【不思議】変化を嫌う人が多いのか?

= いろいろ試した方がいいのに =さん

別スレのトイレの床の話でふと思い出した。
「マル◯メ酢」ってプラスチックの容器に入った合成酢。他府県で作ってるけどほぼ全量が沖縄向けらしい。あれって「2倍希釈」と書いてあるのにそのまま使う人も多いそうだ。合成だから穀物醸造酢より安いかと言えばそうでもなく、むしろ高かったりする。戦後暫くは物不足で全国どこでも化学合成酢が多かったらしいが、今では沖縄以外ほぼ使われてないという。
子供の頃、母に「酢買ってきて」と言われTVCMで良く見るから何気にミツ◯ン酢買って帰ったら買い直しに行かされた事がある。
他にも、エ◯のサラダドレッシングを「マヨネーズ」として使う人も結構いるのだろう。
本土復帰前に既に大人だった今の高齢者は仕方ないけど、その子や孫の世代まで頑なに同じものばかり使うのは勿体無いような気がする。比べたら今の料理に合う、しかももっと安いものがあるんじゃないかと。変化を嫌う人が多いのかな。

79 Comments.

匿名さんより

トイレは昭和臭漂うタイル床じゃないと!と言う沖縄人ですからスマホを持ちプリウスに乗っていたとしても人間の中身は内地より半世紀遅れの田舎者だということでしょうね。変革を嫌う姿勢こそ正に田舎者。

匿名さんより

素敵な事じゃない?
お袋の味の伝承には必須なのよ
おばちゃんや母親の料理でそだったんだもの、
それが美味しいと思うの当然。
お酢やエゴーだってまだ
売られているのに、なぜわざわざ変えなきゃならないの?
製造中止になったら変えるわよ

匿名さんより

フローリングトイレが時代遅れになったって事を受け入れられない人向けのお話?

匿名さんより

内地でもこの味は代々続いてるって地域ありますよ。マルコメ酢のような調味料ね。テレビ見てたらわかるでしょ。この県にはこの味って物があるのよ。沖縄だけじゃないですよ。トイレにフローリング批判されて怒ってからのスレ?

匿名さんより

フローリングVSタイルなのかと思ったけど、フローリングの人ってもしかして1人だけだったとか?

匿名さんより

子供の頃から食べ慣れた味を好むのは沖縄だけじゃないのに?
そんなに人の好みにケチつけるの?何でね?
なんか怖い

匿名さんより

自分が1番変化を受け入れられない体質ってことが受け入れられない主。

匿名さんより

文体とか語彙の偏りとか、どう見てもフローリング推しは一人だったわ(笑)

匿名さんより

酢といえば、ミツカン酢って、実の娘夫婦の子供を、会長が娘婿のきちんとした同意もなく、孫を養子にして、その娘婿に理不尽な対応して、裁判で争ってるそうです。
ドロドロな創業ぽいですね。買うの嫌になった

匿名さんより

エゴーやキャンベル、たまに食べたくなるけど、美味しいねって言ったらそんなに言われるの?365日を何年も続けてると思ってるとか?笑

匿名さんより

居室の床材で最も人気のあるフローリングを「トイレの床にも」といったニーズは少なくありません。しかし通常のフローリング材は、あまりトイレの床材向きではありません。木は基本的に水に弱く、アンモニア成分やトイレ用洗剤などが付着すると、腐食したり、黒く変色してしまうからです。

匿名さんより

アクセス数稼ぎには多少の効果があったとしても因縁食うからやり過ぎは禁物とだけ言っとくよ。

匿名さんより

エゴー好きで買うんだけど、あれ大きいよね(>_<)
半分のサイズがあればいいんだけどな~
あと肉にはA1なんだけど、あれもなか無くならない。

匿名さんより

>エゴー好きで買うんだけど、あれ大きいよね(>_<)

こってり感が美味しくてたまに買うけど、後半あたりからスプーンでこそぎ取るのに苦労して結局チューブのマヨネーズに戻っちゃう。

内勤希望さんより

皆さんに不快な思いをさせて御免なさい。
私がトイレのスレを立てたばかりに・・・
もう話のタネになりそうなスレは立てません。

匿名さんより

>後半あたりからスプーンでこそぎ取るのに苦労して
わかりますw
エゴーのチューブあればいいのにね。

匿名さんより

上の内勤さんは偽物でしょ
内勤さんって自スレ以外に
コメントしないような?

匿名さんより

歯磨きして寝ます
もちろん、歯磨き粉は
コルゲートです。こどもの時から
コルゲートです。
一生かえるつもりはありません。

では、おやすみなさいませ

匿名さんより

でっかいタイル床トイレの家は敷地200の建坪50の平屋。
車庫5台に専業の私はプリウス乗った田舎者。
毎日昼はあっちこっちでランチしてエステ、ネイル、皮膚科、歯科、美容室、趣味に時間を費やする。
夜は友人の店か自分家のウッドデッキで焼き肉しながら一杯。
親が軍用地地主でちょっとばかし贅沢してごめんね、ごめんねー。
昔から変わらぬ沖縄あるあるだから~

匿名さんより

スレ主さんが言わんとすることとは違うと思いますが、定番化するといろいろ楽になります。
既出のマヨネーズや歯磨き粉1つ買うのにもたくさんのメーカーの種類から選んで買う行為はいろいろ見比べて2つ3つ手に取って値段を比べたりなどをして、意外と時間がかかっているはず。
それよりはマヨネーズはこれ、歯磨き粉はこれ。と定番商品があれば価格もわかっているし、すぐに手に取れます。あと、家族に買い物を頼む時も商品名やパッケージを指定してお願いできるので、間違って買ってくるのを防げます。これで手間と時間を効率化。
変化を嫌うわけではないけど、使ってみて納得したものは定番化。もちろんもっと他に良いものがあればそちらに変更もしています。

匿名さんより

トイレのタイル床にずっと拘ってるやつがいるな。
偏見でしかモノを考えない人間なんだろう。可哀想に

匿名さんより

フローリングタイルじゃなくクッションフロアーですよね。タイルに負けたから悔しいんですよ。いつまでもネチネチ。

匿名さんより

たしかに、凄いはなしだ
ミツカンでお家騒動 娘婿告発
家庭用食酢で約7割のシェアを誇るミツカンで、お家騒動が持ち上がっているという。
現当主による娘婿への圧力は、後継者問題を機に増し対立は決定的に。
妻や息子と引き離すために画策された、と娘婿が実名で告発。
すぐ男の子ができて種馬として有能すぎたか、女の子次々と産まれれば良かったのに

いろいろ試した方がいいのにさんより

スレ主です。私は本土復帰を小学校低学年で迎えた50代。両親は沖縄戦当時小5という戦前生まれです。

親世代は戦時中の物資不足に続いて沖縄戦、戦後の収容所生活の経験者ですから米軍配給のメリケン粉と食用油。そして米軍のレーションを食べた時、この世にこんな旨い物があるのか、と物凄く感激したそうです。

その後、沖縄は本土と切り離され、アメリカ製が本土から来るものより高い時代が続き、ポークやトゥナ缶詰がごちそう。メイファーのシチュー缶やエゴードレッシング、リゴのフルーツカクテル缶詰などもその頃主流だったとか。

私は1980年代半ばに東京で大学生でしたが、前半は空港で観光戻税のウィスキー買って帰ると喜ばれました。1ドル270円くらい、洋酒の酒税が非常に高い頃で、オールドパーが今の感覚で1万円以上って感じでしたから。
貧しくしかも沖縄戦まで体験した親世代にとっては他府県が羨ましがる物がある沖縄、というのは優越感を感じる、非常に心地よいものだったようです。その後1ドル120円前後となり、輸入ウィスキーの価格が暴落と言ってよい位下がったのに癖が抜けません。ジョニ黒など酒屋に山積み状態だったのに牛肉とともに持たせようとするのを断るのに苦労しました。

そんな世代がアメリカむん上等、イッペーマーサンドーは仕方ないと思います。物凄い苦労、強烈な体験がありますから。

でも、私の世代、或いはさらに下までそこで固定されてしまうのは非常に残念な事です。
いろいろ試して、比べた上で選んでるのならそれでいいと思います。それがその人の好みなんですから。

最初に挙げた合成酢。戦後の物不足の中の代用品だったのに、世の中が豊かになるにつれ醸造酢にとってかわり、今では全国で沖縄のみとか。しかも、メーカー自身が2倍に薄めて、と書いてあるのに原液のまま酢醤油とかにして「ハッサヨ、最高ヤッサー」と親世代どころかその孫世代の若者が刺身を食べる。値段も決して安くはないのに。

いろいろ工夫したり、試したりすると他の美味しいものが見つかったり生活が楽しくなると思うのですが。

匿名さんより

それだけ言えば良いのに、なんでトイレと絡めるの?
あちらのスレだけでも胸糞悪いのに、また引きずる気?

匿名さんより

うちはタイルでもフローリングでもないが、フローリングはやめとく。

匿名さんより

題材は悪くないのに、タイルに完敗した悔しさをのっけ一行目に引っ張って来たもんだから、このありさま。

匿名さんより

私はトイレの床ゴシゴシ洗剤で洗いたいので、タイル派です。壁も水洗いしてアルコールスプレーして、クイックルワイパーでふきふきしたいので、トイレは壁も床もタイルが1番気を使わなくて楽ですね。

匿名さんより

タイルはザラザラしてるタイプとツルツルしてるタイプがありますが、どちらがカビやすいですか?

匿名さんより

今日、新築の内覧行って来ました。
トイレは、おしゃれなタイルでした。
床続きのフロワーシート?フローリングかな?よりタイルは20万円アップと言われましたが、洗いたいタイプなのでタイルに決めました。

いろいろ試した方がいいのにさんより

スレ主です。

復帰前生まれの私が幼稚園くらいまで毎日食べてたのは「1銭マチヤー」の人工甘味料、着色料の塊みたいな駄菓子。それに比べると「バターフィンガー」「タンノックのチョコウェハー(もちろん昔は名前は知らず「赤いのー」って言ってた)」「KRAFTのキャラメル」等の外国製はとても嬉しかったものです。

ところが。我が子には「もう買ってこないで」と散々でした。安い駄菓子ばかりの私達世代と違って、たけのこの里やらPOCKYやら何やら、今のお菓子を食べてる子供には味の濃い外国産は美味しくないようです。

先に書いた通り、戦前生まれの私の親世代は仕方ないと思います。物不足の戦時中は甘味もいろいろ味付けする調味料も無いし、沖縄戦と戦後の食糧難。そんな時期に食べた米軍配給のメリケン粉やレーションが物凄く旨いと頭に刷り込まれる強烈な原体験になったのは仕方ありません。
醸造酢を合成酢に買い直しさせた私の母。孫(私の子たち)に「ばーばーのお寿司美味しくないー。酸っぱーい」と言われてようやく変わりました。
最近は「この世にこんな旨い物があったのか」とまで言った米軍配給品を「今だったら食べられないくらいディーヤシーのやなムンだったはずね」と笑いますよ。

お願いがあります。私はトイレの話見てふと思い出した、と言っただけで、フローリング云々を主張したコメント者ではありません。誤解はおやめ頂けないでしょうか。

いろいろ試した方がいいのにさんより

県が認定している沖縄の伝統野菜(島野菜)があります。
ゴーヤー、ナーベーラー、シブイ、島らっきょう、紅芋、フーチバーあたりは誰でも知ってると思いますが、島ニンジン(黄人参)、モーイ、ハンダマ、ニガナ、ウンチェー、サクナ、カンダバーあたりになると聞いたことはある、あるいは全く初耳かも。

ウチナーンチュの先祖はそういうビタミン、ミネラル豊富な野菜を食べて来ました。琉球料理は「クスイムン」、医食同源の考え方が根底にあるといいます。
素材だけでなく、「ミヌダル」「スーチカー」「ドゥルワカシー」等の琉球料理のメニュー食べた事ある人は(特に若い人には)ドンドン減ってるといいます。
今は、どこでも健康に関する素材や料理は注目されているのに、沖縄には素晴らしいものが沢山あったのに皆どこかに吹っ飛ばされて外国産缶詰や舌がシビれるような強い味の調味料やドレッシングを「沖縄伝統の味」という。
もちろん、スーチカーやドゥルワカシーを昔のレシピ通り食べても殆んどの人は好まないでしょう。ニガナやハンダマなども。
でも、全国各地、昔の素材を今風にアレンジした料理は沢山あります。いろいろ試したり、工夫したり。そうやってこそ土地の農産物も需要が増えるし観光客なども興味を持つ目玉、名物にもなります。

でも沖縄は終戦直後~復帰前あたりで固まって止まってしまってる。
うちなー天ぷら。あれはあれで美味しいし、私も好きです。ソースに七味をパラリ、手掴みでワシワシ食べるのもそれはそれで楽しいものです。でも、衣は分厚くイカのように形で分かるもの以外はかじるまで中身が分からなかったり。
「あい、イモ天ぷらと思ったら魚だったさー!」。

でも、うちなー天ぷらの分厚い衣では素材が台無しになるものもあります。島野菜には八重山あたりでよく出てくる「オオタニワタリ」もありますが、私は大好きです。でも、あれは本土風の衣の薄い、サクッとした天ぷらでないと食感が味わえないと思います。
うちなー天ぷらが美味しいのもあれば、不向きなものもある。料理法を使い分ければいいのですがそうしない人も沢山いる。米軍配給のメリケン粉と油の頃から21世紀までずっと続けてるんです。

先日、「秘密の県民SHOW」を見てて悲しくなりました。
「ウチナーテーゲー料理トップ5」ってゴーヤーチャンプルーやソーメンチャンプルー、ビニール袋に沖縄そば麺とサバ缶入れて手で揉む「からソバ」とか。
「テーゲー」といってるから何となく和らいでるけど、直訳すれば「テキトー料理」。それが、県民大好きのご馳走、と出てくる。あの番組が大盛なのは誰でもわかるとは言えあのトップ5は現実の話。県外から来た人に「沖縄料理紹介して」と言われるとゴーヤー、ソーメンチャンプルーを挙げる人は多いんだし。

その後、新潟県のアンテナショップが紹介されて美味しいお米を使った料理が幾つも出て、胸が痛くなりました。

本当は工夫次第で素晴らしい素材も料理もあるはずなのに。ソーメンやポークで立ち止まるのは、いろいろ試そうとしないのは本当に勿体ないと思います。

匿名さんより

私も「ケンミンショウ」の(からそば)や(おにささ)等
本当に胸が痛くなります。もっと素晴らし物が沢山あるのに、、と悲しくなります。

匿名さんより

主さんが余計な一言(トイレ)を入れたから、もう何も頭に入らない。
長い文章もトイレしか記憶に残らない。

匿名さんより

アハハ、トイレのコメばっかりだね〜
でも、「からそば」は食べた事ないし、あんなのが沖縄料理みたいにTVでやったらわじわじ〜だな。

いろいろ試した方がいいのにさんより

八重山の方に聞いたのですが「からそば」はもともとウミンチュメシだそうです。それも、魚汁のような「漁師がさばく料理」という意味ではなく、揺れる漁船の上で片手だけで食べられるものとして。
あれを八重山料理の1つみたいに言われるのは嫌だ、とも言ってました。

県外の人に「沖縄の魚は不味い」と言われてがっかりしたり、悔しい思いをした人は多いんじゃないでしょうか。
私の大学の同級生に大きな料亭の息子がいます。学生の頃から今でも付き合いは続いており、沖縄には何十回となく遊びに来ています。
その彼いわく「沖縄の魚が不味いんじゃなくて、料理法が悪い」。
アーラミーバイやアカジンなど、腕の立つ料理人が手掛ければ高級魚なのに、と。日本で水揚げされるマグロは本マグロ、キハダ、メバチ、ビンチョウの4種類だそうですが、沖縄はその全てが取れる数少ない地域と言われます。彼は「それをPRして今は◯◯マグロが旬だよ」とやったらいいのにね、とも。

何度も来県するうちに道にも慣れ、私と一緒でなくともあちこち行ってる彼ですが、最初の頃は街で「沖縄の魚料理紹介して」と言ってたけどもうウンザリだそうです。東南アジアから入る冷凍グルクンの唐揚げ、料亭の目では耐えられない引き方した刺身を例の合成酢醤油で食べたりマーガリン(決してバターではない)焼の魚。

本当は、ウチナーンチュの私なのに沖縄地元の食物に感心持つようになったのは彼の影響も大きいのですがね。
沖縄大好きで言ってくれる事ですから「サゲ」とか噛み付かないで欲しいのですが、「豊かな自然と素晴らしい食材に囲まれた、貧しい食生活の沖縄」と彼は言います。
何度も同じ話しますが、自分の親世代は仕方ないけど、子供達が、将来の沖縄が豊かに暮らして行くためには様々な工夫が必要だと思います。

最後に。何故トイレの話を出したか。タイルでもフローリングでも私はどっち派、とか全くありません。でも、一切試そうとも話を聞こうともせず自分の好みに固執して相手をけなしているのを見てると、食べ物や料理も今のもの以外一切受け付けない姿と重なる気がして。

匿名さんより

アハハ、トイレのコメばっかりだね〜

貴方がトイレを書いたからね。

匿名さんより

いやいや、フローリングトイレは一時期あったかもしれないけど、今は無いんだってば!
それはやっぱりフローリング材がトイレには向かないからだよ。
なんでそれが分かんないの?
試すとかじゃなくて、もう使われてないのよ。
料理の話しは凄腕料理人のいる高級料亭は知らんけど、庶民的なお店なら本土に行っても美味しいとこは美味しいし、不味いとこもある。
以上。

匿名さんより

主は県民じゃないでしょ?
沖縄県民程、アメリカゆ〜からやまとぅぬゆ〜へ臨機応変に対応して来た県民は居ないと思うけど。
そしてチャンプルー文化が生まれたのさ。
なんで基準を押し付ける?
マルコメ酢なんて一部のおじさん達(60代以上)しか食べんけど?

匿名さんより

50代です。
高校の家庭科の教師が
合成酢と醸造酢の違いやポーク缶の
防腐剤等の授業があったので醸造酢
しか使いませんよ。
同級生は知ってますが!
それに食にこだわる家庭は一定数い
ます。
まるですべての県民が合成酢使って
いるような心配はなさらないで下さい。

匿名さんより

からそばって汚いし不味そう。それをケンミンショーはみんな食べてる八重山料理みたいに作り上げていやね。オニササも本当にみんな食べてるの?ホットドックにジューシー?嘘でしょ?と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。