【不動産】軍用地の売買ってどうなの?

= タリー =さん

軍用地について話をよく聞くけど、もともとの地主でなくても売買でもうかるのでしょうか?
広告などでは年間借地料の50~60倍ほどの高値がついていて良い投資には見えません。
返還後跡地利用での地価高騰や相続対策など何か借地料以外の目的がある人が買うのでしょうか?

10 Comments.

匿名さんより

浦添のキャンプキンザーのように、返還が決まっていて(辺野古とセットだから時期は不確定)、那覇市に隣接、交通の便も良い場所なら跡地利用を見越して買うケースもある。
その一方で、嘉手納基地や航空自衛隊那覇基地のように返還の可能性が事実上ゼロのところは軍用地料目的が殆んどだけど、近年価格が高騰して投資対象としては魅力が無くなってます。十数年前までは時期によっては(7~8月に地料が支払われた直後は少し安くなる事が多かった)60倍の後半くらいだったので、国が支払うから収入確実な割には利回り良かったけど。今の倍率では株などに投資する方が魅力的です。

匿名さんより

以前軍用地を扱っていました。

コロナ禍で将来を不安視し、資産形成をしようと考えている方も多いと思いますが、これ以上判断を誤って損をする人が出ないように今だから断言します、「絶対買うべきではありません!」(軍用地を扱っている不動産業者さんスミマセン…)

軍用地投資にはこの先、何のプラス材料もありません。いずれ売りたいと考えている人は、今のうちに早く売り抜けたほうが勝ちです。嘉手納基地では一昨年まで63~65倍でも売れていたのが、今は58倍でも売れ残っています。これからも更に値崩れは数年に渡って続くと思われます。
これから政府の税制改正等であらゆるコロナ禍後のしわ寄せが社会に起こります。軍用地主も当然ターゲットになることは間違いありません。

これからの厳しい税負担を考えると、私なら嘉手納基地滑走路45倍でももう買いません。
キンザーなら土地の大きさ(200坪以上)にもよりますが、60倍でも「買い」です。
現所有者でも、相続税発生時に売却しないと相続税を払えない方のなんと多い事!軍用地の相続税はここ4~5年でべらぼうに高騰していますよ。

現所有者の方は早めに税理士に相続税を試算してもらってください。そうすれば備えができるかもしれません。

匿名さんより

約10年前に軍用地を買いましたが、その当時でも借金して買うものではないと不動産屋さんは言っていました。
返還後の事も考えて場所は選んだので、27倍で買えてラッキーだと思っています。
早く返還してほしいくらいです。

匿名さんより

20年前は30倍未満がザラだったけど、いくら低利の現在でも40倍以上なんて魅力のミの字もない。

匿名さんより

銀行に預けるよりはいいかな?と思って軍用地探してました。
以前は1億越えの売買が多かったけど最近は何百万とかあって私でも買えそうだな。と思ってたのですが。
もっと下がるって事ですか?

匿名さんより

安い軍用地はたいてい以下のパターンです。

①もともと地価の安い場所(北部演習場や宜野座、金武などの山側とか)。将来返還されても利用が困難で、買い手はつかない
②物件は那覇、浦添、宜野湾などだけど、崖や小川などで返還されてもそのままは使えない土地
③「持分所有」の土地。「この土地のうち何%の所有」というだけなので、持主全員が合意しないとまとめて売ったり建物建てたりが出来ない。しかも、所有者には連絡がつかない人(南米移民とか)もいる。

土地として利用する事が難しいので安いだけ。つまり、倍率と固定資産税、不動産仲介手数料、軍用地主会会費等を比べて引き合うかどうかですね。

匿名さんより

02:15さんへ

皆さんが言っていることが理解出来ないって…
それなら、軍用地への投資どころか他への投資も心配になります。
気をつけて…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。