【戦】もしも「台湾戦争」が起きたらどうしますか?

= 中国の動きが気になる =さん

もし、「台湾戦争」が起きたらどうしますか?
(ニュースなどで「台湾有事」と表現していますが、元自衛隊の方は「有事」という曖昧な表現ではなく「戦争」と使ったほうが、現場も動きやすい中途半端な表現は避けて欲しいということで、「台湾戦争」という言葉を使用しました。) さて、本日のニュースでは、「台湾戦争」が2025年に起きたことを想定し、シュミレーション会議が行われました。
その際、自衛隊は沖縄県民を助ける余力はなく、尖閣諸島に入ってきた中国軍から防衛をしなければならず、県民は自分で自分の命を守るしかありません。
恐らく、その後嘉手納基地と那覇空港が狙われ、県民は逃げ場を失うことも想定できますが、皆さんはどのように今後「台湾戦争」について考えていますか?

24 Comments.

京太郎さんより

沖縄の疎開は1944年(昭和19年)7月7日政府の緊急閣議で決定された。
 沖縄県下の沖縄本島、宮古島、八重山島から老幼婦女子を本土へ8万人、台湾
へ2万人、計10万人を7月中に引揚げさせよとの指示であった。
 

京太郎さんより

国は沖縄戦前、九ヶ月間で沖縄県民を疎開させた。
それなのに糸満のガマから女性と子供の遺骨が出てくる。
この人達は逃げずに一体何をしてたんだ?
米軍の攻撃に驚き、慌ててガマに逃げ込んだんじゃないか?

京太郎さんより

沖縄は今も昔も同じだよ。
危機が迫っているというのにボケッとしていて何の危機感もない人がいかに多いか。
中国の攻撃が始まって初めてこれは大変な事になったと大騒ぎし、米軍や自衛隊に助けてくれと殺到するんだ。
この人達って沖縄戦の教訓なんて何もないんだね。

奄美行きたいさんより

台湾戦争。起きないでほしいのは山々だけど、何があるかわからない。うちは嘉手納基地から直線1km以内なので、本当に恐怖でしか無いです。現実的には、疎開するタイミングが重要になってくると思う。金銭に余裕がある人は自主的に自分の納得するタイミングで疎開できるだろうけど、本当に台湾侵攻するとなると、VSアメリカになっちゃうから、確率的には低いのでしょうか。わからんけど。緊張状態が続く事は間違いないだろうけど。
本当に中華の国、消滅してほしい。

京太郎さんより

辺野古の活動家に注目し続けて下さい。
あの人達の姿が沖縄から消えたら、その時が逃げ時です。
それと沖縄2紙、オール沖縄の主力メンバーが沖縄から居なくなったらかなりやばい状況です。
沖縄戦前は沖縄県知事、那覇の富裕層が真っ先に逃げ出しました。

匿名さんより

嘉手納基地と那覇港が狙われた段階で中国は対日本でなく
対米になりますから防衛は自衛隊にしてもらい攻撃は米軍に任せましょう

それなら、ゴジラが来ないか心配した方がいいよさんより

 >皆さんはどのように今後「台湾戦争」について考えていますか?
 とありますので申し上げますが。

「台湾戦争」など有り得ません。それ以上に、中国が台湾侵攻の為に先島諸島を占領するとか、沖縄の米軍基地を先制攻撃するとか。「絶対に」ありません。「ゴジラが現れたらどうしますか」と大差ない話です。

 まず、1972年にアメリカも日本も「中華人民共和国」と国交を回復し、それまで「中国」としていた「台湾」と正式な外交関係を断ちました。今でも台北には日米両国大使館はありません。東京、ワシントンにも台湾の大使館はありません。
 つまり、日米両国とも「中国」とは「中華人民共和国」の事で、「台湾」は中国では無いし、正式な国としても認めていないのです。
 独立国家であるウクライナへロシアが武力侵攻したのとは、そもそも論として異なるのです。日米両国含め台湾について世界の大多数の国が考えているのは「自由な選挙のある民主主義を武力で屈服させるのはやめて欲しい」です。
 香港をご覧下さい。今、中国が返還時に約束した「50年間は一国二制度を保障する」を反故にして中国政府の思う通りの議会、首長を押し付けようとしてますが、「中国の香港侵攻近し!」と空母を派遣したり、ベトナムなど周辺諸国に武器援助や米軍基地建設などやってますか?できません。なぜなら、中国のやり方は強引ですが、法的には「中国の国内問題」だからです。
 「中国が台湾を獲りに来る!」と鼻息荒い者がやたらと増えてますが、ならば、「1972年の国交回復は間違いだ!中華人民共和国と断交して台湾と正式の国交を結ぶべきだ!」と主張しますか?それならば、筋は通りますがね。

 本音では、中国も武力侵攻など考えてないし、アメリカも本気で心配してません。
 19世紀までの帝国主義の時代のように、「獲ったもの勝ち」の時代ではありません。メリットデメリットを計算するのが当然です。
 石油や天然ガス、食糧が自給できるロシアと異なり、人口15億人、かつロシアより遥かに経済成長率の高い中国はエネルギ-も食糧も輸入なしでは成り立ちません。それに加えて、万一強い経済制裁でも喰らえば中国経済は持ちません。もちろん、日米はじめ世界も経済的な打撃は受けるでしょう。一時的には不況にもなるし品不足にもなります。でも、勘違いしてはいけないのは「中国で生産される品物は日米その他で作れないものは無い」という点です。ユニクロの服があの値段で手に入らなくなれば勿論大きな影響がありますが、「中国から入らなくなれば服そのものがこの世から無くなる」のではありません。
 
 国際政治、そして国内政治も含めて「本音と建前」が複雑に絡み合っているのです。お互い国の指導者としてのメンツがあるので派手に声をあげ、拳を突き出してますが。

 台湾戦争が、沖縄県民が逃げる逃げないのと騒いでる方、当の「台湾」の人が逃げ出してますか?台湾の企業が海外に工場移転してますか?ネットによく出るように「2025年台湾侵攻」が本当ならば台湾の大企業はそれに備えた動きをしますよ。

 台湾への武力侵攻自体非現実的なのに、先島を占領するとか、沖縄の米軍基地を叩くとか。
 アメリカはそんな甘い国ではありませんよ。嘉手納を弾道ミサイルで攻撃されたら、中国のどこかの基地が蒸発するでしょうね。中国が自殺願望に憑りつかれない限り、有り得ません。

マッケンローさんより

無知無知さん
中国(共産党というより習近平派)と台湾(それに自由主義国のアメリカや日本が加わるか援助)だよ。
名前の付け方が秀逸ですね。

カラーフィルムを忘れたのさんより

例えば、
そのへんの小学生野球チームと
読売巨人軍がガチの試合をして小学生が勝てることがあり得ますか?
絶対にチャイナはアメリカに勝てません。
アメリカは自国だけで世界最強の軍事大国ですがアメリカが加盟するNATO全体の軍事力は世界全体の70%です。
NATO加盟国のどこかが軍事侵攻されればNATO全体との開戦を意味します。
我が国はNATO加盟国ではありませんがアメリカとの間に安保条約があり我が国国内にアメリカの基地を置かせてやっています。
沖縄の米軍基地へ軍事攻撃すると言うことはアメリカとNATO加盟国全体への宣戦布告です。
これはチャイナを世界から抹殺したいと願うアメリカにとってこんなに喜ばしいことはありません。
チャイナを抹殺する大義名分をチャイナが作ってくれるのですから。
ちなみに核戦争になったにせよアメリカが持つ核ミサイルは約5500発、チャイナは約350発しかありません。
更にNATO加盟国のイギリスやフランス等の核ミサイルもアメリカにプラスされます。

小学生野球チームは読売巨人軍にガチの試合を申し込んだりしません、なぜなら100%負ける試合など何の意味もないからです。

台湾侵攻はかなり低い確率であるかも知れませんが嘉手納や普天間へミサイルが飛んでくることは100%ありません。

それは中華人民共和国の崩壊を意味しますしチャイナの政治指導者もそんなことは百も承知です。

5年ほど前に北朝鮮のミサイル実験で我が国が狙われていると騒ぎになりましたが未だに北朝鮮は行動を起こしませんね、実験は継続中なのに。

KIDさんより

京太郎さんの
”辺野古の活動家に注目し続けて下さい。
あの人達の姿が沖縄から消えたら、その時が逃げ時です。”

注視したいが、遠いので出来ない。
辺野古の方が発信してくれないかな?

ウクライナ戦争見れば、わかると思いますが、
話合いではどうにもならない。
『話せばわかる!』と言っても暗殺された首相がいましたね。
外交で戦争は回避できると簡単に言うことも
無責任だと思います。

あの国は孫氏の兵法の発祥の国
外交だけでは無防備です。
準備・準備・準備です。

だけど、ずっと戦争しているアメリカの傘の下は
安全とは限りません。

人造人間ベムさんより

中国は最低の国。共産主義とかいって貧富の差が激しい。だから、中国人はどうにかして権力を自分のものにしようとする。不潔だから病気も流行る。一般人が政府を批判するものなら逮捕され言動の自由もない。香港見てたら分かる。沖縄の中国人と中国企業を全部追い出してほしい。そして2度と入ってくんな。後、食べ物の輸入もいっさいしないでほしい。汚染がやばいから。

マッケンローさんより

無知無知さん
台湾を侵略しようと、中国共産党が攻め入ったらそれは「内戦」ではないですよ。「内戦」扱いにしようとするのは、中国、北朝鮮、ひょっとしたらロシア程度でしょうね。勿論、中国に経済的侵略を受けているアフリカの諸国や、ミクロネシアなど太平洋の島国などは「内戦」扱いにするかもしれませんね。台湾は中国と違い、民主的に選挙で選ばれた人間が政治を行ってます。完全な独立国家ですね。
あなたはひょっとしてレッドチャイナのお方?

それなら、ゴジラが来ないか心配した方がいいよさんより

  今の「中華人民共和国」のやり方を支持するかしないか、正しいと思うか思わないか、という事とスレ主が「台湾戦争」と呼ぶ事態が現実に起きるか、沖縄を中国が攻撃してくるかどうか、という話は別の事です。
 チベットで中国がやっている事は明らかに正義に、人道に反する事ですがアメリカも日本もヨ-ロッパの国々も非難はしますが実力行使はしてません。だからと言ってアメリカも日本も「レッドチャイナ」の一味ではありませんよ。
 

シギーさんより

2018年末に、公海上で海自の哨戒機に韓国軍の駆逐艦がレーダーを照射した事件がありましたね。
これに関して、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)前政権が、自衛隊機などに追跡レーダーを照射するなど積極的に対応するよう、軍当局に指示する指針をつくっていたことが分かった。これは即ち「攻撃準備行為」を指示していたことになります。指針は青瓦台(旧大統領府)安保室が主導し、軍当局の原案より強硬に作ったとあり、この日本への「敵対行為」は軍部より強硬に、国のトップである大統領が主導したことになります。
 自衛隊機だけが対象で、ロシア機や中国機に対象を限定した指針はないという。つまり、韓国にとって日本=敵で、中国やロシア=味方とハッキリした訳で、今後自衛隊は、「韓国は敵」とハッキリ認識すべきだと表してます。
つまり、韓国は中国やロシア(公海上ですらなく、領海侵犯を受けてもレーダー照射しない)の方こそ「味方」と認識しており、こと「日本」に関しては「敵国」の扱いとする方針を「大統領主導」で決めた(前大統領)みたいです。なので韓国はレッドチームですかね。

世界平和さんより

どうもしない。
沖縄に家も家族も仕事もあります。
県外に避難したところで、仕事も住まいも無ければ野垂れ死ぬだけです。

変わらず今の生活を続けるだけです。

ゆうじさんより

>絶対にチャイナはアメリカに勝てません。
そうなの?
数年前から、このエリアで中国VSアメリカ日本となったら中国優勢だとなってるみたいだよ。
ペンタゴン直結のシンクタンク「ランド・コーポレーション」でもアメリカ国内でも厳しい…となってる模様。

納豆さんより

9時55分
中国vsアメリカ、日本→×
中国vsアメリカ、日本、フランス、イギリス、ドイツ、イタリア、スペイン、オーストラリア、カナダ等NATO加盟国約30ヵ国→○

大ちゃんさんより

今は命を投げ売ってまで地を守ろうとする人は少ないんじゃない?
私でもさっさと逃げますよ。
国内ではなく海外へね。
沖縄有事になれば九州から次第に本州へと侵略されるのは目に見えているし。
国を守る人いるの?
我先に逃げるでしょ。
今の日本に残ってなんのメリットもない。

ライズさんより

私は日本で生まれ育ち本当に良かったと思いますし、誇りを持ってます。
妻や子が県外や海外へ避難し、私自身、残っても何かしら役に立つことはないとは思いますが、沖縄で人生を終えたいと思います。

南沙さんより

沖縄有事になれば九州から次第に本州へと侵略されるのは目に見えているし
↑これはないでしょう、粛々と次の段階の小笠原からグアムの計画に進めるだけだと思う。
それにしても南沙諸島あたりは変わってしまったね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。