【熱中症】自分は平気だから大丈夫ですと言い切る考え

= 内勤希望 =さん

先日の運動の際、運動仲間の一人が熱中症の症状が現れた状態になった。
すぐさま休息をとらせて事無きを得たが、ヤバい状況の一歩手前だったかも。

後日、皆で熱中症対策や健康管理について話し合ったのだが
その場で?マークの発言をして皆を困惑させる男が一人。
「自分は平気だから大丈夫です」
過信は慢心につながって危ない場面を招きかねないのに。
何故、そのような考えができるのだろう。
仲間と一緒に運動を楽しむ場なんだから、安全第一にしないと。

自分は平気だから大丈夫ですと言い切る考え方が理解できません。

5 Comments.

損さんより

老人は暑さ寒さに鈍感になるそうです
加齢です
体感温度と実温度との差を知ることで加齢を認知できるはずなので試してみて下さい

123さんより

自分は平気だから大丈夫です

「平気」と「大丈夫」で重言

だからなんだよと言われそうですね

横から失礼しました

しかしその人空気読めないというより
強がりのかっこつけしいなんですかね

倒れても助け入りませんという事かな

海月さんより

理解出来ないですよね。
危機管理の観点から、チームの方針はちゃんと確認した方がね。。
ましてや団体スポーツは色々とあるんで・・。
これからも運動頑張って。

としおさんより

「強がり」「見栄っ張り」的な発言、ダメですか?
「病は気から」という言葉もあります。
「自分は」という事は、自分以外の人(チームメイト?)に気を配ってあげてという意思表示かもしれません。
逆に「強情な奴」と理解して、何か様子がおかしければ本人の発言を無視してでも休憩させるだけです。

熱中しよう!さんより

みんなそう思って、結果、倒れているだけ。
詐欺に引っかかるのも、怪我をするのも、病気をするのも、自分は大丈夫だとバイアスがかかっている。
大抵の人の思考はそんなもんだから、口に出したか出していないかだけのレベル。
人間なんてそんなもんとしか思っていないから、特に気にしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。