【警告】コロナに続きまた別のパンデミックくる

= 窓 =さん

新型コロナは峠を越したかなーという感じですね。(沖縄を除く)
これでひと安心かというと、そうでもなくて次の感染症の心配もあるそうです。
ビル・ゲイツが最近、そういう趣旨の発言をしたとニュースで見ました。
こんな経験は100年に1回あるかないか・・・だと思ってたんですがそうでもないんでしょうか?
また数年後にこんな感じになったら嫌だなぁ。
ワクチンの早期開発が重要になるそうです。

15 Comments.

のりさんより

なったら、なったでしょうがないですよ
一個人としてはその様な事態にならない事を願うのみです。

シギーさんより

今朝の報道番組でも特集で報道してましたが、この子供の肝炎、サル痘、デング熱、ポリオ、日本脳炎などなど、小規模ながら世界中で明らかに急増してる。英国では子供の肝炎の増加は、長期にわたるロックダウン等で、子どもが自然の免疫を獲得する機会を失った為というのが定説化されてます。また日本でもこの3年に渡る長期のマスク着用、手のアルコール消毒推奨で、普通の感染症や細菌などの免疫獲得機会が著しく阻害され、特にその免疫獲得機会が少ない小児への様々な障害が指摘され始めました。子供たちにはマスクを直ちに外させ、公園等に行き胸いっぱい空気(外気)を吸わせましょう。自然の外気に接する(吸い込む)事で、様々な細菌や植物の花粉や細胞、動植物の糞や死骸の浮遊物などなどを体内に取り込むことで、免疫力を上げてきたんですよ。人類史20~30万年もの太古からね。それを手の常在菌まで抹消するアルコール消毒に、ウイルスには役に立たないが、その他の異物は堰き止め免疫獲得機会を失わせるマスクなど言語同断。先ずは子供の健康を取り戻す為、マスクを外させ、手は普通に水道水で洗う程度にしましょう。

匿名さんより

サル痘と急性肝炎の事かな?
サル痘は、免疫力低下の影響かもしれないと言われてますね。

ぴるけいづさんより

ビルゲイツは、「今回のパンデミックで学んだよね。次のパンデミックを防止するために投資しよう」という趣旨の発言しているみたいね。

>>これでひと安心かというと、そうでもなくて次の感染症の心配もあるそうです。
こんな書き方すると陰謀論者が騒ぎ立てるよ。

jojoさんより

ビルゲイツって自分で医療の研究をしてるの?
ただ顔の広いビジネスマンで又聞きでしょ?

オーちゃんさんより

ビルゲイツは医療の研究を直接はしてませんね。むしろ、製薬会社に巨額の出資をしたり、WHOへ基金と称し日本円で1000億円程拠出してます。これは世界中の如何なる「国」の拠出より遥かに巨額で、WHOはビルゲイツのおかげでこれだけの活動が出来てると言っても過言ではないのです。これはビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団なる団体からの拠出なので、誰でもいつでも参考資料をネットで閲覧できますよ。

匿名さんより

オミクロンで終わりなんて思ってないですよ
次はデルタ以上に強いウイルスかもしれないしオミクロンより軽めのやつかもしれない
これが何年も続くはずね

うさきちさんより

予想が当たってるかどうかは別として、サル痘の懸念があるので対策はずっとしてた方がいいですね。

シギーさんより

うさきちさん
対策って何?サル痘はその患部に触るなどで移りやすく、その他空気感染は、患部の細胞やかさぶたなどが浮遊しそれを吸った時です。なのでそれ程恐れるに足らずです。むしろ、この長期にわたるマスク着用や手のアルコール消毒などで、所謂、普通免疫の獲得が出来てない事がヤバいのです。特に子供達。サル痘だけではなく、ジカ熱、黄熱、天然痘、日本脳炎やインフルなど世界各国で小規模な集団発症が起こってます。これはロックダウンやマスクの着用などで、通常の細菌などを取り込めず、免疫力が極端に下がった為と見られてます。プール熱の原因でるアデノ程度のウィルスでさえ、劇症化し肝炎にまで繋がってる。この異常事態が恐ろしいです。例えばブラジルではインフル感染による死者が激増中で、これも免疫力低下の為だと見られてますね。今日から子供たちも一部(登下校時・屋内でさえ体育の授業など)マスク「なし」の勧告が文科省から各都道府県教育委員会に通達されます。漸くですが良かったです。

かしこいさんより

いい商売ですね、
パソコンのウィルスソフトを売る手口とまったく一緒
世の中に問題を作っては、
その事前に用意した解決方法の商品を売る
よわい人はまただまされるでしょう。

コロナのせいとも考えられるさんより

マスクや消毒の影響というより、
コロナの後遺症かもしれないよ。

気づかない内にコロナに感染していたり、
軽症ですんだと思ったら、、、っという感じ。

24時間365日、四六時中マスクや消毒をして過ごす人はほぼいないだろうから。

オーちゃんさんより

ビルゲイツさんの事が書かれてるので一言
(ビル)ゲイツ、メリンダ財団によって、2021年、次のパンデミックのシナリオが書かれました。その財団資料によると、2022年5月15日に、サル痘発生。2023年1月10日に、第二フェーズ。2023年5月10日に、第三フェーズ。2023年12月に、三億人死亡。と、書いてあるところですね。また、サル痘がアフリカ由来のものであることは、6月5日ごろに否定されるとも書いてあります。つまり今、サル痘はアフリカ由来となっていますが、これが否定されるということです。
コロナは武漢で、1ヶ月ぐらい経って、コウモリ由来ではないことが明らかになりましたよね。これと同じです。「人為的な天然痘の変異種である!」
こんな感じのことが起きるでしょう。
因みにこの資料は、上記財団で検索すれば(英語ですが)誰でも読めます。

のりさんより

コロナの様に感染しやすいわけじゃ無いのに世界中にサル痘が一斉に発生するものなんですか?
後なぜビルゲイツの財団はその予測ができてるの?
謎ばかりですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。