【相続】守るべき沖縄の慣習

= ボーチラーさん =

50代独身長男です。
先日、私と同居する高齢の父親が相続の事について話を伝えるということで1男2女の子ども達を集めました。上から長女、長男の私、次女の順です。私以外は結婚して家庭を持っていましたが、5~6年前に長女が離婚しました。父は不動産を中心にそこそこの資産を持っています。

父親からの話を要約すると、「長女が仏壇を継承するとともに不動産を全て相続し、私と妹で金融資産を折半する」というものでした。
姉は私の表情を伺うようなしぐさをしていて、既に話を知っていたような雰囲気でした。妹は納得していましたが、私としては納得がいきませんでした。姉には息子が二人おり、姉の離婚後二人とも母方の姓に改姓しています。私が仏壇と資産を継承した後、将来的には姉の次男を私の養子に迎えればよいと常々考えていました。
その方法が沖縄の慣習を守り、イナググァンスの禁忌を避ける事ができると思っています。
父親は、不動産業をしている長女に不動産を相続すれば資産を確実に守ることができると考えているようです。退職して無職の私と妹にはこの先不自由しない程度の金融資産を与えると言っており、もしもの時には必要に応じて長女から二人へ援助するようにと言っていました。相続資産の評価額でいうと、私から遺留分請求はできない割合になっているようですが、実質的には長女の毎年の不動産収入はかなり大きく、長女が大半を相続している形になっています。

父の判断はもちろん法律に触れる問題ではありませんが、沖縄の慣習を守るという意味では問題があるかと思います。

みなさんの考えをお聞かせいただければありがたいです。

77 Comments.

匿名さんより

離婚してお子さんを一人で育てている
長女さんを不憫に思っていて、
しかも、その長女さんが父親の事を
日頃よく世話してあげたり、父親も頼りに
してるんでしょうね。
ウチも長男が独身でアテにならないと
思ったのか、いつも頼りにしてる離婚した姉に
「あんたは一人で子供育てて大変だから」と内緒で姉だけに生前贈与してます。
姉と一緒に父親の面倒みてるわたしには
ありません。私も裕福ではないのに。

姉とわたしの差はなんだろうと たまに
泣きたくなる事があります。

って事で、親にも特に気にいる子がいるんだと
思います。理由はそれだけだとおもってます
。ウチの場合ですが。

匿名さんより

スレ主さんは沖縄の慣習のそもそもの意味を全く理解してませんね。
「トートーメーを継ぐ者が財産を全て相続する」ですよ、本来の意味は。
世間では長男が継ぐパターンが多いから結果的に財産も長男が継ぐ、になってるだけ。
トートーメーが鎮座する家は一族皆が集ってご先祖に手を合わすところ。そして、その家とトートーメーを維持していく為に畑が必要。だからトートーメーを継ぐ者が全てを受け継ぐ。それだけの話。
イナググァンスの禁忌というのは、トートーメー引き継いだ後に再婚して同じくトートーメーを持つ他家の嫁になったら、引き継がれたトートーメーはどうなる?という懸念から出た話です。女がトートーメーを継ぐ事を禁じているのではありません。

お書きになった事で判断させて頂くならば、素晴らしいお父さんですね。そしてスレ主さんは大変残念な方だと思います。

長女のお姉さんは離婚していてそのお子さんは母方の姓、という事はスレ主さんの家の姓ですね?しかも、50代のスレ主さんより歳上ですからこれから先再婚して他家のトートーメー承継者となる子供を生むこともない。何の問題もないでしょう。

そんなに不満ならば、何故独身なんです?養子に迎える?そりゃスレ主さんの勝手な計画。

しかもお姉さんは不動産業をやってる。誰がどう考えてもお父さんの不動産を引き継ぐ最適任者ですね。しかも、お父さんは金融資産をスレ主さんと妹さんに残すとの事。
極めて分かりやすく、かつ公平なお父さんだと思います。

匿名さんより

うちの母方の場合は、跡継ぎの子供が居て、またお金の管理に1番の信用出来る人という観点では次女が適任者だったので次女に相続していました。
それぞれ家の事情があると思っています。

匿名さんより

書き忘れてました。スレのタイトル「守るべき沖縄の慣習」。スレ主さんは手前勝手に使ってるだけですよ。
それを言うなら、独身で子供がいないという事も「守るべき沖縄の慣習」を破ってますよ、スレ主さんは。

匿名さんより

慣習って?父の財産は父が決める事。後は法務局にでも遺言提出して欲しいね。

匿名さんより

使えない長男の典型的な例ですか?親の財産は何もしない長男の物という時代はもうないですよ。少しでも貰えて良かったですね。
ちなみに貰うなら遺産は資産だけではなく負債も合わせての財産なのでアパート経営等もへたしたら負債抱えている人もいます。競売が増加傾向なの知っていますか?相続税金払えなくて物納して結局財産手に入らない人もいます。

匿名さんより

実家では4人姉弟の長女で嫁ぎ先では3人兄妹の長男嫁です。
実家も嫁ぎ先も仏壇、資産ありです。
たぶんですが、資産が莫大で無ければ長男継承と自然の流れだったのでしょうが、資産があると守ることを優先重視するので主さんのお父さんは正当な考えだと思います。
うちの両親も義両親もきっと同じ事をするでしょうね。
覚悟がなくのんびり過ごした主さんが考えを改める事です。

匿名さんより

この先の事業を継承できる娘さんの存在に
お父さんはほっとしたと思います。
その器がないものが引き継いだところで、ろくなことはありません。
お父さんは、ちゃんと困らないだけの財産をそれぞれに下さるということですし、困ったら助けてもらえるようにと配慮もされています。

主さんすごくうらやましい!!
よく考えてください、
特に責任も負わずそれ相応の遺産がもらえるなんてすごいことなんです!!
介護費用の捻出も子供たち任せの人もいるのに
お父さんを誇っていいですよ。
沖縄の慣習なんて難しいことは考えずに、ある意味老後を楽しみに元気でいましょう。

匿名さんより

50代で退職したのですか?
独身でもあるのに、これから残りの人生設計しての事ですか?
親の財産をあてにして、あぐらかきましたね。
定職があればこれからでも結婚して子どもを持てる可能性もあって、仏壇継承と相続分割割合を変更出来たはずなのに、浅はかとしか言いようがないです。

匿名さんより

仏壇だけ主が継承して、仕事の出来るお姉さんが財産を守ってくで一件落着。

匿名さんより

生きるのに困らないくらいの相続があって
長男なのに仏壇は継がなくてよくて。
主さんなんて素敵な条件なの!

匿名さんより

沖縄の位牌の承継からすれば、お父様のやり方は良くはありませんね。
位牌や墓はボーチラーさんが継ぐのが筋ですし、姉の子息は離婚して姓を改めていたとしても、血筋が元夫の家系であり、このままでは「嫡子押し込み」と「他系混じくい」という二つのタブーを犯すことになります。

但し、これは建前であって、実際は王朝時代の昔から、按司や士族でさえ婿養子などによる位牌や家系の継承は行われてきており、昔の家譜にもハッキリとそれは残っています。

ですから、お父様の意見も現実出来そうな方法は、位牌や墓はボーチラーさんが継いで、不動産その他の管理は姉に任せればいいかと思います。その上で、仰るように姉の次男を早い時期にボーチラーさんの養子にする事です。姉の長男は、一般的には姉の後継者となりますから。この先、何かあった場合に面倒を見てくれるのは、姉妹と甥っ子ですから、余り事を荒立てずに、話し合いで解決した方がいいと思います。

匿名さんより

主さんの意見に賛同しますが、お姉さんの次男もしくはお姉さんは主さんの意見には
どう思われてるのでしょうか? 単に相続問題での解決策なのか、沖縄の風習に沿って
仏壇継承に沿って今後の事を考えてなのかですね。
お父様からしたら離婚したとはいえお姉さんに息子が二人居るのと不動産業で資産運営で信頼されてる事が大きいと思います。
お姉さんがこの先、再婚される事態になるともっとややこしくなると思いますので、もう一度、お姉さんとも主さんの考えを説明して話し合う機会を持っても良いと思います。

匿名さんより

養子縁を組む話は、主さんの一方的な希望ですよね。
父親が決めた通りの財産相続になるのではないでしょうか?
それに主さんが甥御さんに将来面倒を見てもらうつもりで養子に迎えたとしても、面倒を見てもらえる保証はありません。
お金目的の見て見ぬ振りすっぽかしもありますよ。

匿名さんより

結婚して跡継ぎもうければ解決。
私の従兄弟は3回の結婚後、65歳で遂に男子に恵まれました!
莫大な財産があるから跡継ぎの長男に拘った結果よね。

匿名さんより

相続を長男に限るなど、本来は殿内(ドゥンチ)と呼ばれる首里士族の中でも格式の高い家柄の話。下級士族はお役御免になれば百姓も同じ。

それを、明治になって平民も名字付けるようになってから真似しただけ。
昔の食うや食わずの貧しい百姓やウミンチュがみんなトートーメーは嫡子が、イナググァンスがなんたら、とかやってたと思う?

守らんと大変な事が起きるよ、というのは僅かな家畑で子孫が争わないようにする為の昔の人の知恵。
それを全てすっ飛ばして長男がなんたらかんたら言うオバーオバサンターも全く意味分かってない。

匿名さんより

世間体はさておき、独身の主さんにとっては、いいのでは?

財産の多い少ないなら別ですけどね
独身なら、(お仏壇事含め)身軽でいた方が都合がいいかと。

匿名さんより

主の問題視する沖縄の慣習というのは、これ迄もこれからも変化の途中にあるものだよ。

父親の財産なのだから、分配がある事に感謝して継げばいいのでは。

匿名さんより

そのような話をするために場をもうけたお父様はご立派な方ですね。
うちの両親とは正反対。うちは生前にそのような話を全く受け付けず失礼な話だと拒絶する両親でしたよ。お恥ずかしい限りで。

匿名さんより

お父様の決めた通りで良いと思います。
不動産や資産を一代で築いたのでしょうか?
素晴らしいお父様ですね。

仕事をやめてプーで独り身の主さんより、お父様の言うことが正しいに決まってます。

匿名さんより

仏壇持つ人が全財産受け取るんですよ。でもお父さんは貴方と妹にも少しながら用意してくれてる。素敵なお父さんですね。仏壇持つ事は大変な事よ。行事が多くてね。主さんは身軽だし財産いらないんじゃない?

匿名さんより

お父様の築いた財産です。貰えるだけ感謝しましょう。
今はもう長男教の時代ではありません。

匿名さんより

そうだよねー独り身なんだから財産いらないよね。借金持ちなら周りに迷惑かけないように返してね。

ボーチラーさんより

主です。
みなさまコメントありがとうございます。どちらかというと私にとっては厳しい意見が多ようですね。ほとんどが説得力のあるコメントでありがたく拝読しております。

私にも結婚願望はありましたが、時期を逸してしまったと思っています。そのことに関しては、親不孝な長男だったと思います。
ですが今となっては、ハンドルネームの通りやりたい放題で自由(自分勝手?)な生き方をしてきた時間には良かったのかなと思っています。
退職したのは、資産形成(不動産)に30代前半から取り組み、不動産収入が給与を越えたところで決断しました。退職してからはそれまで以上に趣味や好きな事に時間を費やすことができています。そんな自由な私を見て父は今回の決断に至ったとわかっています。ちなみに姉は人から不憫と思われるタイプではありません。小さい頃からしっかり者で、どなたかがコメントしていたように人から信頼されるタイプです。
ある意味皆さんから否定的な意見(理に適い納得できるような)をいただくことで、「やっぱりそうだよな」と納得できるかもしれないと思いスレ立てさせていただきました。

独身で子どもがいない長男の私がトートーメーを継ぐことには、他にどのような問題がありますでしょうか?

匿名さんより

ここに書いてある事をお父さまに話して、あなたの考えをつたえてみては?なんだかんだ言っても決めるのはお父さまなんですから。

匿名さんより

主はトートーメーを継ぎたいと言うより、財産のついでに仏壇継承にみえますが。
ご自分で不動産収入がおありなら、金に執着せず、これからも自由気ままに生きた方がよいのでは?
仏壇継ぐと、盆正月など身動き取れませんし、余計な出費も沢山ありますよ。
本当の財産形成される方は不労収入あっても仕事を辞めません。
その財産を守り次世代に繋げるための経費に回したりいざというときの蓄えにするため、生活費に取り崩したりしません。
だから、子子孫孫まで豊かに暮らせるように自分だけの事を考えないお姉さんに託したのでは?
つまり、主が信用されてないのですな。

匿名さんより

25日(日) 08:56です。
ボーチラーさん,最善の策はこれから結婚して嫡子を育てる事ですが、難しいですかね?子供は授かりものですから、結婚出来ても必ずという訳にはいきませんし。

他の伝統に沿った方法だと、お父様の兄弟の子供(ボーチラーさんの甥)の中から次男三男をボーチラーさんの養子に迎える事ですが、コレだとお父様や御姉様の納得は得られないかもしれません。不動産を姉に任せて、その代わりに仏壇事や墓事も姉妹と一緒にやって行けばいいかと思います。

私は最近父を亡くしましたが、女手が無いと色々と大変ですから、お父様が御望みの様に姉妹と仲良く協力してやっていって下さい。ウチも祖父の家は跡取りが絶えるので他人事ではないし、私は次男ですが嫡子には恵まれなかったので、色々と考えさせられます。父系には、兄の嫡子以外に近い男子がおらず、それなりに名門ながら途絶えそうな家系なので。
少子化社会に対応した祭祀って、どうすればいいのでしょうね?

匿名さんより

本当に、この沖縄の「仏壇を継ぐために人様の子(甥)を養子にする」と言う安易に考えに腹が立つ。
私が腹を痛めて産み育てた息子を、たかが仏壇の為に勝手に連れて行くな!と言いたい。
いや、息子一人しか居ないんだけどね。

匿名さんより

↑だからよね。人の子を貰うとかやめて欲しい。貰われる子も悲惨だし人身売買辞めて!仏壇は見れる人が見ればいい。

匿名さんより

主さんは時代を味方につけて、いまどきの最先端で生きているのに
どうしてそんなに「仏壇を継ぎたい」のか教えてほしいです?

朝に礼拝夕に感謝、祭祀は兄弟・家族みんなですればご先祖も喜ぶと思うのですが、主さんは自分が関わる形のことばかり言っているように思います。

甥っ子さんは、お母さんが仏壇を継承したなら違和感なく自然に継いで
くれるかもしれませんが、叔父さんからの継承では納得できると思えません
永代供養に依頼して終わりになりそうです。
今の方法が無難と思われますが?

匿名さんより

25日(日) 08:56です。
私の母方は様々な家が途絶えておりまして、祖先の興った根屋のある村に、跡取りが居ない位牌を集めて、残った子孫で祀っております。
人の子供を養子にと怒っている人がいますが、昔からの遺産相続の形態の一部でもあるので、興味が無い方々は文句を言わずに無視して、親族一同で途絶えた家の面倒を見ればいいのではないですかね?

ボーチラーさんより

16:04さん、親身になって考えてくださりありがとうございます。
そうですよね、私の周りもこれから仏壇を継ぐ男の子がいない家が多いです。
娘が仏壇を継承しているところもいくつかあります。
仰るように、仏壇事は女性がいないと成り立たないことをわかっているので、父の判断は理に適っていると思います。
また、現在の仏壇事は姉と妹が協力して台所を切り盛りしており、その事に感謝しているので、揉めるくらいなら全く自分の考えを主張をするつもりはありません。
結婚してはどうかという事ですが、私は有意義な時間を求め退職した時点で、結婚をほぼ諦めました。こんな年齢ではよい形での縁は望めないと考えています。
この先もしかすると私には孤独な人生が待っているのかも知れませんが、今はあまり気にしておらず、きょうだいの仲も良好です。

ちなみに、16:21さんが仰るように、次男以下の男子を養子に出す慣習は沖縄だけなのでしょうか?

匿名さんより

養子に出す、養子を取るというのはもちろん沖縄だけの事ではありません。
ただ、十何代以上続いてる旧家(沖縄に当てはめるなら巨大な門中のムゥートゥヤー)、由緒ある家柄(これも沖縄に当てはめるならご先祖が琉球王朝時代の○○王子、○○親方などの家)、或いは大きな会社のオーナー社長で跡取りがいない家とか。そんなもの。

沖縄みたいに元士族でも家譜(系図)が無いくらいの階級、元百姓、ウミンチュなどの平民の家がトートーメー継がせる為に養子取りはやってない。

沖縄でも下士族や平民はやってなかったのに、急に始まったのは明治以降。とりわけ戦後。先祖が子孫が争わないように、と授けた知恵を形だけ真似ただけですよ。

猫さんより

主さんと同年代ですが、、、結婚は努力も必要

ただ、、、魅力ないと難しい。。。

匿名さんより

海外は継承に男女のこだわりはないのだけれど、沖縄で跡取りや男系にこだわるようになったのはいつの時代からのことなのでしょうね。

ボーチラーさんより

主です。
17:21さん、私はトートーメー継承の禁忌を犯すと今後家系に悪い事が起こるという事が気になっていました。ただ、みなさんのコメントを読む限り、やはりそこまで気にすることではないと考えています。
みなさん仰るように、きょうだい仲良くウヤファーフジを敬うことが大切ですよね。
相続に関しても、独り身の私が使いきれない程の収入を手に入れたところで意味はないですし、姉が継いだほうが節税にもなると思います。
みなさんのご指摘ですっきりしました。ありがとうございます。

また、15:43の私のコメントで「…生き方をしてきた時間には良かったのかなと思っています。」と書きましたが、「…生き方をしてきた私にとっては、このような父の判断で良かったのかなと思っています。」の間違いでした。

匿名さんより

私は女ですが親の仏壇見てますよ。出来る人が見ればいいんです。長男だからとか関係ないです。仏壇を大事にする人が受継げばいいんですよ。しっかり者のお姉さんが持つ方が安心かと思います。

ボーチラーさんより

18:20さん。
なるほど勉強になります。その話が事実だとすれば、ますます男系継承というのは気にしなくてよいですね。叔父が亡くなった時に住職の方が、「沖縄のトートーメーにまつわる禁忌というのは全く気にする必要はない」と言っていたのは、戦後の人々が相続で揉めないために都合よく作り出した慣習ということであれば納得です。

一応400年以上前の私たちの先祖も士族だったようですが、その末裔である私たちのレベルでは何も気にすることはないですね。

匿名さんより

>65歳で遂に男子に恵まれました

>凄い、できるんだ…。

今は不妊治療というのがあるので体外受精や顕微授精で大丈夫。
精子の採取も出来るしね。

出来るの意味が違うけど!

匿名さんより

主さんには姉妹や甥がいて
揉め事が無ければ孤独な生活になることは無いと思います。
父親から生活に困らないよう
金銭での相続を約束されていますし、幸せだと思いますよ。

匿名さんより

財産あって羨ましいです。私なんかゼロどころか援助してますからね。親に感謝した方がいいですよ。

匿名さんより

主さんと、ほぼ同じ様な状況で両親の仏壇ごとをどうしようかと悩んでる者です。
今は三男家族が実家暮らしで離れてる自分は任せっきりですが、男三兄弟で今後は次男の次男を養子に迎えるしか(三男にも三人の男子あり)でも主さんと違って不動産や財産が無く甥っ子本人もどう思うかなどと危惧してました。

18:20さんの意見を参考に兄弟で無理なく皆で仲良く出来る方法をこれから話し合って
行きたいと思います。

匿名さんより

一緒くたにされてしまってるのですが、先に書いたように由緒ある家柄などは誰が家督をついで家名を守っていくかは大きな問題でした。長男が、そしていなければ養子を取って名前を継ぐ。これは沖縄だけの話ではありません。

ところが、そんな必要もない下っぱサムレーやハルサーウミンチュまで、守り伝えていかないと困る家名もないのにトートーメーの長子相続だけ真似てる。それも強烈に。沖縄のおかしな点はここです。
ご先祖を大切にしないといけない、という本来の趣旨なら、男か女か長男か何男か、なんて性別や出生順ではなく「ちゃんと手を合わせて位牌を大切にするか」が大事なのに。
「トートーメーを大切にするかしないか」より「トートーメーを誰が継ぐか」ばかり大騒ぎし、時には人生まで左右される。あの世から、ご先祖は嘆いてると思いますよ。子孫には栄えて欲しいと願ってるのになんでバカなしきたり振り回してるんだろう、と。

匿名さんより

姉の子どもが将来養子縁組をして仏壇を継いでくれるという保障はどこにもないので、現実的な話としてはお姉さんに継いでもらうことがいいと思います。

匿名さんより

由緒ある家柄だからトートーメーのしきたりは大事って言ってるんじゃなく、元々はそこから始まった事を皆が形だけ真似してるって話なんだけど。

ボーチラーさんより

8:19さん

とてもお詳しいようで、わかりやすく腑に落ちるお話です。

ところで、「そんな必要のない」家系というのを具体的に教えていただきたいのですが、私たちの先祖は蔡氏(蔡温ではありません)の1人だと聞いておりますが、私たちが21か22世だったと思います。もちろん本家が他にある中で、私たちの仏壇継承は「こだわらなければならない」家系なのでしょうか?教えていただけるとありがたいです。

匿名さんより

元々は猿山のボスみたいなもんでしょ
強かっただけ、どーでもいいことです。

匿名さんより

私の書き方が悪かったですね。
トートーメーのしきたりの必要性云々という言い方をしたのは。

申し上げたかったのは、元々は一部の高い地位の士族の家督相続の話だったのを、みんな形だけ真似して、しかもそれに苦しめられてるのは変、という事です。
スレ主さんの家庭がどんな相続をすべき、とか赤の他人が意見するつもりではありません。
もともとは家督相続のしきたり、それを子孫が家田畑の相続で争わないように、と知恵として広まった。
なのに、時代がたつとそんな由来も何も無くなって「長男が全て継ぐ」そうでないと悪いことが起きる。それを言ったものです。
ちなみに私もウミンチュの家系ですよ、ひい祖父さんまでは。
そんな家なのに亡くなったオバーはトートーメーのしきたりに非常にうるさかったですね。そんな家は沖縄には幾らでもあり、21世紀になっても苦しむ子孫がいる。本当にバカらしいと思ってます。

匿名さんより

拘ってる人にはその人なりの理由があるんだしどうでもよくない?
そーねーってスルーでも出来ないのかな?と横から口出してみた

匿名さんより

素晴らしいお父上でうらやましい。
スレ主にその血が流れているはずなのに
残念な人だ。

匿名さんより

お父さんは「財産」を守りたい。
主さんは「慣習」を守りたい。

目的が違いますよね。

匿名さんより

お父さん、昔の人にしては柔軟な
考え方ですね。
でも、主さんは長男としての
プライドが傷ついた感じ?

ボーチラーさんより

主です。
11:33さんは8:19さんですよね?
ありがとうございます。

みなさんのコメントを読んでスッキリしました。トートーメー継承に関する長男としての責任から解放された気持ちです。これからはきょうだい仲良く協力し合って仏壇事に取り組みたいと思います。

ありがとうございました。

匿名さんより

スレ主さんが閉めた後なのは承知で付け加えます。

私が沖縄のトートーメーのしきたりの由来を書いたのは、実は母方のおじさんからの受け売りです。
昨日書いたように、父方はもともとウミンチュでした。それなのに、トートーメーのしきたりに厳しいオバーが目を光らせ、何かにつけて「ウングトゥールアラン!」と細かなミスも叱り飛ばしてました。県外に進学して東京に就職した私に「ヤーヤチャクシディヤサニ!ケーティクーワ!」と激怒。

一方、母方は首里士族。系図もありましたし、おじさん迄はワラビナーもちゃんとありました。
普通ならウミンチュ家系の父方が緩く、首里士族の母方が厳しそうですが全く逆。母の兄、長男のおじさんは物腰柔らかく教養のある方で、私がトートーメー持ちの長男の悩みを愚痴ると「君達の時代まで拘束するのはおかしいよね」と言って私が幾つかコメントしたトートーメーのしきたりの由来を話してくれたのです。
母方のおじは遺産の相続も非常に公平でした。男女年齢わけへだてなく。「兄弟がいがみ合うんじゃないよ、仲良くするのが一番の先祖供養だよ」と言って。スレ主さんのお父さんの話を読んだ時、この母方のおじが頭に浮かびました。

沖縄のしきたりから見ればトンでもないやり方で相続したわけですが。
亡くなった私のオバーも含め、沖縄の世間一般によくいるトートーメーの細かなしきたりにうるさい人達が脅す「守らんと大変な事が起きるよ」。これが本当ならば私の母方のいとこ達は病気になったり子宝に恵まれなかったりするはずですがね。
全員大学出で安定した職につき、1人は医師。子供もみんな元気です。
全員仲良くしてるからご先祖も守って下さってるのだと思いますよ。

匿名さんより

↑貴方の母方の誰かが先祖供養して拝所周りしてると思いますよ。わからないだけで。私の母も親族が誰も先祖供養しないからと一人でずっとビンシー持って拝みして歩いてます。苦労してますよ。でも生きてる親族が幸せならいいって言ってます。

匿名さんより

やってもやらなくても同じですよ、皆が幸せなのは母の手柄とでも?
親族の努力の結果でしょ。

匿名さんより

>全員大学出て…

ウートートーってより、ご両親の教育が良かったからでしょう。

ご先祖さまは位牌やお墓の為に子孫をがんじがらめにして喜ぶでしょうか?
その結果家族や親戚がいがみ合い
不幸になった親戚をよく見かけます。

匿名さんより

仏壇は誰が継いでもいい。となると
それはそれで争いになりそう。
やはり、今のように 仏壇は長男が!
って流れで行ってくれると有難い。

匿名さんより

10:39さん、09:17です。

母方の誰かが拝所めぐりしてる?
断言します。やってません。
トートーメーのしきたりの由来を私に語ったおじさんが母の家の当主ですよ。おじさんは「子孫の繁栄を願う先祖達の知恵を、形だけ真似して子供達を苦しめてるのはおかしいね」と言ってたのです。
そんな人が当主です。奥さん(私から見ればおばさん)も、私の母も含めて同じ考えでした。
そんなおじさんも亡くなられて。いとこ達とは思い出話に花が咲きますが、誰かが密かに拝所巡りだなんて絶対にありませんね。兄弟みんな仲良くいがみ合わない。これが先祖供養だよ、と言ったおじさんの教えはみんなの心に生きてます。

匿名さんより

あなたがわからないだけですよ。知らない親戚身内もいるんじゃないの?遠い親戚はほとんど知らないと思いますよ。近くの親戚ならわかりますけど。自分達の努力もあるけど陰ながらの努力もあるって事です。

匿名さんより

先祖供養…やらないよりやってた方がいいと思う。歳をとりその大事さを知った私です。自分達だけで頑張ったなんて思わない方がいい。ご先祖様の助けもあり守りも少しはあったから今があるような気がしますよ。

匿名さんより

「先祖供養」をなにもやってないのではありませんよ。シーミーもたなばたの墓掃除もお盆もみんな集まってますし、いとこの家に行くと仏壇はいつも綺麗です。亡くなったおじさんの教え通り、兄妹みんな仲良しでシーミーお盆の準備も「何でうちばっかり?」的な感情的なぶつかりも無いそうです。財産も公平に分けてますからそんな不満も出ないのでしょう。
くどいほど申し上げますが、長男がどうとか、養子がどうとか、本来の意味を全く考えずに形式的なやり方だけ強烈に守らせる事ばかり考え、そうでないと不幸になる、とか(言ってる本人は善意で言ってるつもりでも)恐怖を煽って形をガチガチに押し付ける。
その結果、どれだけ多くの子孫を苦しめてるか。
どんなに頑張っても御願のおかげ、けがや病気で落ち込んでる時に先祖が怒ってる、やり方がまずかったから悪い。女性に生まれただけで、実家のお手伝い、親の世話をいくらやっても何もかも長男へ。遠くでやりたい夢があっても長男だから帰ってこい。
知らないだけで誰かの拝みのお陰?やめて下さい。他人の家を想像で決め付けていとこ達の頑張りを無かったかのように言うのは。

匿名さんより

うがん不足、長男が継いでいなかったから、などなど
不平不満ばかりの幸せでない人の言い訳。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。