリットを感じなかったため、住宅購入の際はオール電化にしました。コンロは非常時用にとカセットコンロを常備しています。デメリットとしてはガス乾燥機と各段にお米がおいしいガス炊飯器が取り付けられないことですかね。また、HI調理は健康被害の懸念は分かりますが私はそれよりも災害被害を重視しての判断でした。因みに自家用車1台はリーフなので太陽光初期10年の販売価格期間が終了した際にはリーフtoホームを予定しています。

匿名さんより

低周波はエコキュートに限らずルームクーラーからも出ている事は把握していますか?

匿名さんより

低周波音の話はやめてください…
妻に、「あなたのイビキは低周波音よりキツイ」と言われました…

匿名さんより

主のでんでんむしです。
たくさんのレスありがとうございます!

電気温水器よりはエコキュートがいいようですね。
現時点で太陽光発電までは考えておらず、共働きなので夜間電力使用で電気代が下がるかなと思いました。

エコキュート&IHを入れると、建設会社の大雑把な概算で80〜90万と提示されていて、沖電のリースだと10年間で50万超えるくらいなので、リースに傾いてきました。

停電時のリスクは、上の方が指摘されてるようにガス給湯でもつかないので同じですね。
エコキュートに災害時貯めてある水を使える製品だと、水タンクなしの家なのでいいなと感じています。

低周波の懸念があるのは初めて知りました。パートナーとも話し合います。
まだ情報等ありましたら、よろしくお願いします。

匿名さんより

でかい魔法瓶おくか、湯沸かし器おくかって違いですね。何十万もするなら燃料式の発電機を置いておくのも災害対策になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。