【税金】医療費控除について

= ままや =さん

40代サラリーマンです。

住宅ローンの支払い10年目。
住宅購入時にファイナンシャルプランナーから、医療費控除手続きをしてもほぼ戻らないのでする必要は無いとアドバイスされました。
実際に年10万も病院代に使ってないので申請した事はありません。

今年に入り色々あり60万円の医療費がかかったので初めて手続きをしようと思うのですが、今年からつみたてNISAとiDeCoを初めて住宅ローン控除、ふるさと納税は毎年しています。

これだけ控除があって医療費控除も併用できるのでしょうか…。
無知で申し訳ないです。教えて頂けたら有り難いです。

18 Comments.

匿名さんより

使える控除はすべて申告していますよ!無駄な税金を払うの嫌なので。。数千円だとしても、家族で外食できますしね。

匿名さんより

もちろん医療費控除できますが
高額医療費申請や保険金などの補填分は差し引くことになるので
最終的な控除額は期待しないほうがいいかも。

匿名さんより

高額医療費を申請している前提で話すと、収入から経費、控除を差し引いた金額が高額・低額の場合、所得税はあまり変わらない可能性があります。
いずれにしろ、申請してもよいのではないですか?

ままやさんより

トピ主です。

60万円は歯のインプラント治療で残念ながら高額療養費対象外みたいです。

皆様のコメントですと医療費控除のみでも申請しておいた方が良さそうですね。
いくらぐらい戻ってくるのか…

匿名さんより

インプラントなら高額だし医療費控除はやってた方がいいよね
医療費控除は世帯合算で、っていうのは知ってますよね?一応、言っとく〜

匿名さんより

うちも子供の歯列矯正費があったので、医療費控除の申請しようと遠い税務署へ行きましたが、必要書類受け取りに行き、書き込んで提出もすぐに受理してもらえず、教えて貰うのも後日予約制だし、何だかんだで手間がかかり3往復したくらいで諦めました。こちらも仕事しているので、平日に何度も通うのは無理でした。一万円のために頑張ったけど、休んだ分を時給換算してガソリン代と合わせるとそのくらいかかったかも。

匿名さんより

医科と歯科でわけて領収書
月別で計算して年間合計
医科と薬剤も別々で計算して
月別で計算して年間合計

医療費のハガキと一緒に提出して
きてない領収書は別の用紙に記入するので
細かくしてたほうがいいです

匿名さんより

医療費控除を申告することにより、医療費控除の分だけふるさと納税の限度額が下がりますのでご注意ください。

確定申告の時期になると税務署は忙しいので、今のうちに税務署に相談してみてはどうでしょうか?

ままやさんより

ふるさと納税の限度額が下がるのですか…つみたてNISAとiDeCoを始める前、インプラントなぞ頭に無かった年始に一万五千円分のふるさと納税をしてしまいました。

医科と歯科、月別で計算もいるんですね。
考えただけでも疲れます。

匿名さんより

余計なお世話かと思いますが、
医療費控除対象でしたら当然申告できますが、医療費総額から10万円超え分が控除になります。

いくつかの控除と勿論併用可能です。ただ、主さんが今年納めた所得税が最大還付額になります。

匿名さんより

我が家も子供が歯列矯正を行っているので医療費控除の申請予定ですが、ふるさと納税は失念していました。
20:15さんありがとう。

匿名さんより

歯列矯正は控除対象なのですか?
対象外と聞いたのですが・・・なにか違いがあるのですか?

匿名さんより

子どもの場合はほぼ問題なく控除対象になると思います。
問題は大人の場合だと思います。
インフルエンザのワクチン接種や人間ドッグが医療費控除対象外なのは病気の治療ではないからです。
大人の歯科矯正の目的が見た目のため、だとしたら医療費控除対象外です。
しかし、医師が歯並びの悪さが咬み合わせや発音などの機能面に悪影響があって矯正が必要と認めれば医療費控除対象になるかと思います。

匿名さんより

17:27です。
補足
以下は国税庁HPからのコピーです。

ただし、健康診断の結果、重大な疾病が発見され、引き続きその疾病の治療を行った場合には、その健康診断は、治療に先立って行われる診察と同様に考えることができますので、その健康診断のための費用も、医療費控除の対象に含まれます。(所得税基本通達73-4)

匿名さんより

>子どもの場合はほぼ問題なく控除対象になると思います。

子どもって何歳まで対象ですか?
20歳未満なら対象?

匿名さんより

17:27です。
ネットで検索したら、以下を見つけました。
税務署にご確認ください。

疑問に思うのは何歳までが子供かということです。実は、年齢要件には何歳までという、明確な基準は設けられていません。一般的には、中学生くらいまでの矯正治療は子供の矯正と扱われるものですが、その判断は各管轄の税務署に委ねられているので、税務署に確認する必要があります。

匿名さんより

共働きで、扶養は小学生の子供3人です。
年収700万なので、ふるさと納税は毎年6万位寄付してます。
今年は上の子の歯科矯正(50万)を医療費控除を予定してますが、株で800万、相続による不動産収入240万が加わりました。
今年度のふるさと納税はいくらぐらい可能でしょうか。役所で教えてもらえるものなのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。